岡山の着物買取。作州絣など着物を売るならおすすめはココ!

岡山県の着物買取情報ページです。

このページで記載している岡山の着物買取情報は以下になります。

岡山県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは岡山が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

岡山のおすすめ着物買取店

岡山県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

岡山の買取対応エリア

[市]
岡山市、玉野市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、倉敷市、総社市、笠岡市、井原市、浅口市、高梁市、真庭市、新見市、津山市、美作市

[加賀郡]
吉備中央町

[和気郡]
和気町

[都窪郡]
早島町

[浅口郡]
里庄町

[小田郡]
矢掛町

[真庭郡]
新庄村

[苫田郡]
鏡野町

[久米郡]
久米南町、美咲町

[勝田郡]
勝央町、奈義町

[英田郡]
西粟倉村

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

岡山の着物買取

作州絣(さくしゅうがすり)

岡山県津山市で生産されていた絣で、素朴な絣模様が特徴的です。

この地域では古くから絹織物が織られていたと言われており、そして江戸時代に綿が栽培されるようになると、自家用の木綿織物が織られるようになりました。

明治時代に入ると、鳥取の「倉吉絣」の技法をもとに絵絣の生産が始められ、絣の織物が盛んになったそうです。ただ、あくまで自家用であって、販売が目的ではなかったため、相当量生産されながらも、その数量ははっきりわかっていません。

時代の流れの中、次第に交通の便が良くなり、他の地方から様々な衣料が入ってくるようになったため、自家生産の必要が無くなり、絣の織物は生産されなくなってしまいました。

その後、1951年に絣の織物が復興され、市場に出すために「作州絣」という名称が付けられました。1955年頃の最盛期には、年間5万反に及ぶほど生産されていましたが、競争が激しくなるにつれ衰退していき、さらに着物の需要の低下も追い打ちとなりました。

現在、継承者がおらず生産が途絶えていますが、復元を目指す活動が行われています。

作州絣の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング