着物を売る際に必要なものは?本人確認書類さえあればOK?

「着物を買取業者を利用して売る際には何が必要なのだろうか?」

着物売却って頻繁にするものじゃないので、いざ売ろうってときにどんなものが必要かわかりにくいですよね。

どの着物買取業者でも必要なものは大概一緒なので、この記事では、業界大手の『スピード買取.jp』を例として、着物を売る際に必要なものを具体的に紹介してきます。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

着物を売る際に必要なものは?

着物を売る際には特段難しいものを揃える必要はありません。基本的に本人確認書類さえあればOKなんですよね。

どんな書類が使えるのか?というと、スピード買取.jpで使える本人確認書類は以下になります。

・運転免許証
・健康保険証(船員保険証)
・国民健康保険証
・後期高齢者医療保険証
・住民基本台帳カード(写真付)
・身体障がい者手帳
・日本国パスポート
・生活保護受給証
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書

上記のどれか1つをお持ちなら問題なく着物を売ることができます。

なお、「お持ちなら…」と書きましたが、本人確認書類というぐらいなのでどれか1つは誰でも必ず持っている書類なんですよね。なので、何か用意しなくちゃと考える必要はないということです。

『売りたい着物』と『すでに持っている本人確認書類』を提示するだけ、それだけで簡単に着物を売ることができます。

宅配買取なら追加で「宅配査定書類」が必要

自宅に着物買取業者の査定員が来るのが嫌なので宅配買取を利用したい!ってときは、上で紹介した本人確認書類(コピー)とともに「宅配査定書類」を売りたい着物と一緒に送る必要があります。

つまり、宅配買取の場合、必要なものが1つ増えるんですよね。

といっても、宅配査定書類一式はFAXもしくは郵送で送られてくるので、入手の手間はありませんし、宅配査定マニュアルというのも同梱されているため、簡単に必要事項の記入ができますよ。

スピード買取.jpは出張買取のほうがおすすめ

ちなみに、スピード買取.jpの出張買取は必要書類が少ないことに加えて

・最短30分で自宅に来てくれる
・査定員に女性の指定が可能
・アフターフォローが充実している

などなど、かなり利用しやすくなっているので、宅配買取より出張買取のほうがおすすめです。詳しくは以下の記事で紹介していますので、どの方法で着物を売ろうか悩んでいる方は参考にしてくださいね。

本人確認書類として使えそうで使えない書類

最後に、参考情報として、本人確認書類として使えそうだけど使えない書類についても紹介しておきます。

・住民票
・年金手帳
・写真なしの住民基本台帳カード
・住所記入のない保険証

上記は、スピード買取.jpで着物を売る際に本人確認書類をして使えないので注意するようにしましょう。

着物を売る際に必要なものまとめ

以上、着物を売る際に必要なものについてでした。

着物を売りたいけど何が必要なのだろう…と気になってる方の参考になればと思います。手間暇かけて用意しなければならないものは何もありません

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.