高松市や丸亀市など【香川県の着物買取情報】おすすめ買取店はココ!

香川県の着物買取情報ページです。

このページで記載している香川県の着物買取情報は以下になります。

香川県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは香川県が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

香川県のおすすめ着物買取店

香川県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、香川県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

香川県での買取対応エリア

[市]
高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市

[小豆郡]
土庄町、小豆島町

[木田郡]
三木町

[香川郡]
直島町

[綾歌郡]
宇多津町、綾川町

[仲多度郡]
琴平町、多度津町、まんのう町

香川県の着物買取

保多織(ぼたおり)

香川県高松市で生産されている木綿織物。さらっとした肌触りで通気性や吸湿性に優れているのが特徴的です。

1689年に、高松藩の藩主であった松平頼重が、京都から織物師である北川伊兵衛常吉を招いて絹織物の製作を命じ、開発させたのが始まりと言われています。松平頼重が「丈夫なことから多年保つ」という意味で保多織と命名しました。

江戸時代は幕府への献上品として使われており、上級武士にしか着用が許されていなかった着物だったそうです。

明治維新後、大衆にも普及させようと、それまで原材料に絹が用いられていた保多織を綿中心で生産するようになり、浴衣やシーツ用など用途を多様化していきました。同時に機械化を進めたことにより大量生産が可能となり、1960年頃に最盛期を迎えたそうです。

現在、着物の需要低下などで衰退し、生産している所はわずかです。

保多織の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、香川県の着物買取店

香川県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している香川県のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して香川県で着物を売ることができます

ただ、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ香川県でも利用できる全国規模のお店になります。

もちろん安心して利用できるんですが、地元に根付いたお店のほうがなんとなく良いかも…って方もいるかと思うので、以下、参考情報として香川県にある着物買取店を紹介しますね。

公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる香川県の着物買取店は『1件』です。

たまるや七草着物店

住所香川県高松市仏生山町甲832-6(Googleマップ
営業時間12:00~18:00(午前中は予約制)
定休日日曜日と水曜日
公式HPhttps://nanakusa.tamaruyakimono.com/

↑香川県のおすすめ着物買取店に戻る