徳島市や阿南市など【徳島県の着物買取情報】おすすめ買取店はココ!

徳島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している徳島の着物買取情報は以下になります。

徳島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは徳島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

徳島のおすすめ着物買取店

徳島県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、徳島県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

徳島の買取対応エリア

[市]
鳴門市、徳島市、小松島市、吉野川市、阿波市、阿南市、三好市、美馬市

[名西郡]
神山町、石井町

[名東郡]
佐那河内村

[板野郡]
板野町、北島町、松茂町、藍住町、上板町

[勝浦郡]
勝浦町、上勝町

[那賀郡]
那賀町

[海部郡]
海陽町、美波町、牟岐町

[三好郡]
東みよし町

[美馬郡]
つるぎ町

徳島の着物買取

阿波しじら織(あわしじらおり)

シボのあるしじら組織の木綿織物。徳島県で作られたのでこの名がつきました。夏用の着尺地で、さらりとした肌触りと藍染が特徴です。

明治初期、この地域で盛んに織られていた「たたえ織」と呼ばれる木綿織物を改良して織られるようになったと言われています。

1869年に阿波しじら織という名がつけられ、日本のみならず海外にも輸出されるようになりました。大正時代には200軒以上の機屋があったそうです。

現在、夏物衣料として人気があり、阿波しじら織のブラウスなどの新製品も開発されています。

阿波しじら織の着物買取を依頼してみる(無料)

阿波藍染(あわあいぞめ)

徳島県で行われている藍染。

はっきりとした年代はわかりませんが、古くから藍染の原料である藍が栽培されてたと言われています。1585年に蜂須賀家政が阿波国に国主として入国し、藍の栽培を保護・奨励したことにより、本格的な産業として藍の栽培が行われるようになったそうです。

その後、吉野川流域は藍の生育に適した肥沃な土地だったため、日本一の藍の産地となっていきました。江戸時代には、「藍と言えば阿波藍」と言われるほどになり、全国の市場をほぼ独占。

現在、栽培・加工技術の改善向上や新用途の開拓など、様々な活動が行われています。なお、徳島県内には藍染体験のできる施設がたくさんあります。

阿波藍染の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、徳島の着物買取店

徳島県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している徳島のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して徳島で着物を売ることができます

ただ、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ徳島県でも利用できる全国規模のお店になります。

もちろん安心して利用できるんですが、地元に根付いたお店のほうがなんとなく良いかも…って方もいるかと思うので、以下、参考情報として徳島県にある着物買取店を紹介しますね。

公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる徳島の着物買取店は『2件』です。

きもの ふりく

住所徳島県徳島市助任橋2丁目34-3 大井ビル2F(Googleマップ
営業時間11:00-18:30(月~土)/12:00-18:00(日・祝)
定休日水曜日と木曜日
公式HPhttp://kimono-furiku.com/

きもの阿波和

住所徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜339(Googleマップ
営業時間9:00~18:00
定休日日曜日
公式HPhttp://www.kimono-awawa.com/

↑徳島のおすすめ着物買取店に戻る