栃木の着物買取。足利銘仙や佐野縮など着物売るならおすすめはココ!

栃木県の着物買取情報ページです。

このページで記載している栃木の着物買取情報は以下になります。

栃木県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは栃木が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

栃木のおすすめ着物買取店

栃木県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

栃木の買取対応エリア

[市]
宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市

[河内郡]
上三川町

[芳賀郡]
益子町、市貝町、芳賀町、茂木町

[下都賀郡]
野木町、壬生町

[塩谷郡]
塩谷町、高根沢町

[那須郡]
那須町、那珂川町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

栃木の着物買取

(*)栃木県小山市と茨城県結城市で生産されている「結城紬」の情報については、茨城の着物買取ページに記載しています。

足利銘仙(あしかがめいせん)

栃木県足利市で生産されている先染織物。緯糸に絣糸をもちいた半併用という立体感のある織りが特徴的です。

大正時代から昭和初期にかけて、足利銘仙の生産が盛んに行われており、1940年頃には銘仙の生産高全国1位に。その後、洋装化などによる着物の需要の低下の影響で、足利銘仙の生産量が減少していきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などで、生産されるのが困難になりつつありますが、足利銘仙ソックスなどの新商品も開発されています。また、斬新な図柄が注目されており、足利銘仙のデザインを後世に残そうと、デジタル化して保存する事業も進められています。

足利銘仙の着物買取ならおすすめはココ

佐野縮(さのちぢみ)

栃木県佐野市付近で生産されている綿縮。

綿縮とは、経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて織り上げたあと、のり抜き・精練して布面にしぼを出した綿の縮織りのことです。

佐野縮の着物買取ならおすすめはココ

真岡木綿(もおかもめん)

栃木県真岡市付近で生産されていた白木綿の織物。結城紬の影響をうけ、綿を手紡ぎ・手織したので、繊細で絹のような地合いの織物だったと言われています。

江戸時代、真岡木綿は盛んに生産されており、最盛期には、木綿といえば真岡木綿といわれるほど絶大な人気を誇り、有名だったそうです。

明治時代に入ると、開国による輸入綿糸におされて次第に衰退し、第二次世界大戦後には生産が途絶えました。その後、真岡木綿をもう一度復活させようと、昭和末頃に保存振興会が設立。

現在、かつての技術を踏まえながら技術伝承の活動が行われています。2008年には、機織体験や製品づくりの見学などができる「真岡木綿会館」がオープンしました。

真岡木綿の着物買取ならおすすめはココ

益子木綿(ましこもめん)

栃木県芳賀郡益子町で生産されている木綿織物。

江戸時代には、真岡の木綿問屋から全国各地に出荷されたため、真岡木綿として販売されていたそうです。

現在の益子木綿は、真岡木綿と藍染の伝統を守るために、200年の歴史をもつ紺屋の日下田博という方が1960年に始めたもの。先染の縞物と、白木綿を正藍で染めた型染があります。

益子木綿の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング