徳島県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「徳島県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは徳島県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

徳島県の着物買取のおすすめ業者は?

徳島県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある徳島県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、徳島県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

徳島県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの徳島県の買取エリアです。

▼市

徳島市、鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市

▼町・村

勝浦郡勝浦町、勝浦郡上勝町、名東郡佐那河内村、名西郡石井町、名西郡神山町、那賀郡那賀町、海部郡牟岐町、海部郡美波町、海部郡海陽町、板野郡松茂町、板野郡北島町、板野郡藍住町、板野郡板野町、板野郡上板町、美馬郡つるぎ町、三好郡東みよし町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】徳島県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが徳島県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

徳島県が産地の着物は以下です。

阿波しじら織(あわしじらおり)

シボのあるしじら組織の木綿織物です。徳島県で作られたのでこの名がつきました。夏用の着尺地で、さらりとした肌触りと藍染が特徴です。

明治初期、この地域で盛んに織られていた「たたえ織」と呼ばれる木綿織物を改良して織られるようになったといわれています。

1869年に阿波しじら織という名がつけられ、日本のみならず海外にも輸出されていました。大正時代には200軒以上の機屋があったそうです。

現在、夏物衣料として人気があり、阿波しじら織のブラウスなどの新製品も開発されています。

阿波藍染(あわあいぞめ)

徳島県で行われている藍染です。藍染の青い色は「ジャパンブルー」として世界に知られるほど深く鮮やかです。

はっきりとした年代はわかりませんが、古くから藍染の原料である藍が栽培されてたといわれています。1585年に蜂須賀家政が現在の徳島県にあたる阿波国に国主として入国し、藍の栽培を保護・奨励したことにより、本格的な産業として藍の栽培が行われるようになったそうです。

その後、吉野川流域は藍の生育に適した肥沃な土地だったため、日本一の藍の産地となっていきました。江戸時代には藍と言えば阿波藍といわれるほどになり、全国の市場をほぼ独占していました。

現在、栽培・加工技術の改善向上や新用途の開拓など、様々な活動が行われています。なお、徳島県内には藍染体験のできる施設がたくさんあります。

まとめ

以上、徳島県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として徳島県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.