埼玉県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「埼玉県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは埼玉県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

埼玉県の着物買取のおすすめ業者は?

埼玉県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある埼玉県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、埼玉県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

埼玉県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの埼玉県の買取エリアです。

▼市

さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市大宮区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市

▼町・村

北足立郡伊奈町、入間郡三芳町、入間郡毛呂山町、入間郡越生町、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡吉見町、比企郡鳩山町、比企郡ときがわ町、秩父郡横瀬町、秩父郡皆野町、秩父郡長瀞町、秩父郡小鹿野町、秩父郡東秩父村、児玉郡美里町、児玉郡神川町、児玉郡上里町、大里郡寄居町、北埼玉郡騎西町、北埼玉郡北川辺町、北埼玉郡大利根町、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡菖蒲町、北葛飾郡栗橋町、北葛飾郡鷲宮町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】埼玉県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが埼玉県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

埼玉県が産地の着物は以下です。

秩父織(ちちぶおり)

埼玉県の秩父地方で生産されている織物です。平織りの絹織物である「秩父銘仙」が有名で、秩父銘仙の布には裏表がないのが特徴的です。

秩父地方は古くから織物が盛んで、諸説ありますが、崇神天皇の時代に知々夫彦命が養蚕と機織の技術を伝えたことが始まりといわれています。

鎌倉時代には旗指物用の生地として織られていたそうで、江戸時代には養蚕と絹織物の生産が盛んに行われるようになり、繭・生糸の産地として知られるようになりました。

そして、明治時代に入ると銘仙が織られるようになりました。明治後期に「ほぐし捺染」が開発されることによって、多色使いの柄の生産が可能になり、女性の気軽な普段着として全国で人気を博しました。

昭和初期頃までの最盛期には、養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事に就いていたといわれています。

その後、洋装化などの生活様式の変化により、着物の需要は低下し次第に衰退していきました。現在、養蚕を続けている農家はほとんどみられません。

正藍武州紺織(しょうあいぶしゅうこんおり)

埼玉県羽生市で生産されている織物です。経・緯糸ともに正藍で染めているのが特徴的です。

天明年間(1781年~1788年)頃に、藍染の技術が伝えられたといわれています。「武州青縞」とも呼ばれ、盛んに生産されるようになりました。なお、青縞とは藍染した木綿で織った織物のことです。

その後、武州型染の技法や、唐棧織と藍染を組み合わせた武州唐棧などの製品も開発され発展していきました。

現在、生産量は減少していますが、着物だけでなくハンカチやテーブルクロスなどの製品も生産されており、藍染の普及のために藍染体験なども開催されています。

所沢絣(ところざわがすり)

埼玉県所沢市西部から旧多摩郡村山地方で生産されていた木綿絣です。農家の副業として生産が始まりました。

江戸時代に、旧多摩郡村山地方で生産が始まった木綿絣が起源といわれており「村山絣」とも呼ばれていました。そして、所沢にも技術が伝わり、木綿絣が生産されるようになったといわれています。

それらの地域で生産されていた木綿絣が所沢に集荷され、全国各地に出荷されたことにより、所沢絣として世に知られるようになったそうです。昭和初期頃まで盛んに生産されており、所沢は織物の町として発展していきました。

商標には「所沢飛白」という字が使用されていますが、所沢絣の「絣」の字を「飛白」とあてるのは、紺地に白の幾何学模様のものが多く生産されたので、その模様の特徴から「飛白」の字があてられたといわれています。

大正時代に入ると次第に衰退していき、昭和初期頃に生産が途絶えましたが、現在、所沢飛白勉強会により再現が進められています。

まとめ

以上、埼玉県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として埼玉県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.