付け下げの買取情報を紹介。付け下げって高く売れる?

付け下げとは、端的に書くと付け下げ柄(柄が全て上向き)の着物です。

一般的には訪問着を簡略化したものとして広まっていますが、付け下げ訪問着だけでなく付け下げ小紋(一方付け小紋)というものもあります。

現在、訪問着との区別が全くつかないものも流通しており、買取において非常にややこしい着物になんですよね。

この記事では、そんな付け下げの買取情報を紹介していきます。

付け下げの買取価格はいくら?

付け下げの買取価格は『数千円~数万円ほど』と言われていますが、冒頭で書いたとおり多種多様なものがあるので、手持ちの付け下げの買取価格がいくらになるかは、実際に見てみないとわかりません。

傾向としては、訪問着より安い買取価格になりがちですが、訪問着の中にも安い買取価格のものが存在するように、付け下げにも高価買取が期待できるものがあるんですよね。

着物はまさに千差万別です。

「付け下げだからいくらで買取!」「訪問着だからいくらで買取!」というものはなく、それぞれの着物の価値で買取価格が決まるというわけです。着物の難しいところでもあり面白いところでもあります。

付け下げの買取は着物に詳しい業者に依頼しよう

上で「付け下げにも高価買取が期待できるものがある」と書きましたが、当然ながら着物に詳しい業者に売る場合に限る話です。

価値のある付け下げでもその価値を知らない買取業者に依頼すると、「どんな付け下げでも一律でいくら」といったように安い買取価格になってしまうんですよね。

そうならないためにも、付け下げを少しでも高く買取してほしい!って方は、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】付け下げと訪問着の違い

最後に、着物のよくある疑問『付け下げと訪問着の違い』についての話を豆知識として紹介しますね。なお、ここでいう付け下げとは、訪問着と同じ配置で柄付けされたものとします。

先に結論を書きますと、付け下げと訪問着の違いは非常に曖昧です。

昔の付け下げは明確に違いがわかりやすいものも多いですが、最近の付け下げは、技術が向上したということもあって、作った職人がどっちのつもりで作ったかの違いしかないものもあるんですよね。

訪問着より高い価格の付け下げも存在しますし、訪問着のような絵羽模様(柄が繋がっている)付け下げもあります。逆に控えめな柄の訪問着もあります。

また、付け下げは反物の状態で柄付けしているのに対して、訪問着は着物の状態(仮絵羽)にしてから柄付けしていると言われていますが、反物の状態で柄付けしている訪問着もあります。

そして、両者の格はほぼ変わらない。

などなど、もはや区別する必要があるのか?というくらい曖昧なのが、付け下げと訪問着の違いになります。

付け下げの買取情報まとめ

以上、付け下げの買取情報についてでした。

手持ちの付け下げを買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.