島根の着物買取。出雲織や広瀬絣など着物を売るならおすすめはココ!

島根県の着物買取情報ページです。

このページで記載している島根の着物買取情報は以下になります。

島根県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは島根が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

島根のおすすめ着物買取店

島根県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

島根の買取対応エリア

[市]
松江市、安来市、出雲市、雲南市、浜田市、江津市、益田市、大田市

[仁多郡]
奥出雲町

[飯石郡]
飯南町

[鹿足郡]
津和野町、吉賀町

[邑智郡]
川本町、美郷町、邑南町

[隠岐郡]
海士町、西ノ島町、知夫村、隠岐の島町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

島根の着物買取

出雲織(いずもおり)

島根県安来市を中心に生産されている藍染の木綿織物。洗えば洗うほど、独特の深みと美しさが出てくるのが特徴的です。

出雲織は「絣織」から発展したもので、その技法は江戸時代に確立されていたそう。

自家用として織られる程度であまり知られていなかったのですが、1959年頃、青戸柚美江という方の努力により、世に知られるようになりました。

1980年からは、全国から手織りを学びたい方を受け入れて、手織りの技術が伝えられています。また、「出雲織 のき白鳥の里」では、出雲織の製作工程を見学することができます。

出雲織の着物買取ならおすすめはココ

広瀬絣(ひろせがすり)

島根県安来市広瀬で生産されている絵絣で、絵模様と幾何模様とを組み合わせた大柄な模様が特徴。鳥取の「弓浜絣」、「倉吉絣」とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

1824年、長岡貞子という女性が弓浜絣の技術を習得し、広瀬で広めたのが始まりと言われています。その後、広瀬藩にも奨励され、各地に広まっていきました。

明治時代までは盛んに生産されていましたが、1915年の大火より打撃を受けたこともあって急速に衰退。現在、わずかしか生産されていないようです。

広瀬絣の着物買取ならおすすめはココ

安来織(やすぎおり)

島根県安来市で生産されている絵絣です。

出雲織と同じく「絣織」から発展したもので、洗えば洗うほど絵模様が鮮明になるのが特徴的。

安来織の着物買取ならおすすめはココ

出雲裂織(いずもさきおり)

島根県で生産されていた再生織物。経糸には麻糸や木綿糸を、緯糸には絹布や綿布の古布を細く裂いたものが用いられていました。

かつては島根県の各地で古布を裂織にしていましたが、現在は衰退しています。

出雲裂織の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング