留袖の買取情報を紹介。黒留袖/色留袖って高く売れるの?

留袖とは、裾にのみ柄がある着物です。地色が黒のものは「黒留袖」、黒以外のものは「色留袖」と呼ばれています。

格は「第一礼装(色留袖は紋の数で格が変動)」。

この記事では、そんな留袖の買取情報を紹介していきます。

留袖の買取価格はいくら?

留袖の買取価格は、有名な作家ものなど一部を除いて『数百円~』と買値に比べてかなり安くなります。

なぜなのか?理由は以下です。

留袖は着物の中でも特に需要がない

着物の需要低下が長らく言われ続けていますが、その中でも留袖は特に需要がなくなってきた着物です。

「嫁入りの着物」という風習も廃れつつある現在、新品で誂える方がかなり減少している着物なんですよね。もし必要になれば親に借りる、もしくは業者からレンタルするって方が多くなってきています。

ようは、需要がないものは買取価格が上がりにくいというわけです。そのため、有名な作家ものなど特殊な留袖以外、いわゆる一般的な留袖の買取価格は安い傾向にあります。

留袖の買取は着物に詳しい業者に依頼しよう

上で書いたように一部の留袖は、買取価格が高くなることもあります。

しかし、当然ながら着物に詳しい業者に売る場合に限る話なんですよね。価値のある留袖でもその価値を知らない買取業者に依頼すると、安い買取価格になってしまいます。

そうならないためにも、留袖を少しでも高く買取してほしい!って方は、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】留袖の家紋はどうなる?

留袖に必ず入っている「家紋」。その種類は1万を余裕で超えます。

そして、第一礼装を着る日というのは、人生で数回あるかないかの特別な日です。そんな日にはさすがに家紋違いの着物は着れないんですよね。そのため、家紋が入っている留袖は売れないんじゃないか?と思ってる方も多いです。

以下、家紋が違った場合どうなるのか豆知識として紹介しますね。

家紋は入れ替えることができる

着物の家紋って入れ替えることができます。

なお、着物に家紋を入れる方法はいろいろあって、留袖に入ってる家紋は抜き紋(白い紋)になります。

これを入れ替えるにはどれぐらいの費用がかかるのか?というと、「だいたい2万~3万円ほど」で入れ替えたことがわからないレベルで、綺麗に自分の家紋を入れることができます。

ちなみに、『貼り紋』という、シールやアイロンですでにある家紋の上から貼り付けて家紋を変える方法もあります。留袖レンタル業者の家紋(大概は五三の桐)を変えるサービスはこれですね。

わかる人が見れば貼り紋だとわかりますが、その分「3千円~5千円ほど」といったように安価になっています。

上記のように家紋が違ってもなんとかなるようになってるんですよね。なので、家紋が必ず入っている留袖も買取できるというわけです。

留袖の買取情報まとめ

以上、留袖の買取情報についてでした。

手持ちの留袖を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.