宮崎県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「宮崎県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは宮崎県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

宮崎県の着物買取のおすすめ業者は?

宮崎県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある宮崎県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、宮崎県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

宮崎県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの宮崎県の買取エリアです。

▼市

宮崎市、都城市、延岡市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市

▼町・村

宮崎郡清武町、北諸県郡三股町、西諸県郡高原町、西諸県郡野尻町、東諸県郡国富町、東諸県郡綾町、児湯郡高鍋町、児湯郡新富町、児湯郡西米良村、児湯郡木城町、児湯郡川南町、児湯郡都農町、東臼杵郡門川町、東臼杵郡諸塚村、東臼杵郡椎葉村、東臼杵郡美郷町、西臼杵郡高千穂町、西臼杵郡日之影町、西臼杵郡五ヶ瀬町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】宮崎県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが宮崎県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

宮崎県が産地の着物は以下です。

大島紬(おおしまつむぎ)

光沢のあるしなやかな地風が特徴で「結城紬」と並ぶ高級紬です。鹿児島県奄美大島が発祥の絹織物です。

第二次世界大戦中、島から技術者が鹿児島市に疎開したことにより、現在では奄美大島と鹿児島市が主産地となっており、一部、宮崎県の都城でも生産されています。(宮崎県での生産は1947年頃~)

独特の黒褐色の地色をもつ泥染の「泥大島」が有名で、ほかにも藍染の糸で織った「藍大島」、藍染と泥染併用の「泥藍大島」、多彩な「色大島」や「白大島」、薄地に織った「夏大島」などがあります。

大島紬の起源は定かではなく、現在の沖縄県にあたる琉球の久米島紬の技法が伝わったものであるという説や、中国伝来の技法を用いた草木染めの綾織の領布が発見されたことより、中国から伝えられた古代染織がもとになっているという説などがあります。

奄美大島では、奈良時代には養蚕が行われ、手紡糸で紬が生産されていたそうです。1720年には島役人以外の紬着用を禁じたという記録があり、この頃には大衆に普及していたのがわかります。

大衆の紬着用を禁じて、薩摩藩への貢物として作られるようになったことで、あまり多くは生産されていなかったといわれています。

1870年代に入ると大島紬は商品として生産されるようになり、この頃から奄美大島独特の泥染めが定着していきました。1897年頃、需要の増加にともない、織機も居座機から高機へと変えられ、生産能率が向上しました。

1907年頃には締機が開発され、現在の大島紬の精巧で緻密な柄を作りだす技術ができました。締機の普及で、手括りによる伝統的な絣作りがなくなったともいわれていますが、時代に合った絵模様を表現することが可能になりました。

そして1915年頃から、本絹糸が使われるようになり、1921年頃からほとんどの大島紬が本絹糸で作られるようになりました。なお、現在の大島紬も「紬」と呼ばれていますが紬糸ではなく本絹糸を用いて作られています。

現在、着物の需要の低下により減産が続いていますが、着物だけでなく洋服などへの活用や様々な試みが行われています。

薩摩絣(さつまがすり)

宮崎県都城市で生産されている木綿絣です。「大島紬」とほぼ同じ工程で作られており、大島紬と薩摩絣の違いは絹織物か綿織物かというぐらいです。

1609年に現在の鹿児島県全域と宮崎県の南西部にあたる薩摩藩が琉球王国を侵略したことで、租税として納めさせた「琉球絣」を薩摩絣として全国に販売したことからこの名が付いたそうです。元文年間(1736年~1740年)頃には薩摩藩でも薩摩絣が織られるようになったといわれています。

人気が高く盛んに織られていましたが、大正初期に姿を消しました。しかし第二次世界大戦後、都城市で大島紬の技法を用いた新しい薩摩絣が誕生し、再び織り出されるようになりました。

現在、薩摩絣は日本の綿織物の中で最高のものといわれています。

綾の手紬(あやのてつむぎ)

宮崎県東諸県郡綾町で生産されている絹織物です。繭からの糸紡ぎから染色、織りまですべての工程を手作業で行っています。

1966年、秋山眞和により宮崎県東諸県郡綾町で創製された織物です。

ルーツは沖縄で、大正時代に沖縄にて秋山眞和の父である秋山常磐が染織業を営んでいましたが、戦争で沖縄の工場をすべて失ってしまい、1951年に宮崎で再出発をはたしました。その後、秋山眞和が染織業を引継ぎ、宮崎県東諸県郡綾町に工房を創設し、綾の手紬が誕生したそうです。

秋山眞和が主宰する綾の手紬染織工房では、「大和貝紫」という染料の復元や幻の繭といわれる「小石丸」の商業化に成功させるなど、様々な取り組みが行われています。

まとめ

以上、宮崎県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として宮崎県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.