色無地の買取情報を紹介。色無地っていくらで売れるの?

色無地とは、黒以外の無地の着物です。

「普段着」としてだけでなく、家紋を入れることによって「略礼装」としても着れる(紋の数によって格が異なる)ため、非常に幅広いシーンで活躍する着物になります。

この記事では、そんな色無地の買取情報を紹介していきます。

色無地の買取価格はいくら?

色無地は、便利な着物なので需要が多いですが、その分流通も多く、また、着物の中では比較的価格が安いので、買取価格もそんなに上がりません。

おおむね『数百円~数千円程度の買取価格』になります。

また、無地ゆえに差が出にくいので、ものによっては高価買取!というのもあまり期待できない着物になります。

少しでも高く売れる色無地とは

買取価格がそんなに上がらないといっても「100円より1,000円、1,000円より5,000円」です。少しでも高く売れるに越したことはありません。

どのような色無地が高く売れる傾向にあるのか?というと、主なポイントは以下3点です。

1. 生地が良い色無地

無地なのでどれも一緒に見えますが、色無地にはいろんな生地が使われています。光沢があるものや地模様があるものなどなど、着物の生地は多種多様なんですよね。

生地の良い色無地は新品価格が高くなる分、買取価格も高くなります。

ちなみに、以下のページでは色無地によく使われている有名な生地の特徴/歴史を紹介していますので、興味ある方はチェックしてみてくださいね。

2. 保存状態が良い色無地

色無地は、着用シーンが多いので着倒しているものも多いです。逆に、着ないからといって、長年タンスにしまったままほったらかしでシミ/カビが発生しているものもあります。

当然ながら上記のような色無地より、着用回数が少なくしっかり保管・管理されている新品同様の色無地のほうが高く売れます。

3. サイズが大きい色無地

昔に比べて日本人の平均身長が伸びています。そのため、サイズの大きい色無地のほうが需要があるので、買取価格が高くなる傾向があります。

色無地の買取は着物に詳しい業者に依頼しよう

上で紹介した色無地の高く売れるポイントは、色無地以外の着物を売る際にも当てはまることですが、色無地は柄がない分、ダイレクトに買取価格に反映されるというわけです。

ただ、着物に詳しい業者に売る場合の話なんですよね。少しでも買取価格が高くなりそうな色無地でも、その価値を知らない買取業者に依頼すると、「色無地は一律でいくら」とか安い買取価格になってしまいます。

そうならないためにも、色無地を高く買取してほしい!って方は、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

色無地の買取情報まとめ

以上、色無地の買取情報についてでした。

手持ちの色無地を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.