鳥取の着物買取。弓浜絣や倉吉絣など着物を売るならおすすめはココ!

鳥取県の着物買取情報ページです。

このページで記載している鳥取の着物買取情報は以下になります。

鳥取県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは鳥取が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

鳥取のおすすめ着物買取店

鳥取県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

鳥取の買取対応エリア

[市]
鳥取市、倉吉市、米子市、境港市

[岩美郡]
岩美町

[八頭郡]
若桜町、智頭町、八頭町

[東伯郡]
三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町

[西伯郡]
日吉津村、大山町、南部町、伯耆町

[日野郡]
日南町、日野町、江府町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

鳥取の着物買取

弓浜絣(ゆみはまがすり)

鳥取県米子市、境港市の弓ヶ浜半島で織られている藍染の綿織物。「倉吉絣」、島根の「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。「浜絣」とも呼ばれています。

江戸時代に綿花の栽培が始められたそうで、この地域の綿は品質が良く「伯州綿」と呼ばれ、鳥取藩を代表する産業となっていきました。そして、綿を使った織物も盛んになり、これが弓浜絣の起源と言われています。

その後、そして文化年間(1804年~1817年)の頃に、「絵絣」が織られるようになりました。弓浜絣は、山陰地方の絣の中でも特に人気が高く、1874年には絣織物の生産量が全国3位に。

現在、生産量が少なくなっていますが、「浜絣あいの会」が弓浜絣伝承のための活動を行っており、後継者育成も積極的に行われています。

弓浜絣の着物買取ならおすすめはココ

倉吉絣(くらよしかすり)

鳥取県倉吉市で織られている絣織物。絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴的です。「弓浜絣」、島根の「広瀬絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

江戸末期頃に、「弓浜絣」や福岡の「久留米絣」などの影響を受けて織り始められたと言われています。明治時代になると急速な発展を遂げ、盛んに生産されるようになりました。

しかし大正時代、繊維産業の工業化に伴い、風通織などの高度な技術を機械化することができず次第に衰退。

現在、わずかしか生産されていないようですが、倉吉絣の復興が試みられており、また、「倉吉ふるさと工芸館」では倉吉絣の作品を展示・販売しています。

倉吉絣の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング