着なくなった着物を捨てる方法。着物は燃えるゴミとして出せる?

着ない/着なくなった…と言えども、着物を捨てるのはなかなか気が引けるものです。ただ、『収納は有限』、限りがあるんですよね。

もし、タンスの着物を捨てる!ってなったとき、燃えるゴミとして出せるのか?何かゴミ出しのルール・制限はあるのか?この記事では、着なくなった着物の捨て方について紹介していきます。

着なくなった着物を捨てる方法

結論から言うと、着なくなった着物を捨てる方法は自治体によります。どこに住んでいるかで変わるんですよね。

なので、『着物 ゴミ分別 あなたが住んでる地名』で検索すると、自治体のゴミ分別ページがヒットするので、着物の捨て方がイッパツでわかる、というのが最適解になります。簡単に調べれるようになっていますよ。

といっても、参考情報として一般的な傾向が気になると思いますので、だいたいどんなかんじになっているのか書いていきますね。

着物は「燃えるゴミ」か「資源ゴミ」

着なくなった着物を捨てる時は、自治体によって「燃えるゴミ」、もしくは「資源ゴミ」に分類されています。

着物の捨て方は細かく指定されているケースが多い

畳むだけでいいかどうか

・小さく折り畳んでから捨てる
・小さく切ってから捨てる

など、畳むだけでOKなところもあれば、小さく切ってから捨てないといけないところもあります。

綺麗な着物と汚れた着物では捨て方が異なる場合も

・汚れた着物は燃えるごみ、綺麗な着物は資源ゴミ
・汚れた着物は小さく切る、綺麗な着物はそのままの状態で
・汚れた着物は少量ずつしか出せない
・綺麗な着物は雨の日には出さないように

など、綺麗な着物と汚れた着物では捨て方が異なる場合もあります。

ほんと着物の捨て方は自治体によって千差万別なんですよね。もちろん全くルール・制限なく、燃えるゴミとして出せるところも多々ありますよ。

着物を捨てる前に…

上で紹介したように、自治体によって着物を捨て方を細かく指定されている場合もありますが、着なくなった着物の処分方法として『着物を捨てる』ということは最も手軽、かつ簡単な方法です

しかし、あまりおすすめじゃないんですよね。捨てるのは最終手段です。

というのは、着物は売れるからです。しかも『手間暇かけず簡単に』です。何もせずに捨てるのはもったいないので、捨てると決断するのは着物買取業者の無料査定を利用してからにしましょう。

サクッと利用できるので、着なくなった着物を捨てるのはそれからでも遅くはありませんよ。

ゴミを出すのも有料の時代

そして、1つ頭に入れておきたいことはゴミを出すのは有料だということ。ご存知の通り、今は指定されたゴミ袋を買って、それに入れないとゴミを持っていってくれないようになっているんですよね。

わずかな金額なんですが、着物買取業者の無料査定を利用するとその費用もういてきます。ようは、着なくなった着物を処分するにあたって、赤字にならないというメリットもあるというわけです。

着なくなった着物を捨てる方法まとめ

以上、着なくなった着物を捨てる方法についてでした。

着なくなった着物はお住まいの地域によって、「燃えるゴミ」か「資源ゴミ」かのどっちかで捨てることができますが、捨てる前に売れるかどうか調べてみるのがおすすめ、ということです。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.