【高知県の着物買取情報】高く売れる業者は?土佐綿紬についても紹介

高知県の着物買取情報ページです。

このページで記載している高知の着物買取情報は以下になります。

高知県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは高知が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

高知のおすすめ着物買取店

高知県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、高知県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。

バイセルの公式サイトはこちら
バイセル着物買取の口コミ/評判

なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

関連 着物買取おすすめランキング!着物買取業者はどこがいい?本音で比較

高知の着物買取対応エリア

[市]
土佐清水市、土佐市、安芸市、宿毛市、須崎市、香南市、香美市、南国市、高知市、室戸市、四万十市

[安芸郡]
馬路村、安田町、東洋町、田野町、芸西村、奈半利町、北川村

[高岡郡]
中土佐町、日高村、越知町、津野町、檮原町、四万十町、佐川町

[土佐郡]
土佐町、大川村

[幡多郡]
黒潮町、三原村、大月町

[吾川郡]
仁淀川町、いの町

[長岡郡]
大豊町、本山町

↑高知のおすすめ着物買取店に戻る

高知が産地の着物

土佐綿紬(とさめんつむぎ)

高知県香南市香我美町周辺で生産されている木綿織物。縞柄と素朴な肌触りが特徴的です。

文化年間(1804年~1817年)の頃、土佐藩が綿花の栽培を奨励しており、その頃から土佐綿紬が織られるようになったと言われています。

かつては「赤岡縞」や「岸本縞」とも呼ばれ、明治・大正時代には普段着として多く着用されていたそうですが、その後、着物の需要の低下などの影響で次第に衰退。

現在、ほとんど生産されていないようです。

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、高知の着物買取店

高知に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる高知の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ高知県でも利用できる全国規模のお店になります。

高知県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している高知のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して高知で着物を売ることができますよ。

↑高知のおすすめ着物買取店に戻る

高知の着物買取関連情報

タウンページのインターネット版「iタウンページ」には、公式サイトがない着物買取店も掲載されています。

着物買取に対応してるけど着物専門ではないってお店も多い為、高価買取が期待できるかわかりませんが、高知県で持ち込み買取をしたいので、より近場の着物買取店を探している…という方は、一度見てみるのもありかもしれません。

高知県の着物買取に該当するお店「3件

高知で着物買取を利用した体験談

高知県高知市(40代女性)

叔母から数着の着物をいただきましたが、まず浴衣と違い一年を通して着る機会がありません。お華やお茶を習っていれば着る機会があるのだと思いますがそういった趣味もなく。

それにも関わらず、桐ダンスでの収納で場所は取るし、防虫や防湿の為の手入れも定期的に必要で面倒でしかありませんでした。

また、着る機会があったとしても自分や家族では着付けができず、美容室などに行かねばなりません。浴衣の着付けより高額なので、初詣などで気軽に着ていくという訳にもいきませんでした。

結局、持っているだけで手間はかかるし、着るとなってもお金がかかるだけということで、家族で相談して着物買取業者に売ることにしました。かなり格安での引き取りでしたが、いつ使うかも分からないものを持ち続けるよりは気分が軽くなりました。

↑高知のおすすめ着物買取店に戻る