着物買取が安い理由を徹底的に解説。なぜ安くなる?

50万円で買った振袖が1,000円に。なんてことがよくあるのが着物買取です。

なぜ、そんなに着物の買取価格が安くなってしまうのだろうか?この記事では、着物買取が安い理由を、着物業界に一歩踏み込みつつ、わかりやすく徹底的に解説していきます…!

着物買取が安い理由

【着物の需要の減少】

これが、着物買取が安い根本的な原因です。

ただ、「今に始まった話ではない」というのがポイントで、長年にかけての着物の需要の減少が様々な着物買取が安い要因に派生しています。

現在、需要がないから極端に買取価格が安くなるという単純な話ではないんですよね。

そもそも着物の購入価格が適正だったのか問題

着物の需要の減少がまず何をもたらしたかというと、着物業界の変化です。

洋装が日本に入ってきた影響による着物の需要の低下で、着物業界がとった一手は礼装特化です。着物の礼装は今でも一定の需要がありますし、需要があるほうへ力を入れるのは経営戦略としては当然です。

しかし、着物業界は、やりすぎた…。

「展示会での囲い込み商法」「買うまで帰さない」「強引にローンを組ます」など、悪質な着物屋が蔓延したんですよね。

そのせいか、着物の需要は減ってるのに業界全体の売上は年々増えている、というちょっと異常な状態になっていました。(売り上げが増えたのは昭和末頃まで。ちなみに、当時の業界最大手はもう倒産しています。)

・着物の値段を高くすると売れる
・逆に安くすると売れない
・無名でも作家ものというだけで、高いお金を払ってくれる

上記は嘘のようなホントの話です。このような状態に甘えて、いい加減かつ強気の価格設定をしてしまった着物屋がたくさんある時代に、購入した着物が今タンスに多く眠ってるんですよね。

そのため、着物の買取を依頼すると、購入金額に比べて『え!?』となるような安い買取価格になることがあるというわけです。

昔の着物はいいものも多い

なお、誤解のないように書きますが、昔の着物はいいものも多いです。

悪質な着物屋が多かったとはいえ、業界にお金が回っていたので、値段相応のいい着物もよく出回っていたんですよね。着物の職人さんたちが今より元気だったということもあります。

ようは、いい着物は高く買取してくれるし、そんなに価値のない着物は安くなるというだけなんですが、上で紹介した着物業界の時代背景もあって、購入価格に対してかなり安い買取価格になる着物も多いということです。

着物に詳しい人がいなくなってきた問題

続いて現在の話です。

長年の着物の需要の減少で、じわじわと着物に詳しい人が少なくなってきています。

それがどう着物買取が安い理由と関わってくるのか?というと主なものは以下2つ。

1. 着物の価値がわからない

どんなにいい着物でも、その価値がわからない人に査定してもらうと買取価格が安くなります

当たり前の話なんですが、『ちゃんとしたところで買取してもらったら、けっこういい値がつくのに…!』っていう着物でも、キロいくらとかで買取してる業者に依頼してしまうケースが多々あるんですよね。

着物に詳しい人が少なくなっているので、売る方も買う方も着物に詳しくないってことが、余裕で起こりうる状態になっているということです。

そして売るほうは着物買取は安いものなんだと納得して売ってしまう…。

そうなったら、ほんともったいないので、少しでも高く着物を売りたいなら着物の知識が豊富な査定員を揃えている業者に依頼するようにしましょう。

着物買取の口コミ/評判!本音のおすすめランキング【着物買取情報.com】
このサイトについて 元呉服屋店員です。「めっきり着なくなった着物を整理したい…。」そう思い、着物買取サービスについてとことん調べたので、備忘録としてこのサイトを作りました。 このサイトでは、色々な着物買取業者の口コミ/評判やサービス...

2. 着物の管理方法がわからない

着物は家にあるけど、家族の中に1人も着物のことがわかる人がいない…。

着物に詳しい人が少なくなってきた今ではあるあるです。着物のたたみ方すら誰1人知らないこともあるぐらい。(今や成人式後に振袖を片付ける無料サービスを実施している着物屋も多いです)

着物の管理方法がわからない方が多数派になってきているので、『長年タンスの中にしまったまま放置されている』という着物も必然的に多くなっています。

で、着物はほったらかしておくとどうなるのか?というと、「カビ」「シミ/変色」などのトラブルが発生しやすくなるんですよね。仕舞うときは綺麗だったのに、数年ぶりにタンスから出したらなんか痛んでる…!ってことがあるのはこのためです。

『着物の保存状態』は買取価格において重要な要素を占めます

つまり、着物をしっかり管理できる方が少なくなってきたことにより、本来の価値よりグッと安くなった着物が多くなってきているということです。保存状態によっては安いどころか、最悪、値段すらつかないことも十分にありえます。

着物のサイズ問題

最後に着物のサイズ問題についてです。

食生活や生活習慣の変化の影響で昔より平均身長が伸びているため、古い着物は小さくて着ることができない…って方が多いんですよね。

特に裄丈(手の長さの部分)。

普段着として着物を着る場合、慣れた方なら着付けやコーデでなんとかごまかせます(限度はある)が、式典など礼装として着物を着るなら裄の短い着物は正直きびしいものがあります。

『今と昔の平均身長の違い』という、どうすることもできない理由になってくるんですが、こういった事情で、昔の着物は買取価格が安くなりがちというわけです。

逆にいえば、昔の着物でもサイズが大きいものは高く売れる傾向にあるということです。

着物によっては裄丈を伸ばせる!けど…

ちなみに、着物によっては裄丈はもちろん、いろんな箇所のサイズを伸ばすことが可能です。

ただ、自分でできれば、お金はかからないんですが、着物以上に「和裁」に詳しい方がいなくなっているので、大概は業者に依頼し、費用をかけて直すことになるのが現状なんですよね。

その分の費用が買取価格に影響してくるため、直せるといっても、結局は大きい着物に比べて小さい着物の買取価格が安くなりがちなのは変わりありません。

着物買取が安い理由まとめ

以上、着物買取が安い理由でした。

着物の需要が減少していることを前提として、

・購入価格が高すぎた可能性
・買取業者が着物の価値をわかっていない
・保存状態が悪くなっている
・昔の着物はサイズが小さい

といった様々な要因が絡んで着物の買取価格は安くなります。

『査定してもらったら予想以上に安かった…。』『着物買取が安いって噂を聞くけど、なぜなの?』と、着物の買取価格に対して疑問に思ってる方の参考になればと思います。