【栃木県の着物買取情報】持ち込み店はある?足利銘仙の紹介も

栃木県の着物買取情報ページです。

このページで記載している栃木の着物買取情報は以下になります。

栃木県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは栃木が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

栃木のおすすめ着物買取店

栃木県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、栃木県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。

バイセルの公式サイトはこちら
バイセル着物買取の口コミ/評判

なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

関連 着物買取おすすめランキング!着物買取業者はどこがいい?本音で比較

栃木の着物買取対応エリア

[市]
宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市

[河内郡]
上三川町

[芳賀郡]
益子町、市貝町、芳賀町、茂木町

[下都賀郡]
野木町、壬生町

[塩谷郡]
塩谷町、高根沢町

[那須郡]
那須町、那珂川町

↑栃木のおすすめ着物買取店に戻る

栃木が産地の着物

(*)栃木県小山市と茨城県結城市で生産されている「結城紬」の情報については、茨城の着物買取ページに記載しています。

足利銘仙(あしかがめいせん)

栃木県足利市で生産されている先染織物。緯糸に絣糸をもちいた半併用という立体感のある織りが特徴的です。

大正時代から昭和初期にかけて、足利銘仙の生産が盛んに行われており、1940年頃には銘仙の生産高全国1位に。その後、洋装化などによる着物の需要の低下の影響で、足利銘仙の生産量が減少していきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などで、生産されるのが困難になりつつありますが、足利銘仙ソックスなどの新商品も開発されています。また、斬新な図柄が注目されており、足利銘仙のデザインを後世に残そうと、デジタル化して保存する事業も進められています。

佐野縮(さのちぢみ)

栃木県佐野市付近で生産されている綿縮。

綿縮とは、経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて織り上げたあと、のり抜き・精練して布面にしぼを出した綿の縮織りのことです。

真岡木綿(もおかもめん)

栃木県真岡市付近で生産されていた白木綿の織物。結城紬の影響をうけ、綿を手紡ぎ・手織したので、繊細で絹のような地合いの織物だったと言われています。

江戸時代、真岡木綿は盛んに生産されており、最盛期には、木綿といえば真岡木綿といわれるほど絶大な人気を誇り、有名だったそうです。

明治時代に入ると、開国による輸入綿糸におされて次第に衰退し、第二次世界大戦後には生産が途絶えました。その後、真岡木綿をもう一度復活させようと、昭和末頃に保存振興会が設立。

現在、かつての技術を踏まえながら技術伝承の活動が行われています。2008年には、機織体験や製品づくりの見学などができる「真岡木綿会館」がオープンしました。

益子木綿(ましこもめん)

栃木県芳賀郡益子町で生産されている木綿織物。

江戸時代には、真岡の木綿問屋から全国各地に出荷されたため、真岡木綿として販売されていたそうです。

現在の益子木綿は、真岡木綿と藍染の伝統を守るために、200年の歴史をもつ紺屋の日下田博という方が1960年に始めたもの。先染の縞物と、白木綿を正藍で染めた型染があります。

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、栃木の着物買取店

栃木に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる栃木の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ栃木県でも利用できる全国規模のお店になります。

栃木県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している栃木のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して栃木で着物を売ることができますよ。

↑栃木のおすすめ着物買取店に戻る

栃木で着物買取を利用した体験談

栃木県宇都宮市在住(30代男性)

祖母が昔の着物を大事にしまっていました。

以前から祖母は着物をお正月などの季節の事あるごとに着込んでいて、着物がいかに財産になるかを語っていました。その祖母が亡くなり遺品を整理する段になって、着物が何着もでてきてどうするか家族皆と話し合うことになりましたが、普段着の洋服と違いゴミに出すのはさすがに気が引けました。

相談の結果、古着屋さんはどうかいう話になったので、近所の古着屋さんに着物の取り扱いがあるか聞いてみましたが、私が訊ねた古着屋さんでは着物は扱っていなかったです。むしろ古着屋で着物を扱っているところのほうが少ないのでは?とも教えてもらいました。

困ってしまってネットで調べてみたら、着物を専門に扱っている買取業者がいるとわかりました。どの業者さんがいいのか私たちには判別がつかなかったので一番有名そうなところに買取をお願いしました。

↑栃木のおすすめ着物買取店に戻る

栃木の着物散策スポットと着物レンタル店

最後に。

着物買取店で着物を売ったあとに、また着物を着たくなるってこともあると思います。そういうときどうすれば?というと、手軽な方法は着物レンタル店の利用です。

ということで、着物を手放したけどまた着たいって方に、栃木県の着物散策スポットとその近隣にある着物レンタル店をピックアップして終わりますね。

余談ですが、成人式の振袖も今やレンタルのほうが多くなってきているそう。冠婚葬祭(成人式にかかわらず)の着物もレンタルで済ます時代になってきているんですよね。

栃木の着物散策スポット『日光』

画像:日光東照宮の三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)

世界遺産の街「日光」。日光東照宮が超有名ですね。

そんな日光を着物で散策すれば、より一層、思い出になること間違いなしです。

日光周辺の着物レンタル店Pick Up

日光着物レンタル処 COCON NIKKO
住所 〒321-1405 栃木県日光市石屋町425番地(MAP
営業時間 9:30~17:30
予約状況 料金プランの詳細や予約状況はこちら

栃木の着物散策スポット『足利』

画像:鑁阿寺の本堂

画像:足利学校

着物「足利銘仙」の産地としても有名な栃木県足利市。

石畳の街道など、レトロな街並みは着物散策にピッタリです。

また、国宝「鑁阿寺(ばんなじ)」や、日本最古の学校と言われる「足利学校」など、歴史的建造物も多くあり、必見です…!

足利周辺の着物レンタル店Pick Up

足利まちなか遊学館
住所 〒326-0814 栃木県足利市通1丁目2673(MAP
営業時間 9:00~17:00
予約状況 料金プランの詳細や予約状況はこちら

↑栃木のおすすめ着物買取店に戻る