奈良の着物買取。奈良晒や大和絣など着物を売るならおすすめはココ!

奈良県の着物買取情報ページです。

このページで記載している奈良の着物買取情報は以下になります。

奈良県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは奈良が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

奈良のおすすめ着物買取店

奈良県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

奈良の買取対応エリア

[市]
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市

[山辺郡]
山添村

[生駒郡]
平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町

[磯城郡]
川西町、三宅町、田原本町

[宇陀郡]
曽爾村、御杖村

[高市郡]
高取町、明日香村

[北葛城郡]
上牧町、王寺町、広陵町、河合町

[吉野郡]
吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

奈良の着物買取

奈良晒(ならざらし)

奈良県奈良市で生産されている麻織物。麻織物を白く晒しあげたもので、肌ざわりが良く、汗をよくはじくのが特徴です。

この地域では古くから麻織物が生産されており、天正年間(1573年~1592年)に清須美源四郎が晒法の改良に成功し、そして、慶長年間(1596年~1615年)には徳川幕府から御用品指定され、布端に「南都改」の朱印が押されるようになったそうです。

急速に発展し、奈良晒は麻織物の一級品として全国に広まっていきました。最盛期の享保年間(1716年~1735年)には、重要な産業になっており、町の9割の人が奈良晒に関する仕事に就いていたと言われています。

その後、「越後上布」「近江上布」「能登上布」などにおされて、さらには明治維新により武士が消滅したことで最大の需要源を失い衰退していきました。

現在、職人の数も生産量も少なくなっています。

奈良晒の着物買取ならおすすめはココ

大和絣(やまとがすり)

奈良県大和高田市付近で生産されていた織物。木綿の白絣として有名で、かつては「西の大和絣・東の中野絣」と称されるほどだったそうです。

宝暦年間(1751年~1763年)に織物の技術が改良され、大和絣が織られるようになったと言われています。

その後、天保の改革(1830年~1843年)による絹織物禁止令で、大和絣の需要が増え、絣模様のデザインと染めの良さで人気を博し、盛んに生産されるようになりました。

明治時代には、木綿の白絣として全国的に有名になりましたが、安価な綿の輸入や生活様式の洋装化などの影響により、衰退しました。

大和絣の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング