羽織の買取情報を紹介。羽織を売るといくらになる?

羽織は、防寒のため、もしくは着物や帯を汚れから守るため着物の上から着られているものです。着物を着るうえで重宝するアイテムなんですよね。

この記事では、そんな羽織の買取情報を紹介してきます。ちなみに、着物の上に何も羽織ってない状態のことを『帯付き姿』といいます。

羽織の買取価格はいくら?

羽織の買取価格は『数百円~数千円』といわれていますが、着物同様、ものによっては、より高価買取が期待できるものもあります。正直、手持ちの羽織の買取価格がいくらになるかは見てみないと何とも言えないんですよね。

買取価格が安くなりがちな羽織の傾向

ただ、買取価格が安くなりがちな羽織の傾向があるので、参考情報として紹介しますね。

・保存状態が悪い
・サイズが小さい

上記は着物買取全般に言えることで、もちろん羽織の買取価格にも影響するんですが、上記以外にも羽織特有の安くなる要因が存在します。

丈が短い羽織

上で書いた「サイズが小さい」とまた違って、羽織には丈が長い『長羽織』と丈が短い『短羽織』があります。だいたいひざ下ぐらいまでの長さがあれば長羽織です。

丈の長い/短いは完全に好みの問題なんですが、時代によって多数に好まれている長さが変わっているんですよね。流れとしては、長羽織が流行り、短羽織が流行り、そして現在は長羽織が流行っています。

着物を着ている方がめっきり減りましたし、洋服に比べて流行のスパンがかなり長いので気づきにくいですが、着物にも流行があるんですよね。

当然ながら需要があるほうが高く売れるので、今現在、丈が短い羽織の買取価格は安くなりがちな傾向があるというわけです。

紋付の黒羽織

紋付の黒羽織は、一時期大流行した羽織です。お子さんの入卒式にはみんな着てたので「カラス軍団」と揶揄されるぐらいだったんですよね。

そのため、特に処分していなければ、けっこうな確率でタンスの中に眠っているんですが、黒色さらには紋付の羽織というのは現在非常に使いづらく、きわめて需要が少なくなっています。

なので、紋付の黒羽織は買取価格が安くなりがち、というより買取してもらえない可能性が高い羽織になります。

羽織の買取は羽織に詳しい業者に依頼しよう

上で紹介したような買取価格が安くなりがちな羽織もあれば、逆にグッと買取価格が高くなる羽織もあります。といっても、そういった買取価格に差がでるのは羽織のことがわかってる業者に売る場合に限る話なんですよね。

価値のある羽織でもその価値を知らない買取業者に依頼すると、「羽織は一律いくら」とか安い羽織を基準とした買取価格で買いたたかれてしまいます。

そうならないためにも、羽織を少しでも高く買取してほしい!って方は、羽織の知識が豊富な専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

おすすめは?というと、業界大手の『スピード買取.jp』です。査定員の着物はもちろん羽織の知識の豊富さ、大手ならではの買取サービス、そして査定だけでも可能(無料)という着物買取業者になります。
⇒ 着物の買い取りならスピード買取.jp

羽織の買取情報まとめ

以上、羽織の買取情報についてでした。

手持ちの羽織を買取してもらいたいと検討中の方の参考になればと思います。

投稿日:


関連記事

よく読まれている記事

Copyright© 着物買取情報.com , 2018 All Rights Reserved.