福岡県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「福岡県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは福岡県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

福岡県の着物買取のおすすめ業者は?

福岡県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある福岡県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、福岡県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

福岡県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの福岡県の買取エリアです。

▼市

北九州市、福岡市、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市

▼町・村

筑紫郡那珂川町、糟屋郡宇美町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡志免町、糟屋郡須惠町、糟屋郡新宮町、糟屋郡久山町、糟屋郡粕屋町、遠賀郡芦屋町、遠賀郡水巻町、遠賀郡岡垣町、遠賀郡遠賀町、鞍手郡小竹町、鞍手郡鞍手町、嘉穂郡桂川町、朝倉郡筑前町、朝倉郡東峰村、三井郡大刀洗町、三潴郡大木町、八女郡広川町、田川郡香春町、田川郡添田町、田川郡糸田町、田川郡川崎町、田川郡大任町、田川郡赤村、田川郡福智町、京都郡苅田町、京都郡みやこ町、築上郡吉富町、築上郡上毛町、築上郡築上町
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】福岡県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが福岡県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

福岡県が産地の着物は以下です。

博多織(はかたおり)

福岡県福岡市の博多を中心に生産されている織物の総称です。特に有名なものは「独鈷模様」と横畝の現れた堅い織り味が特徴である「献上博多」です。

博多商人の満田弥三右衛門が宋の時代の中国に渡り、1241年に帰国したときに、持ち帰った織物技術が博多織の始まりだといわれています。

江戸時代に、現在の福岡県西部にあたる筑前福岡藩の初代藩主である黒田長政が、博多織を毎年幕府に献上したことから「献上博多」と呼ばれるようになったそうです。それまで献上柄は「独鈷と華皿文様」という文様名でした。

筑前福岡藩は献上品の品質保持のために織屋株制度を敷いて12戸に限定したため、江戸時代を通して品質を維持することができましたが、その反面、西陣織などのように産業として大きく発展しなかったともいわれています。

その後、明治時代に織屋株制度が廃止され自由競争になったことで業者が増え、また、品質低下を防止するため1880年に現在の博多織工業組合にあたる博多織会社が設立されました。

そして1885年には、ジャカード機やドビー機が導入されたことにより本格的な機械織生産が始まり、第二次世界大戦後に生産量が過去最高になりました。

現在、後継者不足が進んでいますが、2006年4月に博多織の発展と次世代職人の育成を目的としたNPO法人「博多織技能開発養成学校」が設立され、積極的に後継者の育成が図られています。

なお、福岡市地下鉄博多駅のシンボルマークには献上柄が使われています。

久留米絣(くるめがすり)

福岡県久留米市周辺で生産されている木綿絣で、「伊予絣」「備後絣」とともに日本三大絣の一つとされています。素朴な木綿の風合いと深い藍色、明快な絣模様が特徴です。

手括りや織り締めによって防染した絣糸を天然藍で染め、手織りして作る伝統的な手法は、国の重要無形文化財に指定されています。

1800年頃に井上伝という12~13歳の少女により考案されたといわれており、その後、現在の福岡県久留米市に藩庁を置いていた久留米藩により、産業としての奨励されたそうです。日本全国に普及していき、最盛期である昭和初期頃には200万反以上生産されていました。

現在、生産量は少なくなっていますが、久留米絣を用いた洋服など、新製品の開発が行われています。

小倉織(こくらおり)

福岡県北九州市で生産されている織物です。縦縞模様が特徴的な木綿織物で「小倉木綿」とも呼ばれています。

はっきりとした起源は明らかではないですが、江戸初期には小倉織が存在していたといわれており、徳川家康が小倉織の羽織を着用したという記録も残っているそうです。

嘉永年間(1848年~1854年)頃の小倉織の最盛期には、江戸や京都など全国に流通していたといわれています。

その後、現在の北九州市小倉北区に藩庁が置かれていた小倉藩の産業政策の失敗により生産体制を混乱させたことや、現在の山口県にあたる長州藩との戦いで職人が離散したことなどの影響で衰退しました。

明治時代になると一時回復の兆しが見えましたが、社会の変化に対応できず昭和初期に途絶えてしまいました。

しかし1984年に、染織家である築城則子が苦労の末に復元に成功しました。現在、着物だけでなくハンカチやネクタイなど様々な商品が生産されています。

まとめ

以上、福岡県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として福岡県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.