栃木県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「栃木県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは栃木県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

栃木県の着物買取のおすすめ業者は?

栃木県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある栃木県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、栃木県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

栃木県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの栃木県の買取エリアです。

▼市

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市

▼町

河内郡上三川町、芳賀郡益子町、芳賀郡茂木町、芳賀郡市貝町、芳賀郡芳賀町、上都賀郡西方町、下都賀郡壬生町、下都賀郡野木町、下都賀郡大平町、下都賀郡藤岡町、下都賀郡岩舟町、下都賀郡都賀町、塩谷郡塩谷町、塩谷郡高根沢町、那須郡那須町、那須郡那珂川町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】栃木県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが栃木県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

栃木県が産地の着物は以下です。

結城紬(ゆうきつむぎ)

茨城県結城市、栃木県小山市一帯で織られている絹織物です。国の重要無形文化財に指定されています。

経糸・緯糸ともに真綿から引き出す手つむぎ糸を用い、手括りなどで絣糸を作り地機で織るという伝統的な技法で織られています。なお、指定技法の地機で織られたもの以外に高機で織られたものもあります。

この地域は古くから養蚕が盛んで、鬼怒川は「絹川」、小森は「蚕守」と表記された時代があるなど、養蚕にまつわる地名が多く見られました。

崇神天皇の時代に、多屋命という人が現在の岐阜県にあたる美濃国から久慈郡に移り住み、「長幡部あしぎぬ」と呼ばれる織物を始め、それが伝わり結城紬となったという伝承があります。奈良時代には「あしぎぬ」が常陸国から朝廷に納められいたそうです。

鎌倉時代には「常陸紬」と呼ばれており、この地を統治していた結城氏によって保護育成され、1602年に結城紬と名づけられました。

江戸時代初期の代官である伊奈忠次が信州上田や京都西陣から技術を導入し、創作・改善したことにより結城紬は一層有名になっていったといわれています。そして、明治時代には大衆の間にも愛用されるようになり、人気と需要は更に伸びていきました。

現在、着物の需要の低下などの影響で生産量は減りつつあり、後継者不足の問題もあります。

そんな中、2011年4月から栃木県小山市は、結城紬で仕立てた着物の購入費の一部を助成するなど生産振興事業に取り組み始めました。また、大学の研究室や保存会などが、結城紬の伝承の技法と逸品を守り続けようと活動しており、後継者も少しづつですが育っています。

足利銘仙(あしかがめいせん)

栃木県足利市で生産されている先染織物です。緯糸に絣糸をもちいた半併用という立体感のある織りが特徴的です。

大正時代から昭和初期にかけて、足利銘仙の生産が盛んに行われており、1940年頃に銘仙の生産高全国1位になりました。その後、洋装化などによる着物の需要の低下の影響で、足利銘仙は衰退していきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などで、生産されるのが困難になりつつありますが、足利銘仙ソックスなどの新商品も開発されています。また、斬新な図柄が注目されており、足利銘仙のデザインを後世に残そうと、デジタル化して保存する事業も進められています。

佐野縮(さのちぢみ)

栃木県佐野市付近で生産されている綿縮です。

綿縮とは、経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて織り上げたあと、のり抜き・精練して布面にしぼを出した綿の縮織りのことです。

真岡木綿(もおかもめん)

栃木県真岡市付近で生産されていた白木綿の織物です。結城紬の影響をうけ、綿を手紡ぎ・手織したので、繊細で絹のような地合いの織物だったといわれています。

江戸時代、真岡木綿は盛んに生産されており、最盛期には、木綿といえば真岡木綿といわれるほど絶大な人気を誇り、有名だったそうです。

明治時代に入ると、開国による輸入綿糸におされて次第に衰退し、第二次世界大戦後には生産が途絶えました。その後、真岡木綿をもう一度復活させようと、昭和末頃に保存振興会が設立されました。

現在、かつての技術を踏まえながら技術伝承の活動が行われています。2008年には、機織体験や製品づくりの見学などができる「真岡木綿会館」がオープンしました。

益子木綿(ましこもめん)

栃木県芳賀郡益子町で生産されている木綿織物です。

江戸時代には、真岡の木綿問屋から全国各地に出荷されたため、真岡木綿として販売されていたそうです。

現在の益子木綿は、真岡木綿と藍染の伝統を守るために、200年の歴史をもつ紺屋の日下田博という方が1960年に始めたものです。先染の縞物と、白木綿を正藍で染めた型染があります。

まとめ

以上、栃木県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として栃木県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

投稿日:

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.