喪服の買取情報を紹介。着物の喪服って売れるの?

着物の喪服、いわゆる「黒紋付」は、その名の通り家紋が入った黒一色の着物のことです。

最近では、着物の喪服を着るならレンタルする、もしくは着物は着ずに洋服の喪服を着る、という方が圧倒的に多くなっているので、最も需要のない着物と言っても過言ではない状態になっています。

この記事では、そんな着物の喪服の買取情報を紹介していきます。

着物の喪服の買取価格はいくら?

着物の喪服は、残念ながら買取してくれない業者のほうが多いというのが現状です。仮に買取してくれても着物の喪服単品なら『よくて1,000円ちょっとの買取価格』になります。

というのは、中古市場で着物の喪服の需要はほぼ皆無なんですよね。

・性質上、中古は敬遠されがち
・リメイクもしづらい
・必要なら中古を購入しなくても1万ほどでレンタルできる

などなど、あえて中古の着物の喪服を購入する理由が特にありません。購入したらしたでいくら安くても保管・管理が必要になってきますしね。

着物の中には、新品の需要は減っても、「安い」ということで中古市場でよく流通するものもありますが、着物の喪服は安くてもなかなか買い手がつかない着物というわけです。

着物の喪服の買取に対応している買取業者

買取してもらえないからといって、捨てづらいのが着物です。保管の場所も取るし、どうにかして喪服を手放せないかな…と検討中の方に、数少ない着物の喪服の買取に対応している買取業者を紹介しますね。

福ちゃん

福ちゃんは全国に対応している着物買取業者です。他社で買取を断られた着物の買取実績が豊富な業者なんですよね。

もちろん保存状態とかもあるので、確実に着物の喪服が売れるとは言い切れないんですが

喪服や浴衣、正絹以外のお着物など他店では買取をお断りさせるお品物も一度お問合せ下さいませ。

着物の喪服は買取不可な業者が多い中、福ちゃんの公式サイトには上記の記載があるぐらいなので、他社で着物の喪服の買取を断られたけど、なんとか買取してほしい!って方は、一度無料査定してもらう価値は十分ある業者です。
⇒ 着物買取 福ちゃん

【着物豆知識】黒紋付=喪服ではない

最後に、豆知識として「黒紋付=喪服ではない」という話を紹介しますね。

今でこそ、黒紋付はお葬式でしか着れない着物というイメージが強いですが、そもそも喪服専用の着物というものはありません。

黒紋付の格は「第一礼装」。本来、慶弔両用できる着物です。昔はおめでたい日にもよく着られていた着物なんですよね。

ちなみに、今なお慶事に黒紋付が着られている場面もありますよ。有名なものでいえば宝塚の卒業式とかですね。

だからといって、一般的に黒紋付が慶事に着れるのか?というと、「喪服というイメージ>本来の意味」となってる現在ではどうしても着づらいですが、参考情報として紹介させていただきました。

喪服の買取情報まとめ

以上、着物の喪服の買取情報についてでした。

手持ちの着物の喪服を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.