訪問着の買取情報を紹介。訪問着を売るといくらになる?

訪問着とは、肩から裾にかけて縫い目にまたがって柄が描かれている着物です。格は「準礼装/略礼装」。そのため、礼装の着物の中でも特に着用頻度の高い着物になります。

この記事では、そんな訪問着の買取情報を紹介していきます。

訪問着の買取価格はいくら?

着物の需要低下が言われ続けて久しいですが、訪問着はまだ需要が多い(一定の需要がある)ので、その買取価格は高くなる傾向がある着物です。

といっても訪問着の価値はピンキリで、『数千円~数万円の買取価格』になるものもあれば、『10万を超える買取価格』になるものもあります。

ようは、手持ちの訪問着がいくらで買取してもらえるかは見てもらわないとわからないんですよね。訪問着自体の価値だけでなく、保存状態やサイズも買取価格に大きな影響を及ぼすので、買取価格がいくらになるかは十人十色です。

ただ、買取価格がより高額になる訪問着も存在するので、参考情報として超有名なものを紹介しますね。

手書き友禅の訪問着

友禅には大きく分けて「手書き」「型染」の2種類あります。(インクジェットで友禅柄をプリントしたものを友禅と称しているものもある)

型友禅でも一般的な訪問着より高価買取が期待できますが、手書き友禅は特に買取価格が高くなる傾向があります。

ちなみに、友禅は産地ごとに特徴があります。以下のページでは日本三大友禅といわれている友禅それぞれの特徴/歴史を紹介していますので興味ある方はチェックしてみてくださいね。

有名な作家ものの訪問着

また、有名な染色家/作家さんが手掛けた訪問着は買取価格がグッと上がります。例えば、「初代・久保田一竹(辻が花染を現在に甦らせた方)の訪問着」とか「初代・由水十久(加賀友禅の有名作家)の訪問着」とかですね。

もちろん他にも有名な作家さんはたくさんいますが、上記二方の訪問着は、ものによっては中古市場でも100万を優に超える価格で流通しているんですよね。つまり、買取価格もそれ相応の価格になっているということです。

訪問着の買取は着物に詳しい業者に依頼しよう

上で書いたように価値のある訪問着は、買取価格が高くなります。

しかし、当然ながら着物に詳しい業者に売る場合に限る話なんですよね。価値のある訪問着でもその価値を知らない買取業者に依頼すると、安い買取価格になってしまいます。

そうならないためにも、訪問着を少しでも高く買取してほしい!って方は、着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

訪問着の買取情報まとめ

以上、訪問着の買取情報についてでした。

手持ちの訪問着を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.