山形の着物買取。置賜紬や科布など着物を売るならおすすめはココ!

山形県の着物買取情報ページです。

このページで記載している山形の着物買取情報は以下になります。

山形県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは山形が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

山形のおすすめ着物買取店

山形県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

山形の買取対応エリア

[市]
山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市

[東村山郡]
山辺町、中山町

[西村山郡]
河北町、西川町、朝日町、大江町

[北村山郡]
大石田町

[最上郡]
金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村

[東置賜郡]
高畠町、川西町

[西置賜郡]
小国町、白鷹町、飯豊町

[東田川郡]
三川町、庄内町

[飽海郡]
遊佐町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

山形の着物買取

置賜紬(おいたまつむぎ)

山形県米沢市、長井市、白鷹町を中心に生産されている織物の総称。「米沢紬」「長井紬」「米琉」「白鷹御召」「紅花紬」などがあります。

■米沢紬(よねざわつむぎ)
植物染による素朴な味わいが特徴。

■長井紬(ながいつむぎ)
緯絣、または経緯絣で織り表した絣模様が特徴。

■米琉(よねりゅう)
琉球の影響がうかがえる織物。米沢琉球の略です。

■白鷹御召(しらたかおめし)
独特の板締め技法による小絣と鬼シボといわれる大きな凸凹が特徴。

■紅花紬(べにばなつむぎ)
染色に紅花を用いた紬。

江戸時代に、米沢藩が奨励したことにより発展したと言われています。

慶長年間(1596年~1615年)、米沢藩の初代藩主である上杉景勝の奨励により、産地としての体制が整いました。その後、米沢藩の第9代藩主であり、領地返上寸前とまでいわれていた藩の財政を建て直すきっかけを作ったと言われる上杉鷹山が、殖産興業の一環として本格的に奨励。

越後や京都から織物職人を呼び、その技術を学ばせることにより、米沢藩の絹織物は飛躍的に発展していったそうです。

各地域で伝承されてきたものが、1976年に置賜紬として伝統的工芸品の指定を受けることとなりました。現在、新製品の開発や後継者の育成などの取り組みが行われています。

置賜紬の着物買取ならおすすめはココ

科布(しなふ / しなぬの)

しなの木の繊維で織られている日本の古代織物のひとつ。古代織物は、科布のほかに「葛布」や「藤布」などがあります。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。科布は、縄文時代頃には織られていたと言われています。平安時代の三代格式の一つである延喜式の中には、朝廷に科布を納めていたことが分かる記録が残っているそう。

北越の各地に、しな織りが見られたと言われていますが、明治時代になると、紡績技術の発展による綿製品の普及の影響で、多くの産地が衰退し生産が途絶えました。

現在では、新潟県と山形県の羽越国境でのみ織り継がれており、後継者育成や原材料の植林などが行われています。

科布の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング