長襦袢の買取情報を紹介。長襦袢って売れるの?

着物と肌着の間に着る長襦袢は、汗や皮脂汚れなどから着物を守ってくれる重要なものです。

外見上ほどんど見えないのでシンプルなものが多いですが、振りからチラっと見えるため、柄物を着てさりげないおしゃれを楽しんでいる方もいます。

この記事では、そんな長襦袢の買取情報を紹介していきます。

長襦袢の買取価格はいくら?

長襦袢は肌着の上に着るといっても、ようは着物の下着的な存在です。なので、性質上、中古を嫌がる方が多く、また新品でも比較的安価で購入できるのもあって、リサイクル市場ではあまり需要がありません。

買取価格はいくら?という話以前に買取を断られる、つまり値段がつかないケースのほうが多いんですよね。

買取してもらえるかもしれない長襦袢とは?

上で書いたように、基本的に買取を断られる傾向にある長襦袢ですが、逆にどんなものだったら買取してもらえる可能性が高いか紹介しますね。

未使用品、かつ美品の長襦袢

なぜ、中古の長襦袢を嫌がる方が多いのかというと、中古の長襦袢は汚れ・シミがあるものが多いからです。しかも着物のシミと違って外的要因のものではなくて、汗じみとか血液シミとかが多いんですよね。

着物の中古には抵抗ない方でも長襦袢はちょっと…という方が多いのはこのためです。実際は違う要因でできた汚れだとしても、リサイクル市場では汚れ・シミのある長襦袢は避けられる傾向があるんですよね。

逆に未使用品、かつ美品ならリサイクル市場で買い手がつきやすいので、着物買取業者も長襦袢を買取してくれる可能性が高いというわけです。

長襦袢をお金に換えるのはちょっと厳しい

とはいえ、未使用品でも正絹の長襦袢は経年により黄ばみが出てきている場合もありますので、長年タンスに眠っているような長襦袢だと、正直お金に換えるのは厳しいのが現実です。

では、みんな不要な長襦袢どうしているのか?というと、不要な着物と一緒に処分することが多いです。

というのは、着物買取業者の公式サイトに長襦袢は買取不可と記載があったり、値がつかなかったりしても、着物を買取してもらうなら一緒に長襦袢を引き取ってくれるケースが多々あるんですよね。

着物がないのに長襦袢だけ残しておいてもしょうがないので、着物買取業者に査定してもらうときは、「まず、長襦袢の買取をしているかどうか」「次に、長襦袢の買取をしていなくても着物を売るなら一緒に引き取ってくれるかどうか」この2つを確認するようにしましょう。

長襦袢の買取情報まとめ

以上、長襦袢の買取情報についてでした。

手持ちの長襦袢を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.