古い着物を高く売るコツとは?損しないために知っておきたいこと

着物を売るならできれば高く売りたいもの。

この記事では、古い着物を高く売るコツを紹介していきますので、着物買取サービスの利用で損はしたくない…!って方は、ぜひ目を通していただければと思います。

古い着物を高く売るコツ

着物が高く売れるかどうかは、着物そのものの価値やサイズ、また、保管・管理といった日々の積み重ねが重要な要素を占めます。

着物を売ろうと思った時点ではどうすることもできない要因が多いんですよね。そのため、必然的に古い着物を高く売るコツはシンプルになります。

できるだけ早く売る
「証紙」など付随するものを全て用意する
複数社で買取価格を比較する

では、それぞれ詳しく書いていきますね。

できるだけ早く着物を売る

着物の買取価格において「保存状態」はとても重要なポイントです。どんなに高価で価値のある着物でもボロボロでは、どうしても買取価格が安くなってしまうんですよね。

にもかかわらず、着物って定期的に虫干ししたり、保管場所に気を配ったりと、しっかり管理しておかなければ、着用せずとも痛んできます

綺麗なはずが、数年ぶりにタンスから出したら、「なんか黄ばんでる…」「こんなところにシミがあったっけ?」ってことがよくあるのが着物です。

どんな状態であろうと、着物を売ろうと思った時点が手持ちの着物の一番綺麗な状態。「また今度売ろう…」「また今度売ろう…」と先延ばしにしていれば、さらに状態が悪化してくるので、古い着物を売る!と決めたなら、できるだけ早く売ったほうが高価買取に繋がるということです。

シミや汚れのある着物は事前に綺麗にしたらいいのでは?

上で書いたように、保存状態の良い着物のほうが高く売れるので、事前に綺麗にしたらいいのでは?という疑問が出てくるのは当然…、ですがやめたほうがいいですよ。

シミ抜きなど着物のお手入れって、けっこうお金がかかるんですよね。確かに事前に綺麗にすると、シミや汚れがあった状態に比べて高く売れる可能性は出てくるんですが、お手入れ代を差し引くと赤字になる可能性のほうがはるかに大きいです。

逆に、なぜお手入れに出すと赤字になるような古い着物でも買取可能なのか?というと、買取業者は格安で着物のお手入れができるからです。(綺麗にしなくてもさばける販路を確保している、というのも理由の1つ)

・業者は、大量の着物を出すのでお手入れ代が格安料金になっている
・そもそも自社で着物のお手入れができる

着物買取業者は、業者価格のお手入れ代を考慮して、査定額を出しているので、多少買取価格が安くなっても個人でお手入れに出してから依頼するより、結局はそのまま査定してもらうのが、収支的に一番お得になるというわけです。

「証紙」など付随するものを全て用意する

証紙とは着物の価値を証明するものです。

全ての着物に証紙が付いているわけではありませんし、もちろん証紙がなくても問題なく売れます。また、証紙がある着物だからといって、絶対に高く売れるとは限りません。ただ、証紙があることで、査定にプラスに働くことはあってもマイナスになることはないんですよね。

古い着物を高く売るために、証紙があるなら用意するに越したことはないので、必ず売る予定の着物の証紙を探すようにしましょう。

ちなみに、どこを探せばいいのか?というと、大概は着物を仕立てたときの端切れにくっついていることから、捨てていなければ、売る予定の着物と一緒のたとう紙に入っていたり、同じ保管場所にしまっていたりしますので確認してみてください。

他にも和装小物に意外な値段が付いたり、帯のほうが高く売れるケースもあります。また、着物一式まとめて売ることで買取価格に色がつく場合もあるので、古い着物に付随するものはまとめて査定してもらうのが高く売るコツになります。

複数社で買取価格を比較する

古い着物を高く売るコツとして最も効果があるのが「買取価格の比較」です。

上で紹介した2項目は着物に詳しい業者に依頼してこその話。複数社で買取価格を比較することで、古い着物の価値がわかっていない(買取価格が極端に安い)業者は一目瞭然にできますし、なによりも簡単に実践できるんですよね。提示された買取価格の一番高い業者に売るだけです。

利用料金についても着物買取サービスの査定は無料なので、これを有効活用しない手はありません。なお、買取価格を比較するにあたってのおすすめ業者は着物買取ランキングの記事にて紹介していますので、あわせて読んでいただければと思います。

着物買取サービスの利用が古い着物を高く売る方法として最適なの?

最後に、そもそもの話を紹介しますね。

答えは『』です。場合によっては最適ではありません。

正直な話、ヤフオクやメルカリといったサービスを利用して、必要としている個人へ直接売ったほうが高く売れる可能性があるんですよね。というのは、着物買取業者の買取とは言わば「仕入れ」だからです。買取した着物を売ることで、その差額が着物買取業者の利益になっています。

「買取した着物の販売価格」>「着物の買取価格」

わかりやすく書くと上記のようになっているということです。

そして、着物買取業者は買取した着物の販路の1つとして、ヤフオク等を使っている業者も多いです。つまり、自分で売れば、シンプルに考えて上でいうところの「買取した着物の販売価格」で着物が売れるというわけです。

着物買取サービスで売るより、古い着物が高く売れるのは明白ですよね。

ただ、この話の重要ポイントは『着物の知識が豊富なことが大前提』ということです。

自分で売るとなると、最低でも(*1)自分の着物の価値を把握していなければ、高く売れないだけではなく、もしかしたら着物買取業者に買取してもらうより、安く着物を売ってしまう可能性まで十分にあるんですよね。

(*1)着物の知識があってスタートラインです。ライバルは中古着物販売のプロ達になってくるので、高く売るためには相場観や着物の種類によって売るタイミングを考えたり、集客方法にも工夫が欲しいところ。

また、着物買取サービスと違って多くの手間もかかってきます。

上記のことから、高く売る目的で、自分で古い着物を売るのは

・着物の知識が豊富
・着物を売るのに手間暇をかけれる

って方ならおすすめ、一度チャレンジしてみる価値のある方法になります。

労力とそれに見合うリターンを考慮して自分で売るかどうか決めてくださいね。誰に対しても平等にコスパが良いのが、このサイトで紹介しているような着物買取サービスになります。

≫着物買取おすすめランキングへ