埼玉の着物買取。秩父織や所沢絣など着物を売るならおすすめはココ!

埼玉県の着物買取情報ページです。

このページで記載している埼玉の着物買取情報は以下になります。

埼玉県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは埼玉が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

埼玉のおすすめ着物買取店

埼玉県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

埼玉の買取対応エリア

[市]
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市

[北足立郡]
伊奈町

[入間郡]
三芳町、毛呂山町、越生町

[比企郡]
滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町

[秩父郡]
横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

[児玉郡]
美里町、神川町、上里町

[大里郡]
寄居町

[南埼玉郡]
宮代町

[北葛飾郡]
杉戸町、松伏町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

埼玉の着物買取

秩父織(ちちぶおり)

埼玉県の秩父地方で生産されている織物。平織りの絹織物である「秩父銘仙」が有名で、秩父銘仙の布には裏表がないのが特徴的です。

秩父地方は古くから織物が盛んで、諸説ありますが、崇神天皇の時代に知々夫彦命が養蚕と機織の技術を伝えたことが始まりと言われています。

鎌倉時代には旗指物用の生地として織られていたそうで、江戸時代には養蚕と絹織物の生産が盛んに行われるようになり、繭・生糸の産地として知られるようになりました。

明治時代に入ると銘仙が織られるように。そして明治後期に「ほぐし捺染」が開発されたことによって、多色使いの柄の生産が可能になり、女性の気軽な普段着として全国で人気を博しました。

昭和初期頃までの最盛期には、養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事に就いていたと言われています。

その後、洋装化などの生活様式の変化により、着物の需要は低下し次第に衰退。現在、養蚕を続けている農家はほとんどみられません。

秩父織の着物買取ならおすすめはココ

正藍武州紺織(しょうあいぶしゅうこんおり)

埼玉県羽生市で生産されている織物。経・緯糸ともに正藍で染めているのが特徴的です。

天明年間(1781年~1788年)頃、この地域に藍染の技術が伝えられたと言われています。「武州青縞」とも呼ばれ、盛んに生産されるようになりました。なお、青縞とは藍染した木綿で織った織物のことです。

その後、武州型染の技法や、唐棧織と藍染を組み合わせた「武州唐棧」などの製品も開発され発展していきました。

現在、生産量は減少していますが、着物だけでなくハンカチやテーブルクロスなどの製品も生産されており、藍染の普及のために藍染体験なども開催されています。

正藍武州紺織の着物買取ならおすすめはココ

所沢絣(ところざわがすり)

埼玉県所沢市西部から旧多摩郡村山地方で生産されていた木綿絣。

江戸時代に、旧多摩郡村山地方で生産が始まった木綿絣が起源といわれており「村山絣」とも呼ばれていました。その後、技術が伝わり、所沢でも生産されるようになったと言われています。

各地域で生産されていた木綿絣が所沢に集荷され、全国各地に出荷されたことにより、所沢絣として世に知られるようになったそう。昭和初期頃まで盛んに生産されており、所沢は織物の町として発展していきました。

ちなみに、商標には「所沢飛白」という字が使用されていますが、所沢絣の「絣」の字を「飛白」とあてるのは、紺地に白の幾何学模様のものが多く生産されたので、その模様の特徴から「飛白」の字があてられたと言われています。

大正時代に入ると次第に衰退していき、昭和初期頃に生産が途絶えましたが、現在、所沢飛白勉強会により再現が進められています。

所沢絣の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング