反物の買取情報を紹介。反物はいくらぐらいで売れる?

反物(たんもの)とは、着物に仕立てる前の布地です。着物の反物は「着尺(きじゃく)」、羽織の反物は「羽尺(はじゃく)」とも呼ばれています。

この記事では、そんな反物の買取情報を紹介していきます。

反物の買取価格はいくら?

反物の買取価格は、着物同様にものによってかなりの幅があります。『値がつかないもの~数十万になるものまで』存在するんですよね。なので、実際に見てみないと手持ちの反物がいくらで買取されるかわかりません。

ただ、反物は仕立て上がりの着物より買取価格が高くなる傾向があります。なぜなのか?その理由は以下です。

反物の買取価格が高くなる理由

未使用品だから

反物のままでは使いようがありません。そのため、保存状態がいいものは、まさに新品同様になります。

着物といえども根本的には需要と供給で価格が決まります。

反物は、誰かが着たあとの着物は嫌!と感じている方にも需要があるので、リサイクル市場で買い手がつきやすいんですよね。保存状態が良いこと前提ですが、その分買取価格が上がる傾向にあるというわけです。

ちなみに、和裁の練習用としての需要もあります。

自分に合ったサイズにできるから

中古の着物が売れやすいかどうかの重要なポイントにサイズがあります。昔と比べて日本人の平均身長が伸びているので、サイズの大きい着物のほうが需要があるんですよね。

で、反物なら、仕立て代がかかりますが、いちから自分のサイズに合った着物が作れるというわけです。

なお、仕立て上がりの着物もサイズ直しは可能ですよ。

ただ、「裄丈を直すならいくら」「身丈を直すならいくら」「身幅を直すならいくら」といったように全部直すなら仕立て代並みの費用がかかります。

それに加えて、仕立て上がりの着物は、すでに反物を裁っているので、柄合わせや柄の出し方・和裁の縫い方などの関係で、いちから仕立てるときと比べてサイズの上限が狭まっているケースが多々あるんですよね。

最近では広幅(40cmほど)の反物も出てきているぐらいなので、昔の並幅(36cmほど)の反物でさらにサイズの上限が狭まっていれば、平均以上の身長がある方が着るのはちょっと厳しい着物になります。特に手の長さ。

反物の状態ならそういった心配なく、反物の幅いっぱい裄丈(手の長さの部分)がとれるので、着物の状態になったものより買取価格が高くなる傾向があるということです。

反物の買取は着物に詳しい業者に依頼しよう

上で書いたように、反物は着物と同様、もしくはそれ以上の買取価格になることもあります。

しかし、当然ながら着物に詳しい業者に売る場合に限る話なんですよね。価値のある反物でも、その価値を知らない買取業者に依頼すると、「反物は一律いくらで買取!」とか安い買取価格になってしまいます。

そうならないためにも、反物を少しでも高く買取してほしい!って方は、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

反物の買取情報まとめ

以上、反物の買取情報についてでした。

手持ちの反物を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.