高く売れる訪問着とは?【買取相場】付け下げとの違いも紹介

着物の需要低下が言われ続けて久しいですが、訪問着はまだ需要が多い着物になります

訪問着とは、肩から裾にかけて縫い目にまたがって柄が描かれている着物。格は「準礼装/略礼装」。現在において礼装の着物の中で特に着用頻度が高い。

そのため、二束三文と言われる着物の買取相場の中でも、訪問着は買取価格が高くなる傾向にある着物なんですよね。中には10万円を優に超える買取価格になるものもあります。

とはいえ、その価値はピンキリ。高く売れる訪問着とはどういったものなのか?この記事では有名なものを紹介していきますね。また、訪問着と付け下げの違いもわかりやすく解説!

高く売れる訪問着とは

手書き友禅の訪問着

友禅とは、着物の伝統的な染色技法の1つ。

大きく分けて「手書き」と「型染(型友禅)」の2種類あるんですが、手書き友禅の訪問着は特に買取価格が高くなる傾向があります。型友禅でも一般的な訪問着よりは高価買取されやすい…!

ちなみに、インクジェットで友禅柄をプリントしただけのものも「友禅」と称して流通していますが、それの買取価格についてはあまり期待できません。

以下、日本3大友禅と呼ばれている友禅の簡単な特徴の紹介です。

友禅はあくまで着物を染める技法なので、訪問着以外の着物にも用いられています。

京友禅

京都で染められている友禅。

多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴的です。

なお、現在において友禅の産地と呼ばれる各地域の染色技術に、大きな影響を与えたのが京友禅になります。

加賀友禅

石川県の金沢で染められている友禅。

加賀五彩(藍・黄土・臙脂・緑・墨)を基調色とし、金銀箔や刺繍などによる加飾をほとんど施していないのが特徴的です。

また、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対して、加賀友禅では模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」といった表現、はたまた、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」という表現も加賀友禅の特徴になります。

東京友禅(江戸友禅)

東京で染められている友禅。

多色多彩で華やかな京友禅に対して、渋く抑えた色調が特徴的です。江戸は武家中心の文化だったことにより、柄や色合いが渋く落ち着いた雰囲気のものが根付いたそう。現在では都会的なモダンなものも作られています。

有名な作家ものの訪問着

有名な染色家/作家さんの訪問着も買取価格がグッと上がります。技法はもちろん、誰が手掛けたものなのか?も、訪問着を売る際には重要なポイントになっているというわけです。

有名な作家さんはたくさんいますが、

■初代・久保田一竹(辻が花染を現在に甦らせた方)
■初代・由水十久(加賀友禅の超有名な作家さん)

上記二方の訪問着は、特に高価買取が期待できます。ものによっては中古市場でも100万円を軽く超える価格で流通しているので、買取価格もそれ相応の価格になっています。

訪問着と付け下げの違い【現在版】

続いて、付け下げの買取相場もふまえて、着物のよくある疑問『訪問着と付け下げの違い』についての現在における話を紹介します。

付け下げとは、付け下げ柄(柄が全て上向き)の着物。一般的には訪問着を簡略化したものとして広まっているが、ただ単に柄付けの名称なので、付け下げ小紋(一方付け小紋)といったように訪問着以外にも付け下げに該当する着物がある。

なお、ここでいう付け下げとは、訪問着と同じ配置で柄付けされたものとします。

訪問着と付け下げの違いは非常に曖昧

まず、よく言われている訪問着と付け下げの違いを書きますと以下です。

・訪問着のほうが柄が派手目
・訪問着は柄が繋がっている(絵羽模様)が付け下げは繋がっていない
・裾の部分(八掛)が、訪問着は着物と同じ色だが付け下げは違う色
・付け下げは反物の状態で柄付けしているが、訪問着は着物の状態(仮絵羽)にしてから
・訪問着は仮絵羽の状態で販売されているが、付け下げは反物の状態で販売
・付け下げのほうが安価

など、細かい違いがいろいろあって、買取価格についても訪問着より付け下げのほうが安め…!と言われているんですが、例外がめちゃくちゃ多いんですよね。

上で挙げた両者の違いに当てはめると、

・地味な訪問着ももちろんあるし、派手目な付け下げもある
・柄が完璧に繋がっている付け下げもある
・八掛と着物の色が違う訪問着もある
・反物の状態で柄付けしている訪問着もある
・仮絵羽にして売られている付け下げもある
・安価な訪問着も多々あるし、高価な付け下げもある

極端な話、技術が向上したということもあって、作った職人がどっちのつもりで作ったかの違いしかないものまであるんですよね。誰が見てもどっちか区別つかないということです。

そして、両者の格はほぼ変わらない

もはや区別する必要があるのか?というくらい曖昧なのが、現在における付け下げと訪問着の違いになります。買取価格も付け下げだから訪問着より必ず安くなるということはありません

高く売れる訪問着と付け下げとの違いまとめ

以上、高く売れる訪問着の紹介や訪問着と付け下げの違いについてでした。

手持ちに売却検討中の訪問着や付け下げがあるけど、どんな訪問着が高く売れるのか?付け下げなら問答無用に訪問着より安くなってしまうのか?と気になってる方の参考になればと思います。

≫着物買取おすすめランキングへ