京都府の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「京都府の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは京都府でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

京都府の着物買取のおすすめ業者は?

京都府の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある京都府のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、京都府の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

京都府の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの京都府の買取エリアです。

▼市

京都市北区、京都市上京区、京都市左京区、京都市中京区、京都市東山区、京都市下京区、京都市南区、京都市右京区、京都市伏見区、京都市山科区、京都市西京区、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市

▼町・村

乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】京都府が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが京都府が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

京都府が産地の着物は以下です。

西陣織(にしじんおり)

京都府京都市の西陣地域で生産されている織物の総称です。西陣は日本を代表する絹織物の生産地で、特に袋帯・名古屋帯をはじめとする帯が有名です。ほかにも綴・唐織・羅・錦・緞子・金蘭・御召・紬など、帯から着尺、さらには法衣まで多様な種類の織物が織られています。

5~6世紀頃に秦氏により伝えられた織物技術が起源といわれています。なお、鎌倉時代には、西陣の地域は「雲林」と呼ばれていました。

西陣織は応仁の乱(1467年~1477年)後に大きく発展したそうです。戦火を逃れて避難していた職人たちは、応仁の乱が終わると京都に戻り、応仁の乱の際に西軍の陣地があった辺りに集まって織物作りを再開しました。

「西陣」という地名は、この頃に名付けられたといわれています。この地域が西陣と呼ばれるようになってから、この地域一帯で織られる織物は西陣織と呼ばれるようになりました。

江戸時代には、富裕町人から圧倒的な支持を受けており、また、幕府の保護のもと、西陣織は最盛期を迎えました。しかし、1730年の「西陣焼け」と呼ばれている火事で、西陣織は大きな打撃を受け、また、その後の天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令などで徐々に西陣織は衰退していきました。

明治維新後、京都府による保護育成が計られることになり、海外の先進的織物技術が導入されていきました。1887年頃からその技術も定着していき、西陣は最新にして最大の絹織物産地となっていきます。

こうして西陣織は新しい技術を取り入れることにより、幕末から明治維新にかけての危機を乗り越えました。そして、第二次世界大戦後には、機械化がさらに進み、新しい技術が次々に導入されていきました。

現在、着物の需要の低下が深刻ですが、高級な着物や帯だけではなく、ネクタイやバッグなど多様な製品が生産されています。

京友禅(きょうゆうぜん)

京都で生産されている友禅染のことです。多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴です。「加賀友禅」や「東京友禅」とともに日本三大友禅の一つとされています。

京友禅は、元禄年間(1688年~1703年)に扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたといわれており、友禅の名称は宮崎友禅斎の名前がもとになっているそうです。

色彩豊かで絵画のように緻密な模様を着物に染める友禅染は、人々に絶大な人気を博し全国的に広まっていきました。

ただ、全国的に広まったとはいえ、江戸後期の友禅染は手作業のため生産量はあまり多くなく、しかもたいへん高価だったため、将軍家・諸大名・豪商など一部の人が婚礼衣装などに用いる程度だったといわれています。

明治時代になると、型紙で友禅模様を染める写し友禅が考案されました。これが現在の「型友禅」と呼ばれるもので、大量生産が可能となり、友禅染が多くの人々に広がっていきました。

現在、後継者の育成などの活動が積極的に行われています。

京小紋(きょうこもん)

京都で型紙を用いて染められている小紋のことです。なお、京都の型友禅を京小紋とも呼ばれています。

江戸初期頃に、武士の礼装である裃に細かな模様が染められるようになってから、技術が発達したといわれています。武士の裃として多く使われていましたが、町人文化の発展とともに、次第に庶民の間でも親しまれるようになっていき流行しました。

渋い単色が主体でしたが、京小紋は友禅染の影響を受け、独自に発展していったそうです。多彩色へと変化し、絵画のような豊かな色彩をもったパターンが多く使われ、非常に華やかなデザインを持つようになりました。

現在、昔ながらの小さな文様で型染された小紋のほか、モダンな図案など様々なものがあります。

京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)

京都で生産された鹿の子絞のことです。

代表的なものは疋田絞で、染め残りの四角の中に点が出るのが特徴です。ほかにも一目・帽子・傘巻きなど多彩な技法があります。全体を絞りで埋めたものは「総絞り」、または「総鹿の子」と呼ばれています。

京鹿の子絞りは、江戸中頃に最盛期を迎え、高級な絞り染めとして確固たる地位を築いたそうで、模様が小鹿の背の斑点に似ていることから、鹿の子絞りと呼ばれて広まっていったといわれています。

現在、後継者不足が深刻化していますが、新商品の開発や後継者育成の活動が行われています。

丹後縮緬(たんごちりめん)

京都府の丹後地方で生産されている絹織物です。生地全面に細かい凸凹状のシボがあることにより、シワがよりにくく、しなやかな風合いに優れていることが特徴です。浜縮緬とともに縮緬の二大産地といわれています。

丹後縮緬は、江戸時代の享保年間(1716年~1735年)に西陣より縮緬織の技術を導入し、織り始められたといわれています。現在の京都府北部にあたる丹後国に存在していた峰山藩による保護政策などもあって、縮緬織が広まっていきました。

1730年の「西陣焼け」と呼ばれている火事で、西陣で絹織物が品不足になったことにより、丹後に注文が殺到し、縮緬の産地としての基盤ができたそうです。

その後、大正時代頃に力織機が導入されことにより産地規模も拡大し、また、時代に合った新商品を開発しながら発展していきました。

現在も新商品の開発が積極的に行われています。

藤布(ふじぬの)

京都府の丹後地方で生産されている織物で、藤の蔓の皮で糸を作り織られています。なお、藤布は日本の古代織物のひとつで、ほかに「科布」や「葛布」などがあります。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。藤布は、縄文時代頃には織られていたといわれており、万葉集にも藤布のことが詠まれているそうです。

藤は山野に広く分布していた植物だったので、手軽な繊維素材として日本各地で織られていましたが、麻が普及するとともに、藤布を織る地域が少なくなり、さらに木綿の普及により急激に衰退していきました。

現在、日本各地の藤布の生産がほとんど絶えてしまいましたが、丹後地方で、その技術が受け継がれています。

まとめ

以上、京都府でおすすめの着物買取業者と、豆知識として京都府が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.