小紋や振袖、訪問着など着物の買取相場と古い着物を高く売るコツ

着物を売るといくらぐらいになるんだろうか…。着物を売るにあたって、買取相場って誰しも気になるところですよね。

ただ、手持ちの着物がいくらになるかは、ネットでどれだけ調べても、実際に見てみないことにはわかりようがありません

どういうことなのか?この記事では、着物の買取相場について一歩踏み込んで書いていきますね。買取相場の具体的な金額だけでなく、古い着物を高く売るコツも掲載していますので、最後まで読んでいただければと思います。

着物を売るといくらになる?【着物の買取相場】

冒頭で書いたように、こればっかりはほんと見てみないとわからないんですよね。

着物は、普段着の着物から礼装用の着物まで多種多様なものが存在しますし、例えば、「振袖」という着物1つに焦点をあててみても、プリントものなのか?伝統技術で描かれているものか?はたまた有名な作家が手掛けているものか?など、説明すればキリがないほどの違いがあります

参考情報として、ザッと着物の種類・素材を大まかに紹介しますと以下。

■種類
・留袖
・振袖
・訪問着
・付け下げ
・色無地
・小紋
・紬
・浴衣
・喪服(黒紋付)

■素材
・正絹の着物
・化繊の着物
・木綿の着物
・麻の着物
・ウールの着物

(!)全国各地にある着物の染色技術や織物の特徴については、着物の産地一覧ページに記載しているので、興味ある方はご覧ください。当サイトで紹介しているものだけでも130種類以上あります。

とはいえ、まだ、査定ポイントが着物本来の特徴だけなら『この着物を売るといくら程度』と、買取相場を1つ1つ書きようがあるっちゃあるんですが…

保存状態
サイズ
リサイクル市場での需要と供給

これらも加味してくるので、購入時は同じような着物だったとしても、売る際には買取価格に差が出てきます。

体型が人によって違うのは当然、着用頻度も異なる、そしてきちんと保管できているかも人によって様々。手持ちの着物は購入した時点で唯一無二の存在になっているというわけです。

ぶっちゃけ、着物買取業者各社が公式サイトで掲載している買取実績の価格もあまり当てになりませんよ。嘘ではないんですが、やはり目を引くように、特に良いものを掲載しています。

着物の買取相場の具体的な金額

上記のことから、着物の買取相場の具体的な金額って書きようがありません。

でも、着物を売るといくらになるのかは誰もが気になる最も重要な情報です。それに答えるには書きようがないけど書くしかないんですよね。結果、以下のような書き方になります。

着物の種類買取相場(相場価格)
作家物(有名作家物/人間国宝など)3,000円~800,000円
留袖(色留袖/黒留袖)2,000円~200,000円
振袖2,000円~500,000円
友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など)3,000円~500,000円
訪問着2,000円~500,000円
付け下げ2,000円~200,000円
(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など)1,000円~500,000円
小紋1,000円~20,000円
色無地1,000円~50,000円

これは、人気の買取業者「バイセル」が提示している着物の買取相場(*1)なんですが、ご覧のとおり、相場価格の金額の幅がすごいんですよね。しかもこれだけ幅をとってもあくまで目安で、着物の種類にかかわらず、優に上限を突破する着物もあれば0円になる着物もあります。

(*1)バイセルに限った話ではなく上の表は一例で、他の買取情報サイトや着物買取業者も、上限と下限は違えど同様の書き方で着物の買取相場を掲載しています。

ようは、よくみかける着物の買取相場っていうのは『見ないとわからない』ということを、上限と下限にそれっぽい価格を表示したり、便利な表現「~」を使うことで、うまいこと誤魔化している(伝えているふうに見せている)にすぎないんですよね。

なので、着物を売ればいくらになるかどうかは、再度書きますが、実際に見てもらわない限りわかりません。ネットで調べて知りうる着物の買取相場の情報は、はっきり言って気休めですよ。

着物を売るといくらになるかわからなくても不利にはならない

なお、手持ちの着物がいくらになるか事前にわからなくても特に問題はありません。

そもそも、なぜ着物の買取相場が気になるのか?というと、理由はいろいろあると思いますが、その根本にあるのは「損したくないから」ですよね。着物の買取相場を知らなかったために、安く売ってしまった…/買い叩かれた…っていうことを防ぐため

これについては心配ご無用、わからなくても不利にはなりません。

というのは、着物買取サービスの査定って無料、すなわち、費用をかけずに買取価格の比較ができるからです。複数社に査定してもらい、提示された買取価格の一番高い業者に売るだけで、損することを簡単に防ぐことができます。

買取価格を比較するにあたってのおすすめ業者は着物買取ランキングの記事を参考にしてみてください。

また、「買取価格の比較」は、古い着物を高く売るコツとして最も効果的な方法でもあります。

古い着物を高く売るコツ

古い着物が高く売れるかどうかは、着物そのものの価値やサイズ、また、保管・管理といった日々の積み重ねが重要な要素を占めます。

着物を売ろうと思った時点ではどうすることもできない要因が多いんですよね。そのため、「買取価格の比較」以外にできることは限られています。以下です。

できるだけ早く売る
「証紙」など付随するものを全て用意する

できるだけ早く着物を売る

着物の買取価格において「保存状態」はとても重要なポイントです。どんなに高価で価値のある着物でもボロボロでは、どうしても買取価格が安くなってしまうんですよね。

にもかかわらず、着物って定期的に虫干ししたり、保管場所に気を配ったりと、しっかり管理しておかなければ、着用せずとも痛んできます

綺麗なはずが、数年ぶりにタンスから出したら、「なんか黄ばんでる…」「こんなところにシミがあったっけ?」ってことがよくあるのが着物です。

どんな状態であろうと、着物を売ろうと思った時点が手持ちの着物の一番綺麗な状態。「また今度売ろう…」「また今度売ろう…」と先延ばしにしていれば、さらに状態が悪化してくるので、古い着物を売る!と決めたなら、できるだけ早く売ったほうが高価買取に繋がるということです。

シミや汚れのある古い着物は事前に綺麗にしたらいいのでは?

上で書いたように、保存状態の良い着物のほうが高く売れるので、事前に綺麗にしたらいいのでは?という疑問が出てくるのは当然…、ですがやめたほうがいいですよ。

シミ抜きなど着物のお手入れって、けっこうお金がかかるんですよね。確かに事前に綺麗にすると、シミや汚れがあった状態に比べて高く売れる可能性は出てくるんですが、お手入れ代を差し引くと赤字になる可能性のほうがはるかに大きいです。

逆に、なぜお手入れに出すと赤字になるような古い着物でも買取可能なのか?というと、買取業者は格安で着物のお手入れができるからです。(綺麗にしなくてもさばける販路を確保している、というのも理由の1つ)

・業者は、大量の着物を出すのでお手入れ代が格安料金になっている
・そもそも自社で着物のお手入れができる

着物買取業者は、業者価格のお手入れ代を考慮して、査定額を出しているので、多少買取価格が安くなっても個人でお手入れに出してから依頼するより、結局はそのまま査定してもらうのが、収支的に一番お得になるというわけです。

「証紙」など付随するものを全て用意する

証紙とは着物の価値を証明するものです。

全ての着物に証紙が付いているわけではありませんし、もちろん証紙がなくても問題なく売れます。また、証紙がある着物だからといって、絶対に高く売れるとは限りません。ただ、証紙があることで、査定にプラスに働くことはあってもマイナスになることはないんですよね。

古い着物を高く売るために、証紙があるなら用意するに越したことはないので、必ず売る予定の着物の証紙を探すようにしましょう。

ちなみに、どこを探せばいいのか?というと、大概は着物を仕立てたときの端切れにくっついていることから、捨てていなければ、売る予定の着物と一緒のたとう紙に入っていたり、同じ保管場所にしまっていたりしますので確認してみてください。

他にも和装小物に意外な値段が付いたり、帯のほうが高く売れるケースもあります。また、着物一式まとめて売ることで買取価格に色がつく場合もあるので、古い着物に付随するものはまとめて査定してもらうのが高く売るコツになります。

着物の買取相場と高く売るコツまとめ

以上、着物の買取相場と古い着物を高く売るコツについてでした。

着物を売るといくらになるのか気になっている方や、少しでも高く着物を売りたい!って方の参考になればと思います。

≫着物買取おすすめランキングへ