徳島の着物買取。阿波しじら織など着物を売るならおすすめはココ!

徳島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している徳島の着物買取情報は以下になります。

徳島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは徳島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

徳島のおすすめ着物買取店

徳島県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

徳島の買取対応エリア

[市]
鳴門市、徳島市、小松島市、吉野川市、阿波市、阿南市、三好市、美馬市

[名西郡]
神山町、石井町

[名東郡]
佐那河内村

[板野郡]
板野町、北島町、松茂町、藍住町、上板町

[勝浦郡]
勝浦町、上勝町

[那賀郡]
那賀町

[海部郡]
海陽町、美波町、牟岐町

[三好郡]
東みよし町

[美馬郡]
つるぎ町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

徳島の着物買取

阿波しじら織(あわしじらおり)

シボのあるしじら組織の木綿織物。徳島県で作られたのでこの名がつきました。夏用の着尺地で、さらりとした肌触りと藍染が特徴です。

明治初期、この地域で盛んに織られていた「たたえ織」と呼ばれる木綿織物を改良して織られるようになったと言われています。

1869年に阿波しじら織という名がつけられ、日本のみならず海外にも輸出されるようになりました。大正時代には200軒以上の機屋があったそうです。

現在、夏物衣料として人気があり、阿波しじら織のブラウスなどの新製品も開発されています。

阿波しじら織の着物買取ならおすすめはココ

阿波藍染(あわあいぞめ)

徳島県で行われている藍染。

はっきりとした年代はわかりませんが、古くから藍染の原料である藍が栽培されてたと言われています。1585年に蜂須賀家政が阿波国に国主として入国し、藍の栽培を保護・奨励したことにより、本格的な産業として藍の栽培が行われるようになったそうです。

その後、吉野川流域は藍の生育に適した肥沃な土地だったため、日本一の藍の産地となっていきました。江戸時代には、「藍と言えば阿波藍」と言われるほどになり、全国の市場をほぼ独占。

現在、栽培・加工技術の改善向上や新用途の開拓など、様々な活動が行われています。なお、徳島県内には藍染体験のできる施設がたくさんあります。

阿波藍染の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング