香川の着物買取。保多織など着物を売るならおすすめはココ!

香川県の着物買取情報ページです。

このページで記載している香川の着物買取情報は以下になります。

香川県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは香川が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

香川のおすすめ着物買取店

香川県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

香川の買取対応エリア

[市]
高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市

[小豆郡]
土庄町、小豆島町

[木田郡]
三木町

[香川郡]
直島町

[綾歌郡]
宇多津町、綾川町

[仲多度郡]
琴平町、多度津町、まんのう町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

香川の着物買取

保多織(ぼたおり)

香川県高松市で生産されている木綿織物。さらっとした肌触りで通気性や吸湿性に優れているのが特徴的です。

1689年に、高松藩の藩主であった松平頼重が、京都から織物師である北川伊兵衛常吉を招いて絹織物の製作を命じ、開発させたのが始まりと言われています。松平頼重が「丈夫なことから多年保つ」という意味で保多織と命名しました。

江戸時代は幕府への献上品として使われており、上級武士にしか着用が許されていなかった着物だったそうです。

明治維新後、大衆にも普及させようと、それまで原材料に絹が用いられていた保多織を綿中心で生産するようになり、浴衣やシーツ用など用途を多様化していきました。同時に機械化を進めたことにより大量生産が可能となり、1960年頃に最盛期を迎えたそうです。

現在、着物の需要低下などで衰退し、生産している所はわずかです。

保多織の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング