【着物の産地一覧】全国各地にはどんな着物や織物がある?

このページでは、着物の産地をまとめて紹介しています。全国各地にはどんな着物や織物が生産されているのか?気になるものがあれば、チェックしてみてくださいね。(クリック or タップで簡単な特徴や歴史を紹介している箇所へ移動します。)

すでに生産されなくなった着物もあるので、古い着物にも意外な価値があるかもしれませんよ。

なお、手持ちの着物を、後悔のないようできるだけ高く売りたいとお考えの方は、着物買取ランキングをご覧ください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

着物の産地一覧

北海道・東北

北海道

優佳良織厚司織

青森

津軽刺子南部菱刺南部裂織津軽木綿

岩手

南部紫根染南部茜染南部紬南部古代型染

宮城

精好仙台平栗駒正藍染白石紙布白石紙子

秋田

秋田八丈天鷺ぜんまい織り秋田畦織鹿角茜染紫紺染

山形

置賜紬科布

福島

会津木綿会津からむし織

関東

東京

東京友禅東京染小紋黄八丈村山大島紬多摩織長板中形

埼玉

秩父織正藍武州紺織所沢絣

千葉

館山唐棧銚子縮

茨城

結城紬石下紬谷和原木綿

栃木

結城紬足利銘仙佐野縮真岡木綿益子木綿

群馬

桐生織伊勢崎織中野絣

山梨

甲斐絹郡内紬大石唐糸織

信越・北陸

新潟

十日町絣十日町明石縮十日町友禅小千谷縮小千谷紬越後上布塩沢紬本塩沢科布五泉平加茂木綿片貝木綿栃尾紬山辺里織

富山

福光麻布

長野

信州紬信州友禅

石川

加賀友禅牛首紬能登上布小松綸子

福井

福井羽二重春江縮緬越前墨流し

東海

愛知

有松・鳴海絞名古屋友禅知多木綿三河木綿

岐阜

郡上紬高山憲法染小紋

静岡

注染ゆかた遠州木綿掛川葛布颯々織

三重

松阪木綿伊勢型紙

近畿

兵庫

丹波布丹波木綿

京都

西陣織京友禅京小紋京鹿の子絞丹後縮緬藤布

滋賀

浜縮緬近江上布秦荘紬網糸紬

奈良

奈良晒大和絣

中国

鳥取

弓浜絣倉吉絣

島根

出雲織広瀬絣安来織出雲裂織

岡山

作州絣

広島

備後絣

四国

徳島

阿波しじら織阿波藍染

香川

保多織

愛媛

伊予絣

高知

土佐綿紬

九州・沖縄

福岡

博多織久留米絣小倉織

佐賀

佐賀錦

長崎

島原木綿

熊本

天草更紗

宮崎

大島紬薩摩絣綾の手紬

鹿児島

大島紬串木野木綿

沖縄

琉球紅型芭蕉布琉球絣首里織読谷山花織久米島紬与那国織八重山上布八重山交布ミンサー織宮古上布宮古織

全国各地の着物の特徴/歴史

北海道

優佳良織(ゆうからおり)

北海道旭川市で生産されている織物。羊毛を染色し紡いだのち、200色以上もの色の糸を使って織るので油絵のような作品が出来上がるのが特徴的です。

旭川出身の木内綾という方により考案された織物で、1960年頃から織りの試作が始められました。(1962年に工房を発足)

初めは「ユーカラ織」と表示していました(ユーカラとは、アイヌ民族に伝わる叙事詩の総称です)が、1980年頃に版画家である棟方志功の命名で「優佳良織」と改名。

1978年にハンガリーで行われた国際染色ビエンナーレでは金賞を受賞しています。

旭川市の北海道伝統美術工芸村の中には「優佳良織工芸館」があり、そこでは優佳良織の展示、はた織体験、販売を行っています。

厚司織(あつしおり)

北海道沙流郡平取町が産地のアイヌ民族の織物で、素材はオヒョウの樹皮。やわらかく強靭、そして、アップリケや刺繍を用いて独特のアイヌの文様をほどこしているのが特徴的です。

「アットゥシ」「アッシ織」など、いくつかの呼び名があります。

アイヌ民族の織物の歴史は古く、アイヌ民族の織具は弥生時代以前から使用されていたそうですが、江戸初期頃から日本本土や大陸方面から衣類を入手するようになったことで、その影響を受けつつ、特に青森県の藍染の木綿が厚司織に大きな影響を与えたと言われています。

それまで厚司織は無地物だけでしたが、藍染の木綿を切抜いて、それをアップリケしたり、藍染の木綿をほぐすことによって得た藍糸で、刺繍したりするようになったそう。

現在、原料であるオヒョウが少なくなっているので、主にシナノキの繊維が使用されています。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

青森

津軽刺子(つがるさしこ)

刺子とは、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。津軽刺子は青森県の津軽地方で行われている刺し子で、刺し子の技法のひとつ「こぎん刺し」が有名です。

江戸時代には刺子の技法が確立していたと言われています。津軽地方では、寒さが厳しく綿花の栽培に適さなかったことから、木綿は貴重なものでした。そのため、弘前藩により、農民は木綿着物の着用を禁止されていたので、麻の着物を着用することに…。

麻の着物は保温性に乏しく擦り切れやすいため、それを保温・補強するために刺し子が発展していったそうです。

南部菱刺(なんぶひしざし)

青森県の南部地方で行われている刺し子。

津軽刺子の項目で説明したのと同じく、南部地方でも木綿は貴重なものだったため、南部藩により、農民は木綿着物の着用を禁止されていたそう。そして、日常で着ていた麻の着物を保温・補強するために刺し子が発展していったと言われています。

南部裂織(なんぶさきおり)

青森県の南部地方で生産されている織物。着古した着物や布を細く裂いたものを緯糸に、麻糸や木綿糸を経糸にして地機で織られています。

江戸時代に、木綿などの布が貴重だったため、着物や布を大切にする知恵から、それらを再生する技法として生み出されたと言われています。

経糸には、丈夫な麻糸が用いられていましたが、明治中頃になると交通の利便性が向上し、木綿の入手が容易になったことから、経糸に木綿糸が用いられるようになっていきました。

現在、南部裂織保存会が発足され、後世に伝統が受け継がれています。

津軽木綿(つがるもめん)

青森県弘前市とその近郊で織られている木綿織物。

明治時代になると、それまで禁止されていた農民の木綿着物の着用が認められることに。そして、明治中頃、交通の利便性向上により木綿の入手が容易になったことで、盛んに津軽木綿が織られるようになったと言われています。

広く野良着として使われていましたが、現在、丹前などとしてわずかに残る程度になっています。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

岩手

南部紫根染(なんぶしこんぞめ)

岩手県の南部地方で行われている草木染。紫草の根「紫根」を使って染められています。

歴史は古く、この地域に伝わったのは鎌倉時代以前と言われてます。江戸時代には、南部藩の手厚い保護のもと、産業として発展していきました。

しかし明治時代になると、南部藩の保護がなくなったことなどの影響で次第に衰退していき、職人が完全に途絶えました…。

その後、1916年に岩手県により紫根染の研究が始められ、秋田県にわずかに残っていた職人を招いて技術を学び、苦労の末、復興。

1918年に藤田謙を主任技師として南部紫根染研究所が設けられ、1933年には藤田謙が独立し、現在の「草紫堂」を創業するに至ります。

現在、染料の原料の入手が難しくなってきたことや後継者不足などの問題がありますが、南部紫根染の着物だけでなく洋服地やネクタイなど幅広く生産されています。ちなみに、岩手県出身の作家である宮澤賢治により「紫紺染について」という作品も残されています。

南部茜染(なんぶあかねぞめ)

岩手県の南部地方で行われている草木染。茜草の根を使って染められています。

南部紫根染の姉妹染として、古くから特産とされてきました。

南部紬(なんぶつむぎ)

岩手県岩泉町や花泉町で織られている紬。

起源は明らかではないですが、江戸時代には、南部藩に保護・奨励され、盛んに織られていたそう。寛政年間(1789年~1800年)に幕府への献上品として用いられたことがきっかけとなり、南部紬の名は世に知られるようになったと言われています。

南部紬は、南部紫根染南部茜染によって縞に先染めした織物でしたが、染料の原料である紫草や茜草の入手が難しくなるにつれ、白地のまま販売されるようになりました。

現在、職人が少なくなり、生産量もわずかとなっています。

南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)

岩手県盛岡市で行われている型染。

寛永年間(1624年~1645年)頃に始まったと言われています。

現在、江戸時代に武士の裃や小袖を染めた型が活かされており、その図柄は約300種類あります。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

宮城

精好仙台平(せいごうせんだいひら)

宮城県の仙台で生産されている絹の袴地で、生地が強くシワになりにくく、絹独特の光沢と感触の良さが特徴的です。

1711年に、仙台藩の第5代藩主である伊達吉村が、産業振興のために京都から織師の小松弥右衛門を招き、織らせたのが起源と言われています。

その後、仙台藩により、保護・奨励され全国に広まっていきました。皇室・幕府などへの贈り物としても用いられていたそうです。

現在、生産量が少なく、職人もわずかになっていますが、伝統は守り続けられています。

栗駒正藍染(くりこましょうあいぞめ)

宮城県栗駒市に伝わる藍染の技法で、ほかの地域にはない特殊な藍染と言われています。藍染は、一般的に藍瓶を火で温めながら一年を通して染めますが、栗駒正藍染は人工的な保温・加熱をいっさい行わないのが特徴です。そのため、夏しか染める事ができません。

起源は明らかではありませんが、奈良時代から行われていたと言われています。江戸時代には、仙台藩により藍の栽培が奨励され、この地域では藍の栽培も盛んだったそう。

明治中頃は、栗駒正藍染を行っている所が約30軒ほどありましたが、第二次世界大戦後になると、技術を受け継いでいるのは千葉あやのという女性だけになりました。

現在、娘の千葉よしのに受け継がれ、栗駒の文字地区にある千葉家だけが伝承しています。

白石紙布(しろいししふ)

宮城県白石市で生産されている織物で、和紙を裁ってこより状にした糸を用いています。通気性にすぐれ、丈夫で軽く肌触りがよいのが特徴。

夏の衣料としては、最高級の織物として扱われていました。

白石紙布は、江戸初期に織られ始めたと言われています。仙台藩に奨励されたことで、江戸中期には需要も多くなり、さらには特産品として幕府・朝廷へ献上されるようになり、技術改良しながら盛んに生産されていたそうです。品質が最良という評価が定着し、全国的な名声を博しました。

しかし、明治に入ると急速に衰退し生産が途絶えました。昭和初期頃に、伝統技術を復活させようと、佐藤忠太郎や片倉信光、遠藤忠雄らにより研究が始められ、苦労の末、復元に至ります。

その後、生産が途絶えたり再開したりしながらですが、技術は受け継がれています。

白石紙子(しろいしかみこ)

宮城県白石市で生産されている和紙製の衣服。上で紹介した白石紙布は、和紙を裁ってこより状にした糸を用いていますが、白石紙子は紙のまま衣類に仕立てています。

紙子の歴史は古く、平安時代には仏僧が着用していたそう。紙は風を通さないことから、防寒着として発達し、江戸時代には全国各地で生産されていたと言われています。白石地方の紙子は、江戸時代から盛んに生産されるようになり、品質の良さで知られていました。

現在、紙子は白石地方でのみ生産されています。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

秋田

秋田八丈(あきたはちじょう)

秋田県で生産されている織物。八丈島で生産される黄八丈に対して、秋田で生産される黄八丈は「秋田黄八丈」と呼ばれています。

1789~1804年に、現在の福島県にあたる奥州伊達郡保原より、養蚕や織物技術に秀でた石川瀧右衛門という人が移住してきて、竜門織や秋田平などを生産したことに始まったと言われています。

その後、技術向上のため、現在の群馬県にあたる上州桐生より蓼沼甚平という人が招かれました。

奥州伊達式のはた道具と織技法、上州桐生の縞織物と色彩が渾然一体となり、秋田独特のハマナスによる染色法が融合して秋田八丈が誕生したそうです。

秋田県内の海岸地域に多く自生するハマナスの根を染料として用いるのが秋田八丈の独特な茶色(鳶色)の秘密です。鳶八丈のほかに、ヤマツツジやカリヤスなどを染料とした秋田黄八丈や、ハマナスに植物染料を混ぜて黒色にし、それを主としたものがあります。

最盛期は1894年頃で、機業場は27~28軒あり、年間6万反もの織物が織られていましたが、日露戦争後の大不況などの影響により廃業する者が続出し、機業場が次々に閉鎖されていきました。

そして、1929年以降は滑川機業場ただ1軒となり、その滑川機業場も原料のハマナスが入手困難になってきたことや、需要の落ち込みなどが重なり、2003年に機業場を閉じました。

しかし、そこから3年の時を経て2006年に、滑川機業場の技術者であった奈良田登志子を工場長に、その姉の畠山好子を代表として、ことむ工房を設立したことで、秋田八丈が復活。

現在、秋田八丈は「ことむ工房」でしか生産されていない織物になります。

天鷺ぜんまい織り(あまさぎぜんまいおり)

秋田県由利本荘市の天鷺村で生産されている織物。

亀田藩があった現在の由利本荘市にあたる岩城町は、江戸時代から織物が盛んで、1887年頃に、岩城町で「ぜんまい白鳥織」の名で考案されたそう。

経糸には絹糸を用い、緯糸には綿糸にゼンマイの綿毛や水鳥の羽毛が一緒に紡がれています。(ゼンマイの綿毛が織り込まれている織物は全国的にもかなり珍しい。)ちなみに、ゼンマイの綿毛には防虫・防カビ効果があり、水鳥の羽毛は防水効果があると言われています。

一度生産が途絶えましたが、現在は2人の伝統工芸士が伝統を受け継いでいます。

天鷺村に行くと、織物作業の様子を見学することができるだけでなく、指導が受けられる体験コーナーもあります。また、売店で購入することも。天鷺ぜんまい織は、全国でも様々な賞を受賞しており、珍しい織物なので、お土産としても喜ばれています。

秋田畦織(あきたあぜおり)

秋田県で行われている畦織で、江戸後期から織られ始めたと言われています。

畦織とは、経糸や緯糸に太さの違う糸を混ぜて平織にしたもので、田んぼの畦道のように見えることから、この名称が付けられました。なお、畑の畝のようにも見えることから、畝織(うねおり)とも呼ばれています。

鹿角茜染(かづのあかねぞめ)

秋田県鹿角市で行われている草木染。茜草の根を使って染められています。

歴史は古く、奈良時代から技法が伝わり朝廷にも献上してきたものと言われています。江戸時代には、南部藩の手厚い保護のもと盛んに生産され、産業として発展していきました。

明治時代になると、南部藩の保護がなくなったことや化学染料の普及などの影響で、次第に衰退。

現在、染料の原料の入手が難しくなってきたなどの問題がありますが、伝統は守られています。

紫根染(しこんぞめ)

秋田県鹿角市で行われている草木染。紫草の根「紫根」を使って染められています。

鹿角茜染の姉妹染として、古くから特産とされてきました。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

山形

置賜紬(おいたまつむぎ)

山形県米沢市、長井市、白鷹町を中心に生産されている織物の総称。「米沢紬」「長井紬」「米琉」「白鷹御召」「紅花紬」などがあります。

■米沢紬(よねざわつむぎ)
植物染による素朴な味わいが特徴。

■長井紬(ながいつむぎ)
緯絣、または経緯絣で織り表した絣模様が特徴。

■米琉(よねりゅう)
琉球の影響がうかがえる織物。米沢琉球の略です。

■白鷹御召(しらたかおめし)
独特の板締め技法による小絣と鬼シボといわれる大きな凸凹が特徴。

■紅花紬(べにばなつむぎ)
染色に紅花を用いた紬。

江戸時代に、米沢藩が奨励したことにより発展したと言われています。

慶長年間(1596年~1615年)、米沢藩の初代藩主である上杉景勝の奨励により、産地としての体制が整いました。その後、米沢藩の第9代藩主であり、領地返上寸前とまでいわれていた藩の財政を建て直すきっかけを作ったと言われる上杉鷹山が、殖産興業の一環として本格的に奨励。

越後や京都から織物職人を呼び、その技術を学ばせることにより、米沢藩の絹織物は飛躍的に発展していったそうです。

各地域で伝承されてきたものが、1976年に置賜紬として伝統的工芸品の指定を受けることとなりました。現在、新製品の開発や後継者の育成などの取り組みが行われています。

科布(しなふ / しなぬの)

しなの木の繊維で織られている日本の古代織物のひとつ。古代織物は、科布のほかに「葛布」や「藤布」などがあります。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。科布は、縄文時代頃には織られていたと言われています。平安時代の三代格式の一つである延喜式の中には、朝廷に科布を納めていたことが分かる記録が残っているそう。

北越の各地に、しな織りが見られたと言われていますが、明治時代になると、紡績技術の発展による綿製品の普及の影響で、多くの産地が衰退し生産が途絶えました。

現在では、新潟県と山形県の羽越国境でのみ織り継がれており、後継者育成や原材料の植林などが行われています。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

福島

会津木綿(あいづもめん)

福島県の会津地方で生産されている木綿。厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくいのが特徴です。

会津地方は古くから綿花の栽培が盛んで、天正年間(1573年~1592年)の頃には、蒲生氏郷の産業振興策により、綿花の栽培が奨励されていたそうです。

そして1627年に、会津へ国替えとなり会津藩の藩主になった加藤嘉明が、前の領地である現在の愛媛県にあたる伊予松山から織師を招いて、織物の技術を広めたのが会津木綿の始まりだと言われています。

機織りは農民だけでなく、藩士の妻女の内職としても行われ、藩の保護政策のもとで次第に発達。

明治中頃、力織機の普及により大量生産が可能となり、明治末期から大正にかけて、会津木綿の生産は最盛期を迎えました。

しかし昭和30年代半ば以降、人々の生活スタイルが変わるとともに需要が急速に減少していき、生産は縮小していきました。かつて30軒以上あった機業場も、現在わずかとなっています。

会津からむし織(あいづからむしおり)

福島県の会津地方で生産されている織物。からむしを原料としています。

室町時代には、会津地方でからむしの栽培が行われていたと言われています。からむしは「苧麻」や「青苧」とも呼ばれており、主に越後上布小千谷縮の原料に使われていましたが、昭和後期頃から、本格的に会津からむし織が生産されるようになりました。

現在、本州でからむしを栽培しているのは、会津地方にある昭和村のみとなっており、栽培から織りまでの伝統技術が受け継がれています。

また、昭和村では1994年から、村で1年間暮らしながら、からむし織の作業工程を学ぶ「織姫制度」を導入しており、からむし織の技術を受け継ぐ人材の育成が積極的に行われています。

≫北海道・東北地方の着物一覧へ

東京

東京友禅(とうきょうゆうぜん)

東京で染められている友禅染。京友禅加賀友禅とともに日本三大友禅の一つとされており、「江戸友禅」とも呼ばれています。

多色多彩で華やかな京友禅に対して、渋く抑えた色調が特徴的です。

起源については諸説あり、上方から江戸に文化の中心が移っていった文化文政時代(1804年~1829年)に、江戸に居た職人らが、移り住んできた大名のお抱え絵師らに技術を学び、成熟させたのが始まりだという説や、桂昌院によばれた京都の友禅職人が考案したという説などあります。

江戸は武家中心の文化だったことにより、柄や色合いが渋く落ち着いた雰囲気のものが根付いたそうです。近年では現代的なモダンなものも作られています。

東京染小紋(とうきょうそめこもん)

東京で染められている型染の小紋。小さな柄を一色で細かく染めた江戸小紋が有名です。

江戸初期頃に、武士の裃に細かな模様が染められるようになってから、技術が発達したと言われています。(江戸には諸大名の江戸屋敷が置かれたため、武士階級の人の増加に伴い、需要も多くなったことに起因します。)

ちなみに、紀州家は「鮫小紋」、武田家は「武田菱」といったように、大名家によって独自の文様があったので、小紋の文様を見れば、どこの大名家の家臣かわかったそう。

江戸中期頃になると、町人文化の発展とともに、男女を問わず庶民の間でも親しまれるように。しかし一方、江戸時代には贅沢を取り締まる奢侈禁止令がたびたび発令され、生活の細かいところまで規制されていました。

厳しい規制の中で、遠くから見たら無地に見えるように文様を細かくしたり、また、密かにお洒落を楽しむ人たちも増えたことで、新しい柄が次々と生み出されていったと言われています。

明治時代になると、武士の身分は廃止され、さらに洋装化の影響もあり、男性で小紋の着物を着る人が少なくなって、女性の着物として広まっていきました。

現在、後継者不足の問題などがありますが、東京染小紋は多くの人々に親しまれています。

黄八丈(きはちじょう)

東京都八丈島で古くから織られてきた手織りの絹織物。光沢のあるしなやかな地と鮮やかな黄色が特徴的で、模様の多くは縞か格子です。

基本の色は、黄・茶・黒の三色あって、地色を黄色にすると「黄八丈」、茶色なら「鳶八丈」、黒だと「黒八丈」と呼びます。基本は三色ですが、媒染や糸の組み合わせ、織り方で多様な色を表現することも可能。

八丈島には、都からの流人によって絹織物の技術が伝えられたと言われていますが、その時期については、いつから絹織物が織り始められたかは明らかではありません。最初に文献に出てくるのは室町時代で、貢納品として絹織物が納められていたことはわかっています。

1515年に、北条氏が全島を支配したことにより、租税として上納されるようになりました。江戸前期に黄八丈を手にすることができたのは、将軍家や大名・御殿女中・豪商などの一部の人々に限られていたそうです。

江戸後期には、庶民の手にも入るようになり、粋な着物として親しまれ広く普及していきました。また、歌舞伎の衣裳に用いられたことで、黄八丈の人気が急激に高まったと言われています。

現在、生産量はわずかです。

村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)

東京都武蔵村山市で生産されている絹織物。地色は青みがかった灰色で、藍や独特の赤を用いたモダンなデザインが特徴です。

村山地方では、元禄年間(1688年~1703年)頃に縞模様の木綿織物が生産されるようになり、その後、さらに技術が発達していき、文化年間(1804年~1817年)頃には「村山紺絣」と呼ばれる藍染の綿織物が織られるようになったそうです。

この「村山紺絣」と、慶長年間(1596年~1615年)に開拓された砂川村で自家用として織られていた「砂川太織」が村山大島紬の前身と言われています。

そして、1920年頃に群馬県の伊勢崎地方から板締染色の技術が伝えられたのをきっかけに、村山大島紬の生産が始まり、綿織物の産地から絹織物の産地へと変化していきました。

ちなみに、『大島』という名称がついていますが、大島紬をまねて作られたのではなく、異なる技法が使われています。大島紬が本絹糸を用いるようになって流通するようになった際、それに類似したものとして大島の名が使われ広まっていったそうです。

現在、生産量は少なくなっています。

多摩織(たまおり)

東京都八王子市、あきる野市で生産されている絹織物。「御召織」「風通織」「紬織」「綟り織」「変り綴織」の5つの織物の総称です。

■御召織(おめしおり)
表面を覆う細かいシボが特徴の織物。

■風通織(ふうつうおり)
織地が二枚重ねになって模様を表現する織物。

■紬織(つむぎおり)
微妙な凹凸から生まれる風合が特徴の織物。

■綟り織(もじりおり)
経糸どうしが搦みながら緯糸と組んで、糸と糸の間に隙間のある織物。

■変り綴織(かわりつづれおり)
綴織とも呼ばれる朱子織の変化した織物。

この地域は、桑の都とも呼ばれるほど古くから養蚕が盛んで、平安時代には絹織物が織られていたという記録が残っているそう。室町後期に、北条氏により、産業として奨励されたことで産地としての基盤が確立したと言われています。

職人たちは、各地の織物技術を積極的に学ぶことで、様々な織物が織られるようになり、独自の織物を発展させていきました。特に明治時代以降は、文明開化によって急速に技術が向上。

しかし、生活様式の洋装化による着物の需要の低下などの影響で、昭和中頃から生産量が次第に減少していきました。

現在、伝統の技術を応用した新製品の開発が積極的に行われています。

長板中形(ながいたちゅうがた)

「長板本染中形」や「江戸中形」とも呼ばれています。

江戸中頃に生まれた染色技術で、主に浴衣に用いられます。明治末頃に「注染中形」が普及したことにより、次第に衰退しましたが、現在も技術は受け継がれています。

≫関東地方の着物一覧へ

埼玉

秩父織(ちちぶおり)

埼玉県の秩父地方で生産されている織物。平織りの絹織物である「秩父銘仙」が有名で、秩父銘仙の布には裏表がないのが特徴的です。

秩父地方は古くから織物が盛んで、諸説ありますが、崇神天皇の時代に知々夫彦命が養蚕と機織の技術を伝えたことが始まりと言われています。

鎌倉時代には旗指物用の生地として織られていたそうで、江戸時代には養蚕と絹織物の生産が盛んに行われるようになり、繭・生糸の産地として知られるようになりました。

明治時代に入ると銘仙が織られるように。そして明治後期に「ほぐし捺染」が開発されたことによって、多色使いの柄の生産が可能になり、女性の気軽な普段着として全国で人気を博しました。

昭和初期頃までの最盛期には、養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事に就いていたと言われています。

その後、洋装化などの生活様式の変化により、着物の需要は低下し次第に衰退。現在、養蚕を続けている農家はほとんどみられません。

正藍武州紺織(しょうあいぶしゅうこんおり)

埼玉県羽生市で生産されている織物。経・緯糸ともに正藍で染めているのが特徴的です。

天明年間(1781年~1788年)頃、この地域に藍染の技術が伝えられたと言われています。「武州青縞」とも呼ばれ、盛んに生産されるようになりました。なお、青縞とは藍染した木綿で織った織物のことです。

その後、武州型染の技法や、唐棧織と藍染を組み合わせた「武州唐棧」などの製品も開発され発展していきました。

現在、生産量は減少していますが、着物だけでなくハンカチやテーブルクロスなどの製品も生産されており、藍染の普及のために藍染体験なども開催されています。

所沢絣(ところざわがすり)

埼玉県所沢市西部から旧多摩郡村山地方で生産されていた木綿絣。

江戸時代に、旧多摩郡村山地方で生産が始まった木綿絣が起源といわれており「村山絣」とも呼ばれていました。その後、技術が伝わり、所沢でも生産されるようになったと言われています。

各地域で生産されていた木綿絣が所沢に集荷され、全国各地に出荷されたことにより、所沢絣として世に知られるようになったそう。昭和初期頃まで盛んに生産されており、所沢は織物の町として発展していきました。

ちなみに、商標には「所沢飛白」という字が使用されていますが、所沢絣の「絣」の字を「飛白」とあてるのは、紺地に白の幾何学模様のものが多く生産されたので、その模様の特徴から「飛白」の字があてられたと言われています。

大正時代に入ると次第に衰退していき、昭和初期頃に生産が途絶えましたが、現在、所沢飛白勉強会により再現が進められています。

≫関東地方の着物一覧へ

千葉

館山唐棧(たてやまとうざん)

千葉県館山市で生産されている綿織物。細手の木綿糸を天然の草木で染めた縞柄模様が特徴です。砧打ちをするので、絹織物ような風合いと光沢があります。

唐棧は、安土桃山時代の頃にオランダ船によりインドからもたらされたのが始まりだと言われています。「棧留縞」や「唐棧留」とも呼ばれていました。

上流階級の者だけが身につける高価な舶来品でしたが、1830年~1843年の天保の改革により、絹織物の着用が禁止されたため、絹に代わる織物として大流行。当時、唐棧織は日本各地で生産されていましたが、なかでも埼玉県の川越で生産されていた川越唐棧は名高かったそう。

館山の唐棧織は、1890年頃に川越の職人より唐棧織の技法を学んだ齊藤茂助が、その技術を館山に伝えたことから始まりました。以来、齊藤家では三代にわたり伝統が受け継がれています。

かつて大流行した唐棧織も化学繊維や洋服の普及などによって衰退し、現在、唐棧の伝統技法を伝承しているのは館山の齊藤家1軒のみとなっています。

銚子縮(ちょうしちぢみ)

千葉県銚子市で生産されている綿織物。緯糸に超強撚糸を使用した先染の縞柄が特徴です。

江戸初期に、現在の茨城県神栖市にあたる鹿島郡波崎町の漁師の奥さんにより考案された「波崎縮」が始まりだと言われています。

江戸中期には、銚子にも縮を織る機屋が40軒以上でき、さらに出機という内職者も100軒以上に達して、盛んに織物が生産されていたそう。そして、銚子縮という名で全国に流通していきました。

染色がしっかりしていることや生地が丈夫なこと、独特の肌触りなどが、江戸の粋人・通人といわれる人々の間で大変な人気を得ていたと言われています。

しかし、明治以降、次第に衰退していき、大正時代には生産が途絶えました。

その後1952年頃、常世田真次郎という人が、途絶えていた技法を苦労して復活。以後、3代にわたって伝統の技法を受け継ぎ、新しい製品開発にも取り組まれています。

≫関東地方の着物一覧へ

茨城

結城紬(ゆうきつむぎ)

茨城県結城市、栃木県小山市一帯で織られている絹織物。「大島紬」と並ぶ高級紬です。

この地域は古くから養蚕が盛んで、鬼怒川は「絹川」、小森は「蚕守」と表記された時代があるなど、養蚕にまつわる地名が多く見られました。

崇神天皇の時代に、多屋命という人が現在の岐阜県にあたる美濃国から久慈郡に移り住み、「長幡部あしぎぬ」と呼ばれる織物を始め、それが伝わり結城紬となったという伝承があります。

奈良時代には「あしぎぬ」が常陸国から朝廷に納められいたそうです。

鎌倉時代には「常陸紬」と呼ばれており、この地を統治していた結城氏によって保護育成され、1602年に結城紬と名づけられました。

江戸時代初期の代官である伊奈忠次が信州上田や京都西陣から技術を導入し、創作・改善したことにより結城紬は一層有名になっていったと言われています。そして、明治時代には大衆の間にも愛用されるようになり、人気と需要は更に伸びていきました。

現在、着物の需要の低下などの影響で生産量は減りつつあり、後継者不足の問題もあります。

そんな中、2011年4月から栃木県小山市は、結城紬で仕立てた着物の購入費の一部を助成するなど生産振興事業に取り組み始めました。また、大学の研究室や保存会などが、結城紬の伝承の技法と逸品を守り続けようと活動しており、後継者も少しづつですが育っています。

石下紬(いしげつむぎ)

茨城県西部の石下地方で生産されている織物。緯糸を綿、経糸を絹で織った交織織物で、軽く着くずれしないのが特徴です。

石下地方は古くから綿花の栽培が盛んで、江戸時代には木綿が織られていたそうです。明治中頃まで、盛んに木綿が生産されていましたが、安価な製品などの影響により次第に衰退。

その後、技術の改良が重ねられ、結城紬の影響も受けながら、明治末頃に絹綿交織の試作に成功し、石下紬が生産されるようになったと言われています。

結城紬の姉妹品として定着し人気を博しましたが、昭和中頃から正絹の紬に押され、絹綿交織である石下紬の生産量は減少していきました。

現在では、正絹の高級品も生産されており、一目で結城紬か石下紬かの見分けがつきにくいとも言われています。

谷和原木綿(やわらもめん)

茨城県筑波郡谷和原村で生産されている正藍染の縞木綿。

もとは紺無地の織物で農作業着として用いられていましたが、現在は伝統的な藍唐桟縞を現代感覚で再現した着物になっています。

≫関東地方の着物一覧へ

栃木

足利銘仙(あしかがめいせん)

栃木県足利市で生産されている先染織物。緯糸に絣糸をもちいた半併用という立体感のある織りが特徴的です。

大正時代から昭和初期にかけて、足利銘仙の生産が盛んに行われており、1940年頃には銘仙の生産高全国1位に。その後、洋装化などによる着物の需要の低下の影響で、足利銘仙の生産量が減少していきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などで、生産されるのが困難になりつつありますが、足利銘仙ソックスなどの新商品も開発されています。また、斬新な図柄が注目されており、足利銘仙のデザインを後世に残そうと、デジタル化して保存する事業も進められています。

佐野縮(さのちぢみ)

栃木県佐野市付近で生産されている綿縮。

綿縮とは、経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて織り上げたあと、のり抜き・精練して布面にしぼを出した綿の縮織りのことです。

真岡木綿(もおかもめん)

栃木県真岡市付近で生産されていた白木綿の織物。結城紬の影響をうけ、綿を手紡ぎ・手織したので、繊細で絹のような地合いの織物だったと言われています。

江戸時代、真岡木綿は盛んに生産されており、最盛期には、木綿といえば真岡木綿といわれるほど絶大な人気を誇り、有名だったそうです。

明治時代に入ると、開国による輸入綿糸におされて次第に衰退し、第二次世界大戦後には生産が途絶えました。その後、真岡木綿をもう一度復活させようと、昭和末頃に保存振興会が設立。

現在、かつての技術を踏まえながら技術伝承の活動が行われています。2008年には、機織体験や製品づくりの見学などができる「真岡木綿会館」がオープンしました。

益子木綿(ましこもめん)

栃木県芳賀郡益子町で生産されている木綿織物。

江戸時代には、真岡の木綿問屋から全国各地に出荷されたため、真岡木綿として販売されていたそうです。

現在の益子木綿は、真岡木綿と藍染の伝統を守るために、200年の歴史をもつ紺屋の日下田博という方が1960年に始めたもの。先染の縞物と、白木綿を正藍で染めた型染があります。

≫関東地方の着物一覧へ

群馬

桐生織(きりゅうおり)

群馬県桐生市などで生産されている絹織物。桐生市は京都の西陣と並ぶ歴史が古い織物の町で、「西の西陣・東の桐生」と言われるほどです。

桐生織の発祥については白滝姫伝説という伝承が残されています。

桓武天皇(737年~806年)の時代、現在の群馬県にあたる上野国から1人の男が京都に宮仕えに出されました。男は、宮中の白滝姫に恋をしました。かなわぬ恋だと思っていましたが、天皇の前で見事な和歌を詠むことで、白滝姫を連れて帰ることを認めてもらいました。そして、桐生に移り住んだ白滝姫は、絹織物の技術を桐生の人々に伝え、桐生織が始まった…というのがその伝承です。

現在でも、桐生市には白滝神社があり、白滝姫が祀られています。

桐生織は、かつては「仁田山紬」と呼ばれていました。鎌倉時代末の新田義貞の旗揚げや、1600年の関ヶ原の合戦で、徳川家康が桐生の白絹の旗を用いたことなどから、桐生の名が全国に広まったと言われています。

そして、江戸中期の元文年間(1736年~1740年)に、京都・西陣の織工によって高機が持ち込まれたことで、金襴緞子や糸錦のような高級織物が桐生で織られ始めるようになったそうです。

1872年頃に導入された西洋式の染織法や、1877年頃に導入されたジャガード機による紋織の製織など、時代の変化に伴い技術も進み続け、桐生織の名はさらに高まっていきました。

現在、需要の減退とともに生産量は減少し、苦境に立たされていますが、着物以外にも、ハンカチやネクタイ・テーブルクロスなど、さまざまな製品が生産されており、先端科学技術を導入した新製品の開発も行われています。

また、伝統工芸士により桐生織伝統工芸士会が結成されており、技術の向上や後継者の研修指導・会員の交流研修などが行なわれています。

伊勢崎織(いせさきおり)

群馬県の伊勢崎地方で生産されている太織・紬・縞物などの絹織物の総称。伊勢崎絣が有名です。

享保年間(1716年~1735年)頃に、自家用として織られていた太織の商品化が進み、その太織が伊勢崎の織物として人気を博したことで、全国に知られるようになったと言われています。

明治中頃には、伊勢崎銘仙と呼ばれるようになり、また、技術の改良も進み、現在の伊勢崎絣へ伝えられる様々な絣の技術が産み出されたそうです。

現在、後継者不足などの問題がありますが、伊勢崎絣として伝統技法が受け継がれています。

中野絣(なかのがすり)

群馬県邑楽郡や館林市で生産されていた織物。木綿の白絣として有名で、かつては「西の大和絣・東の中野絣」と称されるほどだったそうです。

安政年間(1854年~1859年)頃に織られるようになった絣織物が、中野絣の始まりと言われています。そして明治末頃、白絣が織られるようになり、全国的に有名になっていきました。

その後、第二次世界大戦中に、綿の統制が極めて厳しくなったことや、戦後の生活様式の洋装化などの影響で急速に衰退し、昭和末頃に途絶えました。

現在、中野絣の伝統を残そうと保存会が発足し活動を行っています。

≫関東地方の着物一覧へ

山梨

甲斐絹(かいき)

山梨県の郡内地方で生産されていた織物。すべりがよく光沢があり、やわらかいのが特徴的です。

南蛮貿易でもたらされた「海気」と呼ばれる織物が、甲斐絹の起源になったと言われています。寛文年間(1661年~1672年)頃に、現在の山梨県にあたる甲斐国の郡内地方の職人が、それをまねて作ったことにより「郡内海気」などと呼ばれ、人気を博し盛んに生産されていたそうです。

明治時代に入ると、甲斐絹の生産はますます盛んになり、明治中頃から「甲斐絹」の字があてられ、定着していきました。しかし、第二次世界大戦を境に甲斐絹の生産量が激減し、その姿を消すことになります。

現在、甲斐絹そのものは生産されていませんが、山梨県の郡内地方の織物は、甲斐絹で培われた技術を生かして、多種多様な織物が生産されています。なお、2002年に甲斐絹の復活を目指して「甲斐絹座」も結成されています。

郡内紬(ぐんないつむぎ)

山梨県の郡内地方の織物。

郡内紬は、江戸時代に郡内地方の領主となった秋元泰朝に奨励されたことにより発展していき、甲斐絹とともに、現在の山梨県にあたる甲斐国の特産品として知られるようになったと言われています。江戸時代の書物である「毛吹草」に郡内紬のことが載っているそうです。

昭和初期頃まで盛んに生産されていました。

大石唐糸織(おおいしからいとおり)

山梨県の大石地方で行われている唐糸織。唐糸とは、中繭と玉繭の諸撚糸のことです。

大石地方では、天保年間(1830年~1843年)には、黄縞が特徴的な「大石紬」が織られていたそうです。大石紬のはっきりとした起源はわかりませんが、郡内地方で織られている郡内紬の影響を受けたのではないかと言われています。

明治時代に、唐糸織の技法が導入され、大石唐糸織が生産されるようになりました。

現在、生産量はわずかとなっています。

≫関東地方の着物一覧へ

新潟

十日町絣(とおかまちがすり)

新潟県十日町市を中心に生産されている先染の絹織物。「十日町紬」とも呼ばれています。繊細で緻密な柄が特徴です。

19世紀中頃に、現在では小千谷縮と呼ばれている「越後縮」の絣技術を、絹織物に応用して、十日町絣が織られるようになったと言われています。その後、明治時代に入ると様々な技法が開発され、絣技術は急速に発展していったそうです。

現在、後継者不足などの問題がありますが、新製品の開発などが積極的に行われています。また、十日町市は日本有数の織物産地となっており、十日町きものまつりなど、着物に関する様々なイベントが開催されています。

十日町明石縮(とおかまちあかしちぢみ)

新潟県十日町市で生産されている夏用の絹縮。セミの羽に例えられるほど薄地で張りのある布地と、清涼感のある肌触りが特徴です。

文政年間(1818年~1829年)に、宮本茂十郎によって確立された「絹縮」や「十日町透綾」と呼ばれていた技法が起源だと言われています。

そして、19世紀末頃、京都の西陣より伝わった明石縮の技術を絹縮や十日町透綾と呼ばれていた技法に応用し、十日町明石縮が織られるようになったそうです。

現在、生産数は少なく、希少品になりつつあります。

十日町友禅(とおかまちゆうぜん)

新潟県の十日町地方で染められている友禅染のこと。

昭和30年代に京都の友禅染の技術を導入したのが始まりです。

小千谷縮(おぢやちぢみ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている麻縮。色柄が豊富で地風が爽やかなことと、シボとよばれる布面の波状の凸凹が特徴です。

江戸初期に、現在の兵庫県明石市周辺のあたる明石藩の藩士だった堀次郎将俊が、浪人として小千谷地方に身を寄せたときに、明石縮の技法を越後上布に応用し、改良を加えて完成させたと言われています。当時は「越後縮」と呼ばれており、夏の織物として日本中に広がっていきました。

現在、小千谷縮の職人は年々少なくなってきています。なお、堀次郎将俊の功績を称え、小千谷市には明石堂が建てられています。

小千谷紬(おぢやつむぎ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている紬の総称。

江戸中頃に、小千谷縮の技法を絹の糸に応用したのが起源だと言われています。当時は自家用として織られていたため、本格的に生産されておらず、小千谷縮の存在に隠れていましたが、昭和初期になると生産は本格化し、現在の製法の基礎が完成したそう。

現在、着物のほか、インテリア用品なども生産されています。

越後上布(えちごじょうふ)

新潟県南魚沼市に古くから伝わる平織の麻織物で、麻織物の最上級品として有名。柄は絣や縞が主で、ごく薄手でシャリ感のある地風が特徴です。

現在の新潟県にあたる越後国の麻織物の歴史は古く、縄文時代から麻織物が織られていたと言われています。平安時代の三代格式の一つである「延喜式」や、鎌倉時代に成立した日本の歴史書である「吾妻鏡」の中には、朝廷に越後の布を納めていたことが分かる記録が残っているそうです。

奈良の正倉院には「越布」として今も保存されています。

木綿が普及する前の鎌倉時代から室町時代にかけては、庶民の衣服は麻織物でした。室町時代には、上杉氏の産業奨励策により、越後上布の生産は一段と盛んになったと言われています。

江戸時代に木綿が大衆化すると、全国的な麻織物の需要は減退しましたが、越後上布の評判はとてもよく、天明年間(1781年~1788年)には、年間20万反以上生産されていたそうです。

現在、原料の苧麻の生産量は極めて少なく、後継者不足の問題も深刻です。

塩沢紬(しおざわつむぎ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている絹織物で、細かい絣模様が特徴的です。

麻織物である越後上布の技術を絹織物に取り入れ、明和年間(1764年~1771年)頃から織られるようになったそう。

名前が似ていますが、下で紹介している「本塩沢」とは別のものです。

現在、新製品の開発や人材の育成などの活動が積極的に行われています。また、塩沢つむぎ記念館も建設されています。

本塩沢(ほんしおざわ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている御召で、「塩沢御召」とも呼ばれています。針の先で描いたような細かく鋭い模様と細かなシボが特徴です。

江戸中頃から織られるようになった「絹縮」が起源と言われています。

五泉平(ごせんひら)

新潟県五泉市で生産されている精好織りの絹地。主に袴地に利用されています。

江戸時代には「葛織」という袴地が織られていたそうで、五泉平の起源については諸説あり、葛織に改良を加えたことにより天明年間(1781年~1788年)に完成したという説や、精好仙台平の技術が導入されたことにより完成したという説などがあります。

現在、五泉平の生産量はわずかとなっていますが、五泉は京都の丹後、滋賀の長浜と並ぶ白生地の三大産地の一つに数えられています。

加茂木綿(かももめん)

新潟県加茂市で生産されている木綿。

江戸時代から織られ始めたそうで、大正末頃が最盛期でした。

現在、化合繊維織物および絹織物が主軸となり、加茂縞などの木綿織物はわずかになっています。

片貝木綿(かたかいもめん)

新潟県小千谷市片貝町で生産されている木綿。さらりとした着心地で、着れば着るほど柔らかくなり、肌に馴染んでくるのが特徴的です。

片貝木綿は、柳宗悦が提唱した民芸運動の一環として、昭和20年代に誕生したそう。ちなみに、民芸運動とは、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用しようという運動です。

現在、宝暦元年(1751年)創業の紺仁染織工房で生産されています。

栃尾紬(とちおつむぎ)

新潟県長岡市の栃尾地区で生産されている絹織物。一見すると綿織物のようですが、絹特有の光沢があり、しぶく目立たないのが特徴的です。

新潟県長岡市の栃尾地区の織物の歴史は古く、垂仁天皇(紀元前29年~70年)の皇子が国造となった時代頃から織られ始めたと言われています。

江戸時代には、農家の副業として栃尾地区全域にわたって生産されており、品質の評判もよく、全国的に流通していたそうです。栃尾紬の発展に大きな影響を与えた江戸時代の殖産家である植村角左衛門貴渡(1739年~1822年)が、貴渡神社に栃尾織物の祖として祀られています。

その後、次第に衰退していき、現在、栃尾紬の織元は1社になっています。

山辺里織(さべりおり)

新潟県村上市山辺里で生産されていた織物。さわやかで、しゃっきりとした風合いが特徴です。

文化年間(1804年~1817年)頃から織られ始めたそうで、現在の新潟県村上市に藩庁を置いた村上藩により奨励され、発展していったと言われています。 当時は「村上平」や「村上縞」と呼ばれていました。

1876年に、山辺里織と名付けられ、日本だけでなく海外にまで輸出されるほど盛んに生産されていましたが、次第に衰退していき、現在、商品として生産されていません。

≫信越・北陸地方の着物一覧へ

富山

福光麻布(ふくみつあさふ)

富山県南砺市福光で生産されている麻織物。

この地域の織物の歴史は古く、平安時代には麻布が織られていたという記録が残っているそうです。江戸初期頃から、加賀藩に奨励されたことにより、盛んに生産され流通していったと言われており、「八講布」「呉郎丸布」「川上布」などと呼ばれていました。

昭和中頃から次第に衰退し、現在、生産量は少なくなっています。

≫信越・北陸地方の着物一覧へ

長野

信州紬(しんしゅうつむぎ)

長野県の上田市、飯田市、松本市、岡谷市、駒ヶ根市周辺などで生産されている絹織物の総称。

現在の長野県にあたる信州は、古くから養蚕が盛んな土地で蚕の国とも呼ばれていました。信州紬の起源は、奈良時代に織られていた「あしぎぬ」と言われています。

江戸時代には、信州に存在していた上田藩や飯田藩、松代藩などの政策により、養蚕が奨励され、信州全域が紬の織物産地として栄えていきました。1748年頃に紬を京都に出荷しており、以後、明治に至るまで毎年のように出荷されていたそうです。

その後、紬織物の生産は減少していき、昭和中頃までは技術保存の名目でわずかに続けられていただけでしたが、第二次世界大戦後、県や市町村の振興策により、再び県下全域で活発な生産が行われるようになり、高級な反物として信州紬の名声が高まっていきました。

現在、産地ごとに豊かな個性があり、主なものは以下です。

■上田紬(うえだつむぎ)
縞や格子柄を基調としています。

■松本紬(まつもとつむぎ)
天蚕糸で織られたものもあり、それは山繭紬といわれています。

■飯田紬(いいだつむぎ)
素朴な手織りの紬です。

■伊那紬(いなつむぎ)
昔ながらの伝統を色濃く残しています。

信州友禅(しんしゅうゆうぜん)

長野県で行われている友禅染。

江戸時代に城下町を中心に発達したと言われています。草木を染料にし、様々な媒染剤で発色させた染料を混ぜ合わせて色を作る「草木染友禅」が特徴的です。

≫信越・北陸地方の着物一覧へ

石川

加賀友禅(かがゆうぜん)

石川県の金沢で染められている友禅染。京友禅東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされています。

加賀友禅は、加賀五彩(藍・黄土・臙脂・緑・墨)を基調色とし、金箔・銀箔や刺繍などによる加飾がほとんど施されていないのが特徴的。

また、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対して、加賀友禅では模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」という表現も特徴的です。

加賀友禅の起源は、室町時代頃から行われていた「梅染」と呼ばれる無地染だと言われています。その後、模様染めが行われるようになり「加賀御国染」と呼ばれるように。江戸初期には、約200軒の紺屋があり、染色技術が確立されていたそうです。

そして、江戸中期頃から京都の友禅染の影響を受けて、更に洗練されていき、また、加賀藩の政策により、保護・育成され発展していきました。江戸後期頃から大正頃にかけてが、加賀友禅の最盛期だったと言われています。

ちなみに、全国に普及し始めてから加賀友禅と呼ばれるようになりました。

現在、着物の需要の低下で、加賀友禅の出荷額は減少していますが、後継者の育成や新製品の開発などの試みが積極的に行われており、加賀友禅のPRのために、毎年秋にミス・コンテストを開催して、ミス加賀友禅も選出されています。

牛首紬(うしくびつむぎ)

石川県の白山山麓、旧白峰村牛首付近で生産されている紬。節の浮いた、強くしっかりとした独特の質感をもつ、光沢のある生地が特徴です。一般的な紬は繭を真綿にしてから糸を紡ぐのに対して、牛首紬は玉繭を使い、繭から糸を直接引き出す方法で糸を採ります。

牛首紬の名称は、生産地である牛首村の地名に由来します。なお、牛首村という地名は、717年頃に白山を開山された泰澄大師が牛頭天皇を村の守護神としてお祀りになったことから、牛頭の文字にちなんで命名されたと言われています。

牛首紬は、1159年の平治の乱に敗れた源氏の落人により伝えられたと言われており、元禄年間(1688年~1703年)頃には、全国に流通し、牛首紬の名で知られていたそう。釘に引っ掛けても破れるどころか、釘を抜くほど丈夫だったことから「釘抜き紬」とも呼ばれました。

昭和初期頃まで盛んに生産されていましたが、生活様式の洋装化などの影響で、次第に生産量が減少していきました。

現在、後継者不足などの問題がありますが、伝統技術は受け継がれています。

能登上布(のとじょうふ)

石川県の能登、羽咋地方で生産されている麻織物。麻独特の通気性の良さや軽さに加え、サラリとした肌触りがあり、細やかな絣模様が特徴です。

江戸中頃までは、織物としては自家用程度で、この地域で生産されていた麻糸は近江上布の原料として使用されていたそうです。

1814年に近江より職人を招いて技法を導入したことにより、品質が改良され、また、加賀藩にも積極的に保護・奨励され発展していきました。当時は「能登縮」や「安倍屋縮」と呼ばれ、近江商人によって全国に広がっていったと言われています。

技術向上の努力が続けられ、明治時代には能登上布の名称が確立し、昭和初期まで盛んに生産されていました。

現在、後継者の育成などの活動が積極的に行われています。

小松綸子(こまつりんず)

石川県小松市で生産されている絹織物。なめらかで光沢があるのが特徴です。紋織を生かした綸子が生産されています。

江戸時代に加賀藩の第2代藩主である前田利常に保護・奨励されたことで、絹織物の生産が盛んになり、織物産業の基盤が確立されたと言われています。

明治時代に入ると、技術が発展していき様々な紋織物が生産されるようになりました。そして、大正時代に紋織の技術を土台として小松綸子が誕生し、昭和中頃まで盛んに生産され、綸子の一大産地となっていきました。

現在、生産量は少なくなっています。

≫信越・北陸地方の着物一覧へ

福井

福井羽二重(ふくいはぶたえ)

福井県で生産されている羽二重。

1887年頃に技術の基礎が確立し盛んに生産されるようになったそうで、コシがあって丈夫、そして、光沢が美しく風合いが柔らかいのが特徴です。

現在、主に着物の裏地に用いられていますが、新製品の開発も行われています。羽二重にちなんで羽二重餅という人気の和菓子も誕生しました。

春江縮緬(はるえちりめん)

福井県坂井市春江町で生産されている縮緬織物。

明治時代から織られ始められたと言われており、その後、改良を加えられながら、発展していき全国に広まっていきました。

越前墨流し(えちぜんすみながし)

福井県武生市で行われている墨流し染め。墨流し染めとは、水面に墨汁を落として、その波紋の模様を紙や布に写し染める技法です。ふたつと同じ模様を染めることができません。

越前墨流しは、1151年に治左衛門により始められたと言われています。この技法は豊臣秀吉にも認められていたそうで、明治時代まで代々の領主により保護されていました。

現在、墨以外の染料も使われています。

≫信越・北陸地方の着物一覧へ

愛知

有松・鳴海絞(ありまつなるみしぼり)

愛知県名古屋市の有松、鳴海地区を中心に生産されている絞り染めの総称。

1610年~1614年にかけて行われた名古屋城築城の手伝いを、現在の大分県にあたる豊後の大名が命ぜられた時に、豊後から連れてきた人によって絞の技法が伝えられ、そして竹田庄九郎という人が木綿に絞り染めを施した手ぬぐいを作り、東海道を往来する旅人へお土産として売り出したのが始まりと言われています。(諸説あります)

その後、現在の愛知県にあたる尾張藩の保護のもと、絞独特の上品で多種多様な技法が考案・開発されました。

有松・鳴海絞の特徴は、その技法の多さにあります。雪花絞・鹿の子絞・巻き上げ絞・蜘蛛入り柳絞・三浦絞・嵐絞・桶絞・筋絞・板締め絞・縫絞などなど100種類以上あるそう。

しかし現在、後継者不足や生産量の減少などにより、かつて100種類以上といわれていた技法が減ってきています。

名古屋友禅(なごやゆうぜん)

愛知県名古屋市、春日井市、西尾市、西春日井郡師勝町で生産されています。京友禅加賀友禅などよりも、質素で落ち着いた色柄で、1つの色の濃淡で絵柄を描く色遣いが特徴的。

第七代尾張藩主・徳川宗春(1730年~1739年)の華やかな尾張文化の時代は、京都や江戸から様々な職人たちが往来を行き交っており、この時に友禅の技法が伝えられたと言われています。

徳川宗春失脚後、質素倹約が励行され、友禅の模様の配色も色数を控えた渋い単彩濃淡調の素朴なものとなっていきました。これが名古屋友禅の特徴となり現在に受け継がれています。

知多木綿(ちたもめん)

愛知県知多市で生産されている木綿。

江戸初期の慶長年間(1596年~1615年)には「生白木綿」として生産され、江戸に送られていたと言われています。生白木綿は綿の繊維そのままで、黄ばんだ色をしていることにより、完成品として扱われず価格も安いものでした。

その後、江戸中期の天明年間(1781年~1789年)に、現在の知多市にあたる岡田村の中嶋七右衛門という人が晒技術を導入して以来、「知多晒」として名声が高まっていきました。そして、知多の晒木綿の生産量は徐々に増加し「知多木綿」として定着していったそうです。

現在、技術の伝承者も数少なくなっていますが、知多木綿の技術伝承・保存を行う活動が行われており、機織り体験ができる場所も何軒かあります。

三河木綿(みかわもめん)

愛知県の三河地方で生産されている木綿。

江戸時代に、三河地方で綿の栽培と綿織物が盛んとなり、綿織物は「三白木綿」として江戸方面に送られていたといわれています。その後、西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」という名で全国に知れ渡っていきました。

現在、手織場が立ち上げられ「三河木綿」「三河縞」の復元と生産が行われています。

≫東海地方の着物一覧へ

岐阜

郡上紬(ぐじょうつむぎ)

岐阜県の郡上八幡地方の普段着から派生した紬で、草木染による素朴な色合いと光沢が特徴です。

郡上八幡地方では、古くから「郡上織」と呼ばれる織物の伝統が受け継がれてきました。

この地に落ちのびた平家の落武者たちが、野生の蚕糸を紡ぎ植物で糸染をして織ったところから、郡上織が始まったと言われています。

普段着として織られていましたが、江戸時代になると急速に衰退していき、その後は農家の自家織として、細々と技術が伝えられていたそうです。

そして第二次世界大戦後、この郡上織の伝統を、宗広力三という人が「郡上紬」として再興、発展させました。こういった経緯があり、郡上紬の柄は、昔からこの地方に伝わる民衆の仕事着や街着の伝統を基本にしたものになっています。

高山憲法染小紋(たかやまけんぽうぞめこもん)

岐阜県高山市で生産されている憲法染小紋。

憲法染とは、江戸時代に剣術家の吉岡憲法という方が開発したと言われており、小紋染の一種で松煙墨を用いた黒染です。

なお、憲法染がいつ誰によって高山に伝えられたのかは明らかではありません。

≫東海地方の着物一覧へ

静岡

注染ゆかた(ちゅうせんゆかた)

静岡県浜松で生産されている注染による浴衣。

注染とは、染料を注ぎ込むという、手拭いや浴衣の独特な染色法です。染料が布に通るため裏表両面とも染まり、ぼかしが効いた深みのある色彩で、さらに通気性にも優れているのが特徴です。

浜松では1887年頃から手拭いの染めの方法として注染が行われており、大正初期に、浴衣染めにも注染が行われるようになったと言われています。その後、注染よる浴衣染めが広まっていき、浜松は注染ゆかたの一大産地となっていきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などにより、注染に関わる事業所も少なくなり、生産量も減少しています。

遠州木綿(えんしゅうもめん)

静岡県浜松を中心に織られている木綿。使えば使うほど、風合い・色合いが馴染んでくるのが特徴です。

遠州地方は綿花の栽培に適した土地だったので、古くから木綿が織られていたと言われています。普段着として人々の生活に根付いており、主に家庭で自家用に生産されていたそう。

江戸末期頃から遠州木綿の生産が事業化されたことで、盛んに生産されるようになりました。しかし昭和中頃、化学繊維の普及や生活様式の洋装化などの影響で、次第に衰退していきました。

現在、生産量は少なくなりましたが、浜松を中心に織り続けられており、「遠州縞プロジェクト」という活動も行われています。

掛川葛布(かけがわくずふ)

静岡県掛川市で生産されている織物。葛の繊維が用いられており、絹や麻にない、やさしい落ち着いた渋みのある光沢が特徴的です。なお、葛布は日本の古代織物のひとつで、ほかに「科布」や「藤布」などがあります。

日本では木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。葛布は縄文時代頃には日本各地で織られていたそうです。

万葉集にも葛布のことが詠まれており、鎌倉時代には武士の乗馬用袴地に用いられていたと言われています。

江戸時代になると、掛川藩に、掛川の葛布が保護・奨励されたこともあって、盛んに生産されるようになり、掛川の特産品として有名になっていきました。ほとんどが裃や袴などに用いられていたそうです。

明治時代に入ると、武士がなくなったことにより、需要が激減しましたが、明治後期からは、襖地として甦り、また、壁紙として外国に多く輸出されるようになりました。

しかしその後、次第に衰退していき職人も少なくなっています。

颯々織(ざざんざおり)

静岡県浜松市で生産されている織物。玉繭から紡いだ貴重な糸と、普通の糸とを一緒に紡ぐためにできる太さのムラが特徴です。

浜松市には、「ざざんざの松」と呼ばれる有名な松があり、それにちなんで「颯々織(ざざんざおり)」と名付けられました。

颯々織は、昭和初期に遠州木綿の織屋である平松実により創作され、その後、様々な賞を受賞するなど目覚しい発展を遂げていきました。

現在、着物のほか、洋服地やネクタイなども生産されています。

≫東海地方の着物一覧へ

三重

松阪木綿(まつさかもめん)

三重県松阪市周辺で生産されている木綿織物。染色方法は藍染めが基本で、縦縞の柄が特徴です。

江戸初期頃から本格的に生産されるようになり、江戸に進出した松阪商人によって広められたと言われています。江戸で人気を博し、江戸に店を構えた三井家(越後屋)などの豪商が木綿問屋として繁盛していました。

なお、松坂木綿の特徴的な縦縞の柄は、現在のベトナムにあたる安南から渡ってきた「柳条布」が起源だといわれています。

明治時代になると、海外から安価な布が輸入されるようになった影響を受け、また、その後の生活様式の洋装化などで衰退していきました。

現在、生産量がわずかになり後継者も少なくなっていますが、松阪木綿の継承・再興の活動が積極的に行われています。「松阪もめん手織りセンター」では、機織り体験ができます。

伊勢型紙(いせかたがみ)

三重県鈴鹿市で生産されている着物の型染めに用いる型紙。突き彫り・縞彫り・錐彫り・道具彫りなどの技法があります。

伊勢型紙の創始者は誰かわかっていません。歴史は古く、起源について様々な説がありますが、室町時代には型紙が使われていたと言われています。

江戸時代に入ると、現在の和歌山県と三重県の南部にあたる紀州藩の保護を受け、鈴鹿市の白子や寺家を中心に発展し、全国に広まっていきました。

現在、布地に染めるための染色用具としてだけでなく、図柄の芸術性が評価され、美術工芸品やインテリアとしても注目されています。

≫東海地方の着物一覧へ

兵庫

丹波布(たんばふ / たんばぬの)

兵庫県の丹波地方で生産されている木綿平織の縞織物。手織りで仕上げられ、絹糸をつまみ糸として緯糸に入れるのが特徴です。

文政年間(1818年~1829年)に、播州木綿の影響を受けて織り始められたと言われています。明治中頃までは「縞貫」や「佐治木綿」と呼ばれ、農家によって盛んに織られており、多くの人に親しまれていました。

しかし、明治末頃に機械織機が発展してきたことなどにより途絶えました。

その後、丹波布は復元されたのですが、きっかけは柳宗悦が京都の朝市で魅力的な織物を見つけたことと言われています。その織物の調査を上村六郎に依頼した結果、佐治木綿であることが判明し、1954年に上村六郎の指導により佐治木綿が復元されたそう。

柳宗悦が「丹波布」の名で紹介して以来、丹波布の名で通るようになりました。

現在、丹波布の技術を伝えていくために様々な活動が行われています。丹波布伝承舘では、機織場や染色場を設け伝習生を育成しており、また、一般の人も体験できるように草木染め教室や機織り講座なども開かれています。

丹波木綿(たんばもめん)

兵庫県の丹波地方で生産されている木綿。藍染による縞や絣の柄が多いのが特徴です。丹波布に対して、丹波木綿は綿糸だけで織られています。

宝永年間(1704年~1710年)頃には、良質の綿が盛んに生産され木綿が織られていたと言われています。その後、明治中頃になると、機械化が進んだことにより手織りの技術が失われていき、第二次世界大戦後には手織り木綿の生産がほとんど行われなくなっていたそうです。

1973年頃に、手織り木綿の技術がなくなってしまうことを惜しむ人々が集まり、昔ながらの製法による手織り木綿を復活させました。

現在、丹波木綿保存会により、丹波木綿の技術継承・保存などの活動が行われています。

≫近畿地方の着物一覧へ

京都

西陣織(にしじんおり)

京都府京都市の西陣地域で生産されている織物の総称。西陣は、日本を代表する絹織物の生産地で、特に袋帯・名古屋帯をはじめとする帯が有名です。ほかにも綴・唐織・羅・錦・緞子・金蘭・御召・紬など、帯から着尺、さらには法衣まで多様な種類の織物が織られています。

5~6世紀頃に秦氏により伝えられた織物技術が起源と言われています。なお、鎌倉時代には、西陣の地域は「雲林」と呼ばれていました。

西陣織は応仁の乱(1467年~1477年)後に大きく発展したそうです。戦火を逃れて避難していた職人たちは、応仁の乱が終わると京都に戻り、応仁の乱の際に西軍の陣地があった辺りに集まって織物作りを再開しました。

「西陣」という地名は、この頃に名付けられたと言われています。この地域が西陣と呼ばれるようになってから、この地域一帯で織られる織物は西陣織と呼ばれるように。

江戸時代には、富裕町人から圧倒的な支持を受けており、また、幕府の保護のもと、西陣織は最盛期を迎えました。

しかし、1730年の「西陣焼け」と呼ばれている火事で、西陣織は大きな打撃を受け、また、その後の天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令などの影響で徐々に西陣織は衰退していきました。

明治維新後、京都府による保護育成が計られることになり、海外の先進的織物技術が導入。1887年頃からその技術も定着していき、西陣は最新にして最大の絹織物産地となっていきます。

こうして西陣織は新しい技術を取り入れることにより、幕末から明治維新にかけての危機を乗り越えました。そして、第二次世界大戦後には、機械化がさらに進み、新しい技術が次々に導入されていきました。

現在、着物の需要の低下が深刻ですが、高級な着物や帯だけではなく、ネクタイやバッグなど多様な製品が生産されています。

京友禅(きょうゆうぜん)

京都で生産されている友禅染。多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴です。

加賀友禅」や「東京友禅」とともに日本三大友禅の一つとされています。

京友禅は、元禄年間(1688年~1703年)に扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたと言われており、友禅の名称は宮崎友禅斎の名前がもとになっているそうです。

色彩豊かで絵画のように緻密な模様を着物に染める友禅染は、人々に絶大な人気を博し全国的に広まっていきました。

ただ、全国的に広まったとはいえ、江戸後期の友禅染は手作業のため生産量はあまり多くなく、しかもたいへん高価だったため、将軍家・諸大名・豪商など一部の人が婚礼衣装などに用いる程度だったと言われています。

明治時代になると、型紙で友禅模様を染める写し友禅が考案されました。これが現在の「型友禅」と呼ばれるもので、大量生産が可能となり、友禅染が多くの人々に広がっていきました。

現在、後継者の育成などの活動が積極的に行われています。

京小紋(きょうこもん)

京都で型紙を用いて染められている小紋。なお、京都の型友禅を京小紋とも呼ばれています。

江戸初期頃に、武士の礼装である裃に細かな模様が染められるようになってから、技術が発達したと言われています。武士の裃として多く使われていましたが、町人文化の発展とともに、次第に庶民の間でも親しまれるようになっていき流行しました。

渋い単色が主体でしたが、京小紋は友禅染の影響を受け、独自に発展していったそうです。多彩色へと変化し、絵画のような豊かな色彩をもったパターンが多く使われ、非常に華やかなデザインを持つようになりました。

現在、昔ながらの小さな文様で型染された小紋のほか、モダンな図案など様々なものがあります。

京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)

京都で生産された鹿の子絞のことです。

代表的なものは疋田絞で、染め残りの四角の中に点が出るのが特徴です。ほかにも一目・帽子・傘巻きなど多彩な技法があります。全体を絞りで埋めたものは「総絞り」、または「総鹿の子」と呼ばれています。

京鹿の子絞りは、江戸中頃に最盛期を迎え、高級な絞り染めとして確固たる地位を築き、模様が小鹿の背の斑点に似ていることから、鹿の子絞りと呼ばれて広まっていったと言われています。

現在、後継者不足が深刻化していますが、新商品の開発や後継者育成の活動が行われています。

丹後縮緬(たんごちりめん)

京都府の丹後地方で生産されている絹織物。生地全面に細かい凸凹状のシボがあることにより、シワがよりにくく、しなやかな風合いに優れていることが特徴です。

浜縮緬とともに縮緬の二大産地とされています。

丹後縮緬は、江戸時代の享保年間(1716年~1735年)に西陣より縮緬織の技術を導入し、織り始められたと言われています。現在の京都府北部にあたる丹後国に存在していた峰山藩による保護政策などもあって、縮緬織が広まっていきました。

1730年の「西陣焼け」と呼ばれている火事で、西陣で絹織物が品不足になったことにより、丹後に注文が殺到し、縮緬の産地としての基盤ができたそうです。

その後、大正時代頃に力織機が導入されことにより産地規模も拡大し、また、時代に合った新商品を開発しながら発展していきました。

現在も新商品の開発が積極的に行われています。

藤布(ふじぬの)

京都府の丹後地方で生産されている織物で、藤の蔓の皮で糸を作り織られています。なお、藤布は日本の古代織物のひとつで、ほかに「科布」や「葛布」などがあります。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。藤布は、縄文時代頃には織られていたと言われており、万葉集にも藤布のことが詠まれているそうです。

藤は山野に広く分布していた植物だったので、手軽な繊維素材として日本各地で織られていましたが、麻が普及するとともに、藤布を織る地域が少なくなり、さらに木綿の普及により急激に衰退していきました。

現在、日本各地の藤布の生産がほとんど絶えてしまいましたが、丹後地方で、その技術が受け継がれています。

≫近畿地方の着物一覧へ

滋賀

浜縮緬(はまちりめん)

滋賀県の長浜地方で生産されている絹織物。なお、浜縮緬とは「長浜縮緬」の略称です。シボが生地に美しい光沢となめらかな肌触り、染色の染まりやすさを生み出しています。後染め用の白生地である一越縮緬が有名です。

丹後縮緬とともに縮緬の二大産地とされています。

浜縮緬は、1752年に中村林助と乾庄九郎によって創始されたと言われています。京都でも好評で生産も順調に伸びていったそう。しかし1754年に、西陣の機業者らにより、浜縮緬の京都での販売は自己市場の独占権を脅かすものとして訴えられました。

その訴えが認められたことにより、浜縮緬は京都で販売禁止となり、大きな打撃を受けました。中村林助と乾庄九郎は状況を打開するために奔走し、一時は投獄されるほどになりましたが、彦根藩の協力もあって、1759年に再び京都で販売することが可能になったという経緯があります。

その後、大幅に生産量が増え、さらに技術改良も進み、大正初期には力織機が導入され大きく発展していきました。

現在、最高級の絹織物として有名です。

近江上布(おうみじょうふ)

滋賀県の湖東地方で生産されている麻織物。近江上布独特の上品な絣模様が特徴です。「しぼつけ」という独特の縮み加工をして仕上げられます。

鎌倉時代に京都の職人が技術を伝えたのが麻織物の始まりと言われています。室町時代には「高宮布」として献上品にも用いられ、その後、近江商人の活躍などにより全国に広がっていきました。

江戸時代になると、彦根藩に保護・奨励されることにより、さらに発展し安定した地場産業となっていったそうです。

現在、生産量は少なくなっていますが、着物だけでなくインテリア用品など新商品の開発も積極的に行なわれています。

秦荘紬(はたしょうつむぎ)

滋賀県の湖東地方で生産されています。

大正時代から昭和初期にかけて、嫁入り支度に自ら機織りをして用意していた着物が秦荘紬の始まりだと言われています。

近江上布に受け継がれる「櫛押絣技法」と呼ばれる技法を真綿紬糸に取り入れられています。また、年数を経るごとに独特の風合いが出て、美しさを増すと言われています。

網糸紬(あみいとつむぎ)

滋賀県で生産されている織物で、江戸時代から織られ始めたそうです。琵琶湖で使用されていた魚網の使えなくなったものや水鳥の羽毛などを糸にして織り込んだ再生織物です。

魚網がヒゲの様に反物の表面に出ることから、髭紬(ひげつむぎ)とも呼ばれており、独特の風合いが特徴的です。千利休が絶賛したとも言われています。

現代、生産量はわずかで、魚網は未使用のものが用いられています。

≫近畿地方の着物一覧へ

奈良

奈良晒(ならざらし)

奈良県奈良市で生産されている麻織物。麻織物を白く晒しあげたもので、肌ざわりが良く、汗をよくはじくのが特徴です。

この地域では古くから麻織物が生産されており、天正年間(1573年~1592年)に清須美源四郎が晒法の改良に成功し、そして、慶長年間(1596年~1615年)には徳川幕府から御用品指定され、布端に「南都改」の朱印が押されるようになったそうです。

急速に発展し、奈良晒は麻織物の一級品として全国に広まっていきました。最盛期の享保年間(1716年~1735年)には、重要な産業になっており、町の9割の人が奈良晒に関する仕事に就いていたと言われています。

その後、「越後上布」「近江上布」「能登上布」などにおされて、さらには明治維新により武士が消滅したことで最大の需要源を失い衰退していきました。

現在、職人の数も生産量も少なくなっています。

大和絣(やまとがすり)

奈良県大和高田市付近で生産されていた織物。木綿の白絣として有名で、かつては「西の大和絣・東の中野絣」と称されるほどだったそうです。

宝暦年間(1751年~1763年)に織物の技術が改良され、大和絣が織られるようになったと言われています。

その後、天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令で、大和絣の需要が増え、絣模様のデザインと染めの良さで人気を博し、盛んに生産されるようになりました。

明治時代には、木綿の白絣として全国的に有名になりましたが、安価な綿の輸入や生活様式の洋装化などの影響により、衰退しました。

≫近畿地方の着物一覧へ

鳥取

弓浜絣(ゆみはまがすり)

鳥取県米子市、境港市の弓ヶ浜半島で織られている藍染の綿織物。「倉吉絣」、島根の「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。「浜絣」とも呼ばれています。

江戸時代に綿花の栽培が始められたそうで、この地域の綿は品質が良く「伯州綿」と呼ばれ、鳥取藩を代表する産業となっていきました。そして、綿を使った織物も盛んになり、これが弓浜絣の起源と言われています。

その後、そして文化年間(1804年~1817年)の頃に、「絵絣」が織られるようになりました。弓浜絣は、山陰地方の絣の中でも特に人気が高く、1874年には絣織物の生産量が全国3位に。

現在、生産量が少なくなっていますが、「浜絣あいの会」が弓浜絣伝承のための活動を行っており、後継者育成も積極的に行われています。

倉吉絣(くらよしかすり)

鳥取県倉吉市で織られている絣織物。絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴的です。「弓浜絣」、島根の「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

江戸末期頃に、「弓浜絣」や福岡の「久留米絣」などの影響を受けて織り始められたと言われています。明治時代になると急速な発展を遂げ、盛んに生産されるようになりました。

しかし大正時代、繊維産業の工業化に伴い、風通織などの高度な技術を機械化することができず次第に衰退。

現在、わずかしか生産されていないようですが、倉吉絣の復興が試みられており、また、「倉吉ふるさと工芸館」では倉吉絣の作品を展示・販売しています。

≫中国地方の着物一覧へ

島根

出雲織(いずもおり)

島根県安来市を中心に生産されている藍染の木綿織物。洗えば洗うほど、独特の深みと美しさが出てくるのが特徴的です。

出雲織は「絣織」から発展したもので、その技法は江戸時代に確立されていたそう。

自家用として織られる程度であまり知られていなかったのですが、1959年頃、青戸柚美江という方の努力により、世に知られるようになりました。

1980年からは、全国から手織りを学びたい方を受け入れて、手織りの技術が伝えられています。また、「出雲織 のき白鳥の里」では、出雲織の製作工程を見学することができます。

広瀬絣(ひろせがすり)

島根県安来市広瀬で生産されている絵絣で、絵模様と幾何模様とを組み合わせた大柄な模様が特徴。鳥取の「弓浜絣」、「倉吉絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

1824年、長岡貞子という女性が弓浜絣の技術を習得し、広瀬で広めたのが始まりと言われています。その後、広瀬藩にも奨励され、各地に広まっていきました。

明治時代までは盛んに生産されていましたが、1915年の大火より打撃を受けたこともあって急速に衰退。現在、わずかしか生産されていないようです。

安来織(やすぎおり)

島根県安来市で生産されている絵絣です。

出雲織と同じく「絣織」から発展したもので、洗えば洗うほど絵模様が鮮明になるのが特徴的。

出雲裂織(いずもさきおり)

島根県で生産されていた再生織物。経糸には麻糸や木綿糸を、緯糸には絹布や綿布の古布を細く裂いたものが用いられていました。

かつては島根県の各地で古布を裂織にしていましたが、現在は衰退しています。

≫中国地方の着物一覧へ

岡山県が産地の着物

作州絣(さくしゅうがすり)

岡山県津山市で生産されていた絣で、素朴な絣模様が特徴的です。

この地域では古くから絹織物が織られていたと言われており、そして江戸時代に綿が栽培されるようになると、自家用の木綿織物が織られるようになりました。

明治時代に入ると、鳥取の「倉吉絣」の技法をもとに絵絣の生産が始められ、絣の織物が盛んになったそうです。ただ、あくまで自家用であって、販売が目的ではなかったため、相当量生産されながらも、その数量ははっきりわかっていません。

時代の流れの中、次第に交通の便が良くなり、他の地方から様々な衣料が入ってくるようになったため、自家生産の必要が無くなり、絣の織物は生産されなくなってしまいました。

その後、1951年に絣の織物が復興され、市場に出すために「作州絣」という名称が付けられました。1955年頃の最盛期には、年間5万反に及ぶほど生産されていましたが、競争が激しくなるにつれ衰退していき、さらに着物の需要の低下も追い打ちとなりました。

現在、継承者がおらず生産が途絶えていますが、復元を目指す活動が行われています。

≫中国地方の着物一覧へ

広島

備後絣(びんごがすり)

広島県福山市、新市町一帯で生産される木綿絣で、藍色の地にはっきりとした絣模様が特徴。愛媛の「伊予絣」、福岡の「久留米絣」とともに日本三大絣の一つとされています。

備後絣は1853年に富田久三郎によって考案され、当初は「文久絣」と呼ばれていました。

備後絣と呼ばれるようになったのは明治時代に入ってから。明治初期に備後絣として全国に出荷されたことで、備後絣の名で知られるようになりました。

機械化・合理化とともに生産を伸ばしていき、最盛期である1960年頃には、年間300万反以上を生産し、国内の絣生産の7割を占めていました。

現在、後継者不足の問題に対して、備後絣協同組合は福山市の伝統的工芸品伝承事業の委託団体に登録したり、「国のふるさと雇用再生事業」を活用したり(2010年5月より2名を新規雇用して研修を実施)、積極的に活動しています。

≫中国地方の着物一覧へ

徳島

阿波しじら織(あわしじらおり)

シボのあるしじら組織の木綿織物。徳島県で作られたのでこの名がつきました。夏用の着尺地で、さらりとした肌触りと藍染が特徴です。

明治初期、この地域で盛んに織られていた「たたえ織」と呼ばれる木綿織物を改良して織られるようになったと言われています。

1869年に阿波しじら織という名がつけられ、日本のみならず海外にも輸出されるようになりました。大正時代には200軒以上の機屋があったそうです。

現在、夏物衣料として人気があり、阿波しじら織のブラウスなどの新製品も開発されています。

阿波藍染(あわあいぞめ)

徳島県で行われている藍染。

はっきりとした年代はわかりませんが、古くから藍染の原料である藍が栽培されてたと言われています。1585年に蜂須賀家政が阿波国に国主として入国し、藍の栽培を保護・奨励したことにより、本格的な産業として藍の栽培が行われるようになったそうです。

その後、吉野川流域は藍の生育に適した肥沃な土地だったため、日本一の藍の産地となっていきました。江戸時代には、「藍と言えば阿波藍」と言われるほどになり、全国の市場をほぼ独占。

現在、栽培・加工技術の改善向上や新用途の開拓など、様々な活動が行われています。なお、徳島県内には藍染体験のできる施設がたくさんあります。

≫四国地方の着物一覧へ

香川

保多織(ぼたおり)

香川県高松市で生産されている木綿織物。さらっとした肌触りで通気性や吸湿性に優れているのが特徴的です。

1689年に、高松藩の藩主であった松平頼重が、京都から織物師である北川伊兵衛常吉を招いて絹織物の製作を命じ、開発させたのが始まりと言われています。松平頼重が「丈夫なことから多年保つ」という意味で保多織と命名しました。

江戸時代は幕府への献上品として使われており、上級武士にしか着用が許されていなかった着物だったそうです。

明治維新後、大衆にも普及させようと、それまで原材料に絹が用いられていた保多織を綿中心で生産するようになり、浴衣やシーツ用など用途を多様化していきました。同時に機械化を進めたことにより大量生産が可能となり、1960年頃に最盛期を迎えたそうです。

現在、着物の需要低下などで衰退し、生産している所はわずかです。

≫四国地方の着物一覧へ

愛媛

伊予絣(いよかすり)

愛媛県松山市で生産されている絣織物。福岡の「久留米絣」、広島の「備後絣」とともに日本三大絣の一つとされています。

伊予絣は、享和年間(1801年~1803年) に、現在の松山市西垣生町付近にあたる今出の出身の鍵谷カナという方によって創作された織物だと言われています。

明治に入ると織機の改良により機械化・量産化が進んだことで、明治中頃からは絣織物の生産量全国1位を誇り、全国の絣織物のおおよそ半分を占めるようになりました。最盛期の生産量は年間200万反以上にものぼります。

現在、生活の洋風化とともに着物の需要は低下し、着尺の生産はごく少量となっています。なお、松山市内にある「民芸伊予かすり会館」では、機織の実演を見ることができるほか、かすり製品を買い求めることができます。

≫四国地方の着物一覧へ

高知

土佐綿紬(とさめんつむぎ)

高知県香南市香我美町周辺で生産されている木綿織物。縞柄と素朴な肌触りが特徴的です。

文化年間(1804年~1817年)の頃、土佐藩が綿花の栽培を奨励しており、その頃から土佐綿紬が織られるようになったと言われています。

かつては「赤岡縞」や「岸本縞」とも呼ばれ、明治・大正時代には普段着として多く着用されていたそうですが、その後、着物の需要の低下などの影響で次第に衰退。

現在、ほとんど生産されていないようです。

≫四国地方の着物一覧へ

福岡

博多織(はかたおり)

福岡県福岡市の博多を中心に生産されている織物の総称。特に有名なものは、独鈷模様と横畝の現れた堅い織り味が特徴の「献上博多」です。

江戸時代に、筑前福岡藩の初代藩主である黒田長政が、「独鈷と華皿文様」の博多織を毎年幕府に献上したことから、それが「献上博多」や「献上柄」と呼ばれるようになりました。

筑前福岡藩は、献上品の品質保持のために織屋株制度を敷いて、織元を12戸に限定したため、江戸時代を通して品質を維持することに成功しましたが、その反面、西陣織などのように産業として大きく発展しなかったともいわれています。

その後、明治時代に織屋株制度が廃止され自由競争になったことで業者が増え、また、品質低下を防止するため、1880年に現在の博多織工業組合にあたる博多織会社が設立。

1885年には、ジャカード機やドビー機が導入されたことにより本格的な機械織生産が始まり、第二次世界大戦後に生産量が過去最高になりました。

現在、後継者不足が進んでいますが、2006年4月に博多織の発展と次世代職人の育成を目的としたNPO法人「博多織技能開発養成学校」が設立され、積極的に後継者の育成が図られています。

ちなみに、福岡市の地下鉄「博多駅」のシンボルマークには献上柄が使われています。

久留米絣(くるめがすり)

福岡県久留米市周辺で生産されている木綿絣で、愛媛の「伊予絣」、広島の「備後絣」とともに日本三大絣の一つとされています。素朴な木綿の風合いと深い藍色、明快な絣模様が特徴。

1800年頃に井上伝という12~13歳の少女が考案した織物と言われており、その後、久留米藩により、産業としての奨励され、日本全国に普及していったそうです。

最盛期である昭和初期頃には、200万反以上もの久留米絣が生産されていました。

現在、生産量は少なくなっていますが、久留米絣を用いた洋服など、新製品の開発が活発です。

小倉織(こくらおり)

福岡県北九州市で織られている縦縞模様が特徴的な木綿織物。「小倉木綿」とも呼ばれています。

起源ははっきりしませんが、江戸初期には小倉織が存在していたと言われており、徳川家康が小倉織の羽織を着用したという記録も残っているそうです。

嘉永年間(1848年~1854年)頃の小倉織の最盛期には、全国に流通するほどでしたが、その後、小倉藩の産業政策の失敗により生産体制を混乱させたことや、長州藩との戦いで職人が離散したことなどの影響で次第に衰退。

明治時代になると一時回復の兆しが見えましたが、社会の変化に対応できず昭和初期に完全に途絶えてしまいました。

しかし1984年、染織家である築城則子が苦労の末に復元に成功。そして現在に至ります。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

佐賀

佐賀錦(さがにしき)

金・銀・漆を貼った特製の和紙を細く裁断したものを経糸に、絹糸を緯糸にし、平織または綾織で織られているのが特徴的な織物。

発祥にはいろんな説があり、江戸時代に鹿島藩の9代目藩主夫人が、病で伏していた時、病室の天井の網代組にヒントを得て考案したという説や、京都から小城藩の鍋島家に嫁いだ女性が、京都で行われていた紙遊び細工から網代組を織りだし、それが発達していったという説などがあります。

明治初期に一時生産が中断されましたが、大隈重信の夫人らにより再興。

1910年にロンドンで行われた日英博覧会にも出品され、これを機に「組錦」や「鹿島錦」と呼ばれていたものが、『佐賀錦』という名称で一般的に使われるようになったと言われています。そして、西陣でも取り入れられ帯地として生産されるようにもなりました。

現在、新商品の開発や後継者育成の活動が積極的に行われています。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

長崎

島原木綿(しまばらもめん)

長崎県島原市で生産されている木綿織物。丈夫で、藍染糸を地色とした素朴な風合いの美しい柄が特徴的です。

江戸時代から織られ始めたそうで、島原藩にも献上されて全国に流通していたと言われていますが、次第に衰退していき昭和初期には生産が途絶えました。

その後、「島原木綿保存会」により復興され、現在に至ります。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

熊本

天草更紗(あまくささらさ)

熊本県天草市で生産されている更紗。異国風の鳥や草花模様が描かれた異国情緒豊かな柄が特徴的です。

ちなみに、更紗とはインド起源の文様染めの織物のこと。ヨーロッパやアジア各地で生産されており、日本で生産されているものは「和更紗」と呼ばれています。

更紗が本格的に日本に輸入されるようになったのは室町末頃と言われており、江戸中頃には輸入した更紗を模倣して日本各地で和更紗が生産されるようになりました。

天草更紗の起源については諸説あり、江戸末頃にオランダ人か京都の職人が更紗の技法を伝えたのが始まりだという説や、江戸時代には存在していなかったという説もあります。(天草更紗に関する資料はほとんどないそう)

現在、天草更紗は、天草の工芸品として積極的にPRされています。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

宮崎

薩摩絣(さつまがすり)

宮崎県都城市で生産されている木綿絣。大島紬とほぼ同じ工程で作られており、大島紬と薩摩絣の違いは「絹」織物か「綿」織物かというぐらいです。

1609年に、薩摩藩が琉球王国を侵略したことで、租税として納めさせることになった「琉球絣」を薩摩絣として全国に販売したことからこの名が付いたそう。元文年間(1736年~1740年)頃には、薩摩藩でも薩摩絣が織られるようになったと言われています。

人気が高く盛んに織られていましたが、大正初期に姿を消し、その後、第二次世界大戦後に、都城市で大島紬の技法を用いた新しい薩摩絣が誕生しました。

これが、現在流通している日本の綿織物の中で最高のものと称される薩摩絣になります。大正時代以前に薩摩絣と呼ばれていた織物とは、また違うものなんですよね。

綾の手紬(あやのてつむぎ)

宮崎県東諸県郡綾町で生産されている絹織物。着物の中では比較的歴史が浅く、1966年に秋山眞和により創製された織物になります。

ルーツは沖縄。

大正時代に、沖縄にて秋山眞和の父である秋山常磐が染織業を営んでいましたが、戦争で沖縄の工場をすべて失ってしまい、1951年に宮崎で再出発をはたしました。その後、秋山眞和が染織業を引継ぎ、宮崎県東諸県郡綾町に工房を創設し、綾の手紬が誕生したそうです。

秋山眞和が主宰する綾の手紬染織工房では、「大和貝紫」という染料の復元や、幻の繭といわれる「小石丸」の商業化に成功させるなど、様々な取り組みが行われています。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

鹿児島

大島紬(おおしまつむぎ)

奄美大島が発祥の絹織物で、光沢のあるしなやかな地風が特徴。「結城紬」と並ぶ高級紬です。

なお、大島紬と一口に言っても、いろいろな種類があります。有名なものは独特の黒褐色の地色をもつ泥染の「泥大島」。ほかにも藍染の糸で織った「藍大島」、藍染・泥染併用の「泥藍大島」、多彩な「色大島」、そして「白大島」、薄地に織った「夏大島」など。

第二次世界大戦中、島から技術者が鹿児島市に疎開したことにより、現在では奄美大島と鹿児島市が主産地になっています。(1947年頃から、宮崎県の都城でも一部、生産されています。)

大島紬の発祥については諸説あり、沖縄の久米島紬の技法が伝わったものであるという説や、中国から伝えられた古代染織がもとになっているという説などがあります。

奄美大島では、奈良時代には養蚕が行われ、手紡糸で紬が生産されていたそう。

1720年には「島役人以外の紬着用を禁じた」という記録があり、この頃には大衆に紬が普及していたことがわかります。ちなみに、なぜ禁じたのか?というと、薩摩藩への貢物となったから。

大衆の紬着用を禁じて、薩摩藩への貢物として作られるようになったことで、当時はあまり多く生産されていなかったと言われています。

1870年代に入ると大島紬は商品として生産されるようになり、この頃から奄美大島独特の泥染めが定着していきました。1897年頃には、需要の増加にともない、織機も居座機から高機へと変えられ、生産能率が向上。

1907年頃には締機が開発され、現在の大島紬の精巧で緻密な柄を作りだす技術ができました。ただ、締機の普及で、手括りによる伝統的な絣作りがなくなったとも言われています。

そして1915年頃から、本絹糸が使われるようになり、1921年頃からほとんどの大島紬が本絹糸で作られるようになりました。

現在の大島紬も「紬」と呼ばれていますが、紬糸ではなく本絹糸を用いて作られています。

串木野木綿(くしきのもめん)

鹿児島県いちき串木野市が産地の木綿織物です。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

沖縄

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)

沖縄県で生産されている型染の染物。文様は日本や中国の風物などが数多く取り入れられ、柄ゆきや華麗な色彩は南国特有のもの。また、藍一色で染めたものは「琉球藍型」と呼ばれています。

琉球紅型の起源は、はっきりとした記録がありませんが、14~15世紀頃の琉球王国は日本本土や中国・東南アジアなどと盛んに交易が行われていたので、その頃に様々な染色品の影響を受けながら、沖縄の気候風土にあった独自の技法を持つ琉球紅型が生まれたと言われています。

王族や貴族など、身分が高い人々の衣装や儀式や礼祭などに用いられる特別なものとして利用されており、身分に応じて色合いや模様の大きさが区別されていたそうです。

18世紀には現在と同じ工程が確立されていたことが文献から明らかになっており、琉球王国の保護のもと、技術が高められ発達していきました。

その後、1871年の廃藩置県、そして琉球王国の解体、第二次世界大戦などで衰退しましたが、戦後に城間栄喜らの尽力により復興。

とはいえ、昔の琉球紅型の中には現在も染色技法がわかっていないものもあるそうです。現在、那覇市首里を中心に生産が続けられています。

芭蕉布(ばしょうふ)

沖縄県に自生している糸芭蕉の繊維から採った糸で織った織物。軽く張りがあり、通気性が良いのが特徴的です。

起源については諸説ありますが、13世紀頃にはすでに織られていたと言われており、奄美大島から与那国島まで至るところで織られ、海外にも輸出されていたそうです。

江戸時代には、日本本土にも芭蕉布が流通していました。

「首里芭蕉布」や「今帰仁芭蕉布」など、それぞれの地域で特色のある芭蕉布が織られていましたが、昭和時代に入ると、特に「喜如嘉の芭蕉布」は品質・生産量ともに著しく向上し、村の品評会では他のものとは分けて審査されるほどだったそうです。

現在、大宜味村喜如嘉を中心に生産されています。

琉球絣(りゅうきゅうかすり)

沖縄県の南風原地区を中心に織られている絣織物。生活道具や動物、自然などを図案化した模様が特徴的です。

1612年頃、琉球の五偉人の一人である儀間真常が、薩摩から木綿の種子と木綿技術を導入したことで、盛んに織られるようになったと言われています。

そして、薩摩藩により「薩摩絣」として販売され全国に流通していきました。

なお、琉球絣はもともと沖縄で生産される絣織物の総称だったので、「宮古上布の紺絣」や「八重山上布の白絣」「久米島紬」「芭蕉布」なども、まとめて琉球絣と呼ばれていたそうです。

現在では、主に南風原地区を中心に生産されている絣織物のことを指し、かつては木綿の紺絣が主でしたが、ほとんどが絹織物になり、色も多彩になっています。

首里織(しゅりおり)

沖縄が琉球王国であった時代の首里で織られていた織物の総称です。

首里では、「首里絣」「首里花織」「首里道屯織」「首里花倉織」「首里ミンサー」など、様々な個性を持つ織物が生み出されていました。

その中でも首里花倉織と首里道屯織には、首里でしか織られていなかった技法が使われているそうです。また、首里花倉織は沖縄の織物の中で最も格式の高い織物と言われており、王家の妃や王女が夏の着物として着用されていました。

高度な技法と沖縄独自の発展を遂げてきた首里織ですが、廃藩置県やその後の第二次世界大戦による影響で、一時消滅の危機に…。

しかし、昭和末頃から活発な復興が図られており、現在では後継者も育成され、首里の伝統的な技法も若い人々に受け継がれています。

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

沖縄本島にある読谷村で生産されている花織の紬織物。上で紹介した「首里花織」に対して、色や柄、そして技法にも南方色が強く見られるのが特徴的です。

首里の上流階級や士族、読谷の人々だけしか着用が許されなかったそうで、琉球王国の保護を受け発展していきました。

1609年に琉球王国が薩摩藩の侵攻を受け服属し、貢納布として納めるようになったことで、より高度な織柄が求められるようになり、さらに技術が向上していったと言われています。

明治中頃、需要が減ったことで次第に衰退し生産が途絶えましたが、1964年に織物の技術者たちにより復興されました。

久米島紬(くめじまつむぎ)

沖縄県久米島で生産されている紬です。沖縄特有の絣模様や、泥染による黒褐色が有名。

沖縄県の三山時代(1322年頃~1429年)に、堂之比屋という人が中国に渡って技術を学び、帰国後、絹織物を織り始めたのが始まりと言われています。

江戸時代、薩摩藩に貢納布として納めるようになった紬を改良するため、1619年に尚豊王の命令により、越前国から坂元普基が来島し養蚕や真綿の製法が新たに伝えられ、その後、薩摩より友寄景友が来島し染色技法を伝えたことにより、飛躍的な進化を遂げたそうです。

久米島紬は、日本本土では「琉球紬」として流通するようになりました。

現在、久米島紬振興のために様々な活動が行われています。1992年には島に「久米島紬の里ユイマール館」が建てられました。

与那国織(よなぐにおり)

沖縄県の与那国島で生産されている織物の総称。

格子縞の中に小さな花模様を表現した「絹の与那国花織」がよく着物に用いられますが、他にも「ドゥタティ」「シダティ」「カガンヌブー」などがあります。

ちなみに、ドゥタティは苧麻から績んだ糸や綿で織られている着物、シダティは手拭いの一種、カガンヌブーは沖縄の他の地域ではミンサーと呼ばれる細帯です。

貢物や自家用として織られていた程度と言われており、その後、第二次世界大戦の影響で生産が途絶えたそうですが、1965年頃に復興され、本格的な産業へと発展していきました。

八重山上布(やえやまじょうふ)

沖縄県の八重山諸島の石垣島などで生産されている麻織物の総称。

八重山上布も、江戸時代に貢納布として薩摩藩へを納めるようになった織物の1つです。人頭税は大変重い負担になりましたが、厳しく監視されたことにより技術が向上し、精巧な織物が完成していったと言われています。

そして薩摩藩により「薩摩上布」として、江戸などに送られ全国に流通していきました。なお、当時、薩摩上布と呼ばれていたものは、この「八重山上布」と「宮古上布」だったそうです。

1903年に貢納布制度が廃止されると、産業として盛んになり大きく発展していきました。その後、第二次世界大戦の影響により生産が途絶えましたが、戦後、復興。

現在、伝統技術の保護活動などが活発に行われています。

八重山交布(やえやまぐんぼう)

沖縄県の八重山諸島で生産されている織物。経糸は綿糸で、緯糸は苧麻あるいは芭蕉、絹などの素材が用いられています。

織技法や模様は八重山上布と変わりはありません。

ミンサー織(みんさーおり)

沖縄県の各地で生産されている綿織物。

竹富島周辺で織られる「八重山ミンサー」が代表的で、畝のある厚手な地風と、市松状に配した四つ玉・五つ玉の絣柄と縞の組み合わせが特徴です。

ミンサーという言葉の由来は、綿で織られた幅が狭い帯(綿狭)からきたと言われています。

市松状に配した四つ玉・五つ玉の絣柄は、「いつ(五)の世(四)までも変わらぬ愛を誓う」という意味があり、男性に求婚された女性が、返事代わりに幅の狭い織物を自分で織り、贈っていたそうです。また、ムカデの足のような柄には「足しげくおいでください」という意味があります。

主に男性用の帯に使われていましたが、現在、女性用の帯のほかにも財布や名刺入れなど様々な製品が作られています。

宮古上布(みやこじょうふ)

沖縄県の宮古島で生産されている麻織物。ロウを引いたような独特の光沢感と、軽く薄い地風、精緻な絣柄などが特徴です。

由来は、1583年に進貢船を難破から救った男へ褒美として琉球王より特別な役職が任命。男の妻である稲石刀自が、そのことを喜び、感謝の気持ちをこめて麻織物を貢上したそうで、この麻織物と同じ技術で生産された織物は宮古上布と呼ばれるようになったと言われています。

その後、江戸時代には貢納布として薩摩藩に宮古上布を納めるようになり、八重山上布と共に「薩摩上布」として江戸などに送られ全国に流通していきました。

第二次世界大戦などの影響で次第に衰退していきましたが、最盛期には日本の麻織物の最優秀品として様々な栄誉を受けています。

現在、宮古島市体験工芸村で宮古上布を織る体験ができます。

宮古織(みやこおり)

沖縄県の宮古島で生産されている織物。

経糸に木綿・緯糸に麻(ラミー)を使っているのが特徴です。

≫沖縄・九州地方の着物一覧へ

着物や織物の産地まとめ

以上、着物や織物の産地ごとの簡単な特徴・歴史をまとめて紹介させていただきました。

着物の産地って、現在ではあえて興味を持たないとなかなか知る機会がないため、あまり知られることがなくなってきた(ひっそりと生産が途絶える着物も多い)んですが、ほんと様々な着物が全国各地で織られているんですよね。

着物の産地情報に興味ある方の参考になればと思います。

着物買取おすすめランキング2018年版。相見積もりで比較するならココ - 着物買取マニア
このサイトについて 元呉服屋店員です。「めっきり着なくなった着物を整理したい…。」そう思い、着物買取サービスについてとことん調べたので、備忘録としてこのサイトを作りました。 このサイトでは、色々な着物買取業者の口コミ/評判やサービス...
着物の処分方法をまとめて紹介【リメイク/あげる/捨てる/売る】
着物は不要だと思っていても、なかなか処分しづらいですよね。しかし、家の収納は有限です。この記事では、不要な着物を処分したい…!ってとき、着物にはどういった処分方法があるのか?まとめて紹介していきます!