静岡の着物買取。遠州木綿や颯々織など着物売るならおすすめはココ!

静岡県の着物買取情報ページです。

このページで記載している静岡の着物買取情報は以下になります。

静岡県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは静岡が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

静岡のおすすめ着物買取店

静岡県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

静岡の買取対応エリア

[市]
静岡市、浜松市、富士市、沼津市、御殿場市、富士宮市、裾野市、三島市、伊東市、熱海市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市

[榛原郡]
吉田町、川根本町

[駿東郡]
清水町、長泉町、小山町

[賀茂郡]
東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町

[田方郡]
函南町

[周智郡]
森町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

静岡の着物買取

注染ゆかた(ちゅうせんゆかた)

静岡県浜松で生産されている注染による浴衣。

注染とは、染料を注ぎ込むという、手拭いや浴衣の独特な染色法です。染料が布に通るため裏表両面とも染まり、ぼかしが効いた深みのある色彩で、さらに通気性にも優れているのが特徴です。

浜松では1887年頃から手拭いの染めの方法として注染が行われており、大正初期に、浴衣染めにも注染が行われるようになったと言われています。その後、注染よる浴衣染めが広まっていき、浜松は注染ゆかたの一大産地となっていきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などにより、注染に関わる事業所も少なくなり、生産量も減少しています。

注染ゆかたの買取ならおすすめはココ

遠州木綿(えんしゅうもめん)

静岡県浜松を中心に織られている木綿。使えば使うほど、風合い・色合いが馴染んでくるのが特徴です。

遠州地方は綿花の栽培に適した土地だったので、古くから木綿が織られていたと言われています。普段着として人々の生活に根付いており、主に家庭で自家用に生産されていたそう。

江戸末期頃から遠州木綿の生産が事業化されたことで、盛んに生産されるようになりました。しかし昭和中頃、化学繊維の普及や生活様式の洋装化などの影響で、次第に衰退していきました。

現在、生産量は少なくなりましたが、浜松を中心に織り続けられており、「遠州縞プロジェクト」という活動も行われています。

遠州木綿の着物買取ならおすすめはココ

掛川葛布(かけがわくずふ)

静岡県掛川市で生産されている織物。葛の繊維が用いられており、絹や麻にない、やさしい落ち着いた渋みのある光沢が特徴的です。なお、葛布は日本の古代織物のひとつで、ほかに「科布」や「藤布」などがあります。

日本では木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。葛布は縄文時代頃には日本各地で織られていたそうです。

万葉集にも葛布のことが詠まれており、鎌倉時代には武士の乗馬用袴地に用いられていたと言われています。

江戸時代になると、掛川藩に、掛川の葛布が保護・奨励されたこともあって、盛んに生産されるようになり、掛川の特産品として有名になっていきました。ほとんどが裃や袴などに用いられていたそうです。

明治時代に入ると、武士がなくなったことにより、需要が激減しましたが、明治後期からは、襖地として甦り、また、壁紙として外国に多く輸出されるようになりました。

しかしその後、次第に衰退していき職人も少なくなっています。

掛川葛布の着物買取ならおすすめはココ

颯々織(ざざんざおり)

静岡県浜松市で生産されている織物。玉繭から紡いだ貴重な糸と、普通の糸とを一緒に紡ぐためにできる太さのムラが特徴です。

浜松市には、「ざざんざの松」と呼ばれる有名な松があり、それにちなんで「颯々織(ざざんざおり)」と名付けられました。

颯々織は、昭和初期に遠州木綿の織屋である平松実により創作され、その後、様々な賞を受賞するなど目覚しい発展を遂げていきました。

現在、着物のほか、洋服地やネクタイなども生産されています。

颯々織の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング