鳥取県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「鳥取県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは鳥取県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

鳥取県の着物買取のおすすめ業者は?

鳥取県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある鳥取県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、鳥取県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

鳥取県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの鳥取県の買取エリアです。

▼市

鳥取市、米子市、倉吉市、境港市

▼町・村

岩美郡岩美町、八頭郡若桜町、八頭郡智頭町、八頭郡八頭町、東伯郡三朝町、東伯郡湯梨浜町、東伯郡琴浦町、東伯郡北栄町、西伯郡日吉津村、西伯郡大山町、西伯郡南部町、西伯郡伯耆町、日野郡日南町、日野郡日野町、日野郡江府町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】鳥取県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが鳥取県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

鳥取県が産地の着物は以下です。

弓浜絣(ゆみはまがすり)

鳥取県米子市、境港市の弓ヶ浜半島で織られている藍染の綿織物です。「倉吉絣」「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。「浜絣」とも呼ばれています。

江戸時代に綿花の栽培が始められたそうで、この地域の綿は品質が良く「伯州綿」と呼ばれ、鳥取藩を代表する産業となっていきました。そして、綿を使った織物も盛んになり、これが弓浜絣の起源といわれています。文化年間(1804年~1817年)の頃に「絵絣」が織られるようになりました。

山陰地方の絣の中でも特に人気が高く、1874年には絣織物の生産量が全国3位になりました。

現在、生産量がわずかになっていますが、新製品の開発が行われています。また、「浜絣あいの会」が弓浜絣伝承のための活動を行っており、後継者育成も積極的に行われています。

倉吉絣(くらよしかすり)

鳥取県倉吉市で織られている絣です。絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴です。麻の葉・亀甲・山水・松鶴などの模様があります。「弓浜絣」「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

江戸末期頃に「久留米絣」や「弓浜絣」などの影響を受けて織り始められたといわれています。明治時代になると急速な発展を遂げ、盛んに生産されるようになりました。

しかし大正時代、繊維産業の工業化に伴い、風通織などの高度な技術を機械化することができず衰退していきました。

現在、わずかしか生産されていないようですが、倉吉絣の復興が試みられており、後継者の育成や新製品の開発などの活動が積極的に行われています。倉吉ふるさと工芸館では倉吉絣の作品を展示・販売しています。

まとめ

以上、鳥取県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として鳥取県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.