滋賀の着物買取。浜縮緬や近江上布など着物売るならおすすめはココ!

滋賀県の着物買取情報ページです。

このページで記載している滋賀の着物買取情報は以下になります。

滋賀県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは滋賀が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

滋賀のおすすめ着物買取店

滋賀県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

滋賀の買取対応エリア

[市]
大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、東近江市、近江八幡市、彦根市、長浜市、米原市、高島市

[蒲生郡]
日野町、竜王町

[愛知郡]
愛荘町

[犬上郡]
甲良町、豊郷町、多賀町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

滋賀の着物買取

浜縮緬(はまちりめん)

滋賀県の長浜地方で生産されている絹織物。なお、浜縮緬とは「長浜縮緬」の略称です。シボが生地に美しい光沢となめらかな肌触り、染色の染まりやすさを生み出しています。後染め用の白生地である一越縮緬が有名です。

丹後縮緬とともに縮緬の二大産地とされています。

浜縮緬は、1752年に中村林助と乾庄九郎によって創始されたと言われています。京都でも好評で生産も順調に伸びていったそう。しかし1754年に、西陣の機業者らにより、浜縮緬の京都での販売は自己市場の独占権を脅かすものとして訴えられました。

その訴えが認められたことにより、浜縮緬は京都で販売禁止となり、大きな打撃を受けました。中村林助と乾庄九郎は状況を打開するために奔走し、一時は投獄されるほどになりましたが、彦根藩の協力もあって、1759年に再び京都で販売することが可能になったという経緯があります。

その後、大幅に生産量が増え、さらに技術改良も進み、大正初期には力織機が導入され大きく発展していきました。

現在、最高級の絹織物として有名です。

浜縮緬の着物買取ならおすすめはココ

近江上布(おうみじょうふ)

滋賀県の湖東地方で生産されている麻織物。近江上布独特の上品な絣模様が特徴です。「しぼつけ」という独特の縮み加工をして仕上げられます。

鎌倉時代に京都の職人が技術を伝えたのが麻織物の始まりと言われています。室町時代には「高宮布」として献上品にも用いられ、その後、近江商人の活躍などにより全国に広がっていきました。

江戸時代になると、彦根藩に保護・奨励されることにより、さらに発展し安定した地場産業となっていったそうです。

現在、生産量は少なくなっていますが、着物だけでなくインテリア用品など新商品の開発も積極的に行なわれています。

近江上布の着物買取ならおすすめはココ

秦荘紬(はたしょうつむぎ)

滋賀県の湖東地方で生産されています。

大正時代から昭和初期にかけて、嫁入り支度に自ら機織りをして用意していた着物が秦荘紬の始まりだと言われています。

近江上布に受け継がれる「櫛押絣技法」と呼ばれる技法を真綿紬糸に取り入れられています。また、年数を経るごとに独特の風合いが出て、美しさを増すと言われています。

秦荘紬の着物買取ならおすすめはココ

網糸紬(あみいとつむぎ)

滋賀県で生産されている織物で、江戸時代から織られ始めたそうです。琵琶湖で使用されていた魚網の使えなくなったものや水鳥の羽毛などを糸にして織り込んだ再生織物です。

魚網がヒゲの様に反物の表面に出ることから、髭紬(ひげつむぎ)とも呼ばれており、独特の風合いが特徴的です。千利休が絶賛したとも言われています。

現代、生産量はわずかで、魚網は未使用のものが用いられています。

網糸紬の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング