鹿児島市や霧島市など【鹿児島県の着物買取情報】おすすめ買取店は?

鹿児島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している鹿児島の着物買取情報は以下になります。

鹿児島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは鹿児島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

鹿児島のおすすめ着物買取店

鹿児島県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、鹿児島県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

鹿児島の買取対応エリア

[市]
鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市

[鹿児島郡]
三島村、十島村

[薩摩郡]
さつま町

[出水郡]
長島町

[姶良郡]
加治木町、蒲生町、湧水町

[曽於郡]
大崎町

[肝属郡]
東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町

[熊毛郡]
中種子町、南種子町、屋久島町

[大島郡]
大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町、与論町

鹿児島の着物買取

大島紬(おおしまつむぎ)

奄美大島が発祥の絹織物で、光沢のあるしなやかな地風が特徴。「結城紬」と並ぶ高級紬です。

なお、大島紬と一口に言っても、いろいろな種類があります。有名なものは独特の黒褐色の地色をもつ泥染の「泥大島」。ほかにも藍染の糸で織った「藍大島」、藍染・泥染併用の「泥藍大島」、多彩な「色大島」、そして「白大島」、薄地に織った「夏大島」など。

第二次世界大戦中、島から技術者が鹿児島市に疎開したことにより、現在では奄美大島と鹿児島市が主産地になっています。(1947年頃から、宮崎県の都城でも一部、生産されています。)

大島紬の発祥については諸説あり、沖縄の久米島紬の技法が伝わったものであるという説や、中国から伝えられた古代染織がもとになっているという説などがあります。

奄美大島では、奈良時代には養蚕が行われ、手紡糸で紬が生産されていたそう。

1720年には「島役人以外の紬着用を禁じた」という記録があり、この頃には大衆に紬が普及していたことがわかります。ちなみに、なぜ禁じたのか?というと、薩摩藩への貢物となったから。

大衆の紬着用を禁じて、薩摩藩への貢物として作られるようになったことで、当時はあまり多く生産されていなかったと言われています。

1870年代に入ると大島紬は商品として生産されるようになり、この頃から奄美大島独特の泥染めが定着していきました。1897年頃には、需要の増加にともない、織機も居座機から高機へと変えられ、生産能率が向上。

1907年頃には締機が開発され、現在の大島紬の精巧で緻密な柄を作りだす技術ができました。ただ、締機の普及で、手括りによる伝統的な絣作りがなくなったとも言われています。

そして1915年頃から、本絹糸が使われるようになり、1921年頃からほとんどの大島紬が本絹糸で作られるようになりました。

現在の大島紬も「紬」と呼ばれていますが、紬糸ではなく本絹糸を用いて作られています。

大島紬の着物買取を依頼してみる(無料)

串木野木綿(くしきのもめん)

鹿児島県いちき串木野市が産地の木綿織物です。

串木野木綿の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、鹿児島の着物買取店

鹿児島に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる鹿児島の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ鹿児島県でも利用できる全国規模のお店になります。

鹿児島県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している鹿児島のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して鹿児島で着物を売ることができますよ。

↑鹿児島のおすすめ着物買取店に戻る