【佐賀県の着物買取情報】持ち込み店はある?佐賀錦の紹介も

佐賀県の着物買取情報ページです。

このページで記載している佐賀の着物買取情報は以下になります。

佐賀県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは佐賀が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

佐賀のおすすめ着物買取店

佐賀県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、佐賀県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。

バイセルの公式サイトはこちら
バイセル着物買取の口コミ/評判

なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

関連 着物買取おすすめランキング!着物買取業者はどこがいい?本音で比較

佐賀の着物買取対応エリア

[市]
佐賀市、小城市、唐津市、多久市、武雄市、伊万里市、鹿島市、嬉野市、神埼市、鳥栖市

[藤津郡]
太良町

[三養基郡]
上峰町、みやき町、基山町

[神埼郡]
吉野ヶ里町

[杵島郡]
江北町、白石町、大町町

[西松浦郡]
有田町

[東松浦郡]
玄海町

↑佐賀のおすすめ着物買取店に戻る

佐賀が産地の着物

佐賀錦(さがにしき)

金・銀・漆を貼った特製の和紙を細く裁断したものを経糸に、絹糸を緯糸にし、平織または綾織で織られているのが特徴的な織物。

発祥にはいろんな説があり、江戸時代に鹿島藩の9代目藩主夫人が、病で伏していた時、病室の天井の網代組にヒントを得て考案したという説や、京都から小城藩の鍋島家に嫁いだ女性が、京都で行われていた紙遊び細工から網代組を織りだし、それが発達していったという説などがあります。

明治初期に一時生産が中断されましたが、大隈重信の夫人らにより再興。

1910年にロンドンで行われた日英博覧会にも出品され、これを機に「組錦」や「鹿島錦」と呼ばれていたものが、『佐賀錦』という名称で一般的に使われるようになったと言われています。そして、西陣でも取り入れられ帯地として生産されるようにもなりました。

現在、新商品の開発や後継者育成の活動が積極的に行われています。

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、佐賀の着物買取店

佐賀に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる佐賀の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ佐賀県でも利用できる全国規模のお店になります。

佐賀県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している佐賀のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して佐賀で着物を売ることができますよ。

↑佐賀のおすすめ着物買取店に戻る

佐賀の着物買取の関連情報

タウンページのインターネット版「iタウンページ」には、公式サイトがない着物買取店も掲載されています。

着物買取に対応してるけど着物専門ではないってお店も多い為、高価買取が期待できるかわかりませんが、佐賀県で持ち込み買取をしたいので、より近場の着物買取店を探している…という方は、一度見てみるのもありかもしれません。

佐賀県の着物買取に該当するお店「4件

佐賀で着物買取を利用した体験談

佐賀県佐賀市在住(20代男性)

去年のお正月になりますが、思い切って我が家の断捨離を決行致しました。

その時に思いのほかで出てきたのが祖母の着物です。祖母は80代後半に差し掛かっていたため、着る機会もなく処分に困っていました。

そこでまず思い浮かんだのは某フリマサイトです。しかし、祖母の着物はところどころにシミのようなものがついており、シワもある状態でした。クリーニングに出してから出品も考えましたが、結局クリーニング代が高くつきそうだなと考え、買い取り業者に委託することにしました。

結果としては、非常に良い決断をしたなと思っています。

理由としては、着物の価値が当時全くわかっておらず、実際に売ろうとしていた値段よりも高く売れたということ。また、送料などの諸費用も掛かることが無かったため助かりました。

↑佐賀のおすすめ着物買取店に戻る