着物を売るといくら?種類ごと(振袖,訪問着,小紋など)の買取相場は?

着物を売るといくらぐらいになるんだろうか…。着物を売るにあたって、買取相場って誰しも気になるところですよね。

ただ、手持ちの着物がいくらになるかは、ネットでどれだけ調べても、実際に見てみないことにはわかりようがありません

どういうことなのか?この記事では、着物の買取相場について一歩踏み込んで書いていきますね。買取相場の具体的な金額も掲載していますので、最後まで読んでいただければと思います。

着物を売るといくらになる?

冒頭で書いたように、こればっかりはほんと見てみないとわからないんですよね。

着物は、普段着の着物から礼装用の着物まで多種多様なものが存在しますし、例えば、「振袖」という着物1つに焦点をあててみても、プリントものなのか?伝統技術で描かれているものか?はたまた有名な作家が手掛けているものか?など、説明すればキリがないほどの違いがあります

参考情報として、ザッと着物の種類・素材を大まかに紹介しますと以下。

■種類
・留袖
・振袖
・訪問着
・付け下げ
・色無地
・小紋
・紬
・浴衣
・喪服(黒紋付)

■素材
・正絹の着物
・化繊の着物
・木綿の着物
・麻の着物
・ウールの着物

(!)全国各地にある着物の染色技術や織物の特徴については、着物の産地一覧ページに記載しているので、興味ある方はご覧ください。当サイトで紹介しているものだけでも130種類以上あります。

とはいえ、まだ、査定ポイントが着物本来の特徴だけなら『この着物を売るといくら程度』と、買取相場を1つ1つ書きようがあるっちゃあるんですが…

保存状態
サイズ
リサイクル市場での需要と供給

これらも加味してくるので、購入時は同じような着物だったとしても、売る際には買取価格に差が出てきます。

体型が人によって違うのは当然、着用頻度も異なる、そしてきちんと保管できているかも人によって様々。手持ちの着物は購入した時点で唯一無二の存在になっているというわけです。

ぶっちゃけ、着物買取業者各社が公式サイトで掲載している買取実績の価格もあまり当てになりませんよ。嘘ではないんですが、やはり目を引くように、特に良いものを掲載しています。

着物の買取相場の具体的な金額は?

上記のことから、着物の買取相場の具体的な金額って書きようがありません。

でも、着物を売るといくらになるのかは誰もが気になる最も重要な情報です。それに答えるには書きようがないけど書くしかないんですよね。結果、以下のような書き方になります。

着物の種類買取相場(相場価格)
作家物(有名作家物/人間国宝など)3,000円~800,000円
留袖(色留袖/黒留袖)2,000円~200,000円
振袖2,000円~500,000円
友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など)3,000円~500,000円
訪問着2,000円~500,000円
付け下げ2,000円~200,000円
(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など)1,000円~500,000円
小紋1,000円~20,000円
色無地1,000円~50,000円

これは、人気の買取業者「バイセル」が提示している着物の買取相場(*1)なんですが、ご覧のとおり、相場価格の金額の幅がすごいんですよね。しかもこれだけ幅をとってもあくまで目安で、着物の種類にかかわらず、優に上限を突破する着物もあれば0円になる着物もあります。

(*1)バイセルに限った話ではなく上の表は一例で、他の買取情報サイトや着物買取業者も、上限と下限は違えど同様の書き方で着物の買取相場を掲載しています。

ようは、よくみかける着物の買取相場っていうのは『見ないとわからない』ということを、上限と下限にそれっぽい価格を表示したり、便利な表現「~」を使うことで、うまいこと誤魔化している(伝えているふうに見せている)にすぎないんですよね。

なので、唯一無二の存在になっている手持ちの着物がいくらになるかどうかは、再度書きますが、実際に見てもらわない限りわかりません。ネットで着物の買取相場を知らべるだけで、手持ちの着物の買取価格が判明する可能性は、はっきり言って「0」ですよ。

手持ちの着物がいくらになるかわからなくても不利にはならない

ちなみに、手持ちの着物がいくらになるか事前にわからなくても特に問題はありません。

そもそも、なぜ着物の買取相場が気になるのか?というと、理由はいろいろあると思いますが、その根本にあるのは「損したくないから」ですよね。着物の買取相場を知らなかったために、安く売ってしまった…/買い叩かれた…っていうことを防ぐため

これについては心配ご無用、わからなくても不利にはなりません。

というのは、着物買取サービスの査定って無料なんですよね。費用をかけずに買取価格の比較ができるため、複数社に査定を依頼することで損することを簡単に防げます。(詳しくは着物を高く売るコツの記事をご覧ください。)

なお、手っ取り早くおすすめ業者を知りたい!って方は着物買取ランキングを参考にしてみてくださいね。