愛知県の着物買取のおすすめ業者は?1円でも高く着物を売る

「愛知県の着物買取業者を探している」という方向けに、このページでは愛知県でおすすめの着物買取業者を紹介しています。

愛知県の着物買取のおすすめ業者は?

愛知県の着物買取のおすすめ業者は『スピード買取.jp』です。TVCMも流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、スピード買取.jpは全国規模の買取業者で、その買取実績は業界トップクラスです。

その道のプロが着物を査定してくれるので、着物を売るときにまず思う「着物のことを知らない査定員によって一律で安く買いたたかれそう…」という心配しなくていいんですよね。1つ1つの着物をしっかりとみてくれます。

さらに、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれます。それだけ買取価格に自信があるということですし、近所にある愛知県のリサイクルショップや着物買取店で売るほうが高かったらキャンセルもできるというわけです。気軽に着物の買取金額を比較することができるんですよね。

当然ながら査定・キャンセルは無料です。それだけでなく、出張買取なら出張費も無料、宅配買取なら送料も無料といったように、もし査定だけしてもらって着物を売らなくても一切費用はかかりません。

つまり、スピード買取.jpは、おすすめというより、愛知県の着物買取業者を探していて1円でも高く着物を売りたい!って方にとって利用必須ともいえる着物買取業者ということです。無料査定を有効活用しましょう。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp 

愛知県の着物買取のおすすめスピード買取.jpの買取エリア

以下がスピード買取.jpの愛知県の買取エリアです。

▼市

名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市

▼町・村

愛知郡東郷町、愛知郡長久手町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村、知多郡阿久比町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、知多郡武豊町、幡豆郡一色町、幡豆郡吉良町、幡豆郡幡豆町、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

【着物豆知識】愛知県が産地の着物

ちなみに、着物買取とは直接関係ないんですが愛知県が産地の着物もあります。興味がなかったらなかなか知る機会がないため、あまり知られずにひっそりと生産が途絶える着物も多いので、紹介させていただきますね。

愛知県が産地の着物は以下です。

有松・鳴海絞(ありまつなるみしぼり)

愛知県名古屋市の有松、鳴海地区を中心に生産されている絞り染めの総称。

1610年~1614年にかけて行われた名古屋城築城の手伝いを、現在の大分県にあたる豊後の大名が命ぜられた時に、豊後から連れてきた人によって絞の技法が伝えられ、竹田庄九郎という人が木綿に絞り染めを施した手ぬぐいを作り、東海道を往来する旅人へお土産として売り出したのが始まりといわれています。(諸説あります)

その後、現在の愛知県にあたる尾張藩の保護のもと、絞独特の上品で多種多様な技法が考案・開発されました。

有松・鳴海絞の特徴は、その技法の多さにあります。雪花絞・鹿の子絞・巻き上げ絞・蜘蛛入り柳絞・三浦絞・嵐絞・桶絞・筋絞・板締め絞・縫絞などなど100種類以上あるそうです。

しかし現在、後継者不足や生産量の減少などにより、かつて100種類以上といわれていた技法が減ってきています。

名古屋友禅(なごやゆうぜん)

愛知県名古屋市、春日井市、西尾市、西春日井郡師勝町で生産されています。京友禅や加賀友禅などよりも、質素で落ち着いた色柄で、1つの色の濃淡で絵柄を描く色遣いが特徴的です。

第七代尾張藩主・徳川宗春(1730年~1739年)の華やかな尾張文化の時代は、京都や江戸から様々な職人たちが往来を行き交っていました。この時に友禅の技法が伝えられたといわれています。

徳川宗春失脚後、質素倹約が励行され、友禅の模様の配色も色数を控えた渋い単彩濃淡調の素朴なものとなっていきました。これが名古屋友禅の特徴となり現在に受け継がれています。

知多木綿(ちたもめん)

愛知県知多市で生産されている木綿です。

江戸初期の慶長年間(1596年~1615年)には「生白木綿」として生産され、江戸に送られていたといわれています。生白木綿は綿の繊維そのままで、黄ばんだ色をしていることにより完成品として扱われず価格も安いものでした。

その後、江戸中期の天明年間(1781年~1789年)に、現在の知多市にあたる岡田村の中嶋七右衛門という人が晒技術を導入して以来、「知多晒」として名声が高まっていきました。そして、知多の晒木綿の生産量は徐々に増加し「知多木綿」として定着していったそうです。

現在、技術の伝承者も数少なくなっていますが、知多木綿の技術伝承・保存を行う活動が行われており、機織り体験ができる場所も何軒かあります。

三河木綿(みかわもめん)

愛知県の三河地方で生産されている木綿です。

江戸時代に、三河地方で綿の栽培と綿織物が盛んとなり、綿織物は「三白木綿」として江戸方面に送られていたといわれています。その後、西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」という名で全国に知れ渡っていきました。

現在、手織場が立ち上げられ「三河木綿」「三河縞」の復元と生産が行われています。

まとめ

以上、愛知県でおすすめの着物買取業者と、豆知識として愛知県が産地の着物の紹介でした。

着物を売ろうかな…と検討中の方は、ぜひスピード買取.jpの無料査定を活用してみてくださいね。スピード買取.jpは、他店より買取金額が安ければ全品返却してくれる、という利用者にとって大きなメリットがある着物買取業者です。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

更新日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.