盛岡市や一関市など【岩手県の着物買取情報】おすすめ買取店はココ!

岩手県の着物買取情報ページです。

このページで記載している岩手の着物買取情報は以下になります。

岩手県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは岩手が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

岩手のおすすめ着物買取店

岩手県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、岩手県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

岩手の買取対応エリア

[市]
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市

[岩手郡]
雫石町、葛巻町、岩手町

[紫波郡]
紫波町、矢巾町

[和賀郡]
西和賀町

[胆沢郡]
金ケ崎町

[西磐井郡]
平泉町

[気仙郡]
住田町

[上閉伊郡]
大槌町

[下閉伊郡]
山田町、岩泉町、田野畑村、普代村

[九戸郡]
軽米町、野田村、九戸村、洋野町

[二戸郡]
一戸町

岩手の着物買取

南部紫根染(なんぶしこんぞめ)

岩手県の南部地方で行われている草木染。紫草の根「紫根」を使って染められています。

歴史は古く、この地域に伝わったのは鎌倉時代以前と言われてます。江戸時代には、南部藩の手厚い保護のもと、産業として発展していきました。

しかし明治時代になると、南部藩の保護がなくなったことなどの影響で次第に衰退していき、職人が完全に途絶えました…。

その後、1916年に岩手県により紫根染の研究が始められ、秋田県にわずかに残っていた職人を招いて技術を学び、苦労の末、復興。

1918年に藤田謙を主任技師として南部紫根染研究所が設けられ、1933年には藤田謙が独立し、現在の「草紫堂」を創業するに至ります。

現在、染料の原料の入手が難しくなってきたことや後継者不足などの問題がありますが、南部紫根染の着物だけでなく洋服地やネクタイなど幅広く生産されています。ちなみに、岩手県出身の作家である宮澤賢治により「紫紺染について」という作品も残されています。

南部紫根染の着物買取を依頼してみる(無料)

南部茜染(なんぶあかねぞめ)

岩手県の南部地方で行われている草木染。茜草の根を使って染められています。

南部紫根染の姉妹染として、古くから特産とされてきました。

南部茜染の着物買取を依頼してみる(無料)

南部紬(なんぶつむぎ)

岩手県岩泉町や花泉町で織られている紬。

起源は明らかではないですが、江戸時代には、南部藩に保護・奨励され、盛んに織られていたそう。寛政年間(1789年~1800年)に幕府への献上品として用いられたことがきっかけとなり、南部紬の名は世に知られるようになったと言われています。

南部紬は、南部紫根染南部茜染によって縞に先染めした織物でしたが、染料の原料である紫草や茜草の入手が難しくなるにつれ、白地のまま販売されるようになりました。

現在、職人が少なくなり、生産量もわずかとなっています。

南部紬の着物買取を依頼してみる(無料)

南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)

岩手県盛岡市で行われている型染。

寛永年間(1624年~1645年)頃に始まったと言われています。

現在、江戸時代に武士の裃や小袖を染めた型が活かされており、その図柄は約300種類あります。

南部古代型染の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、岩手の着物買取店

岩手に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる岩手の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ岩手県でも利用できる全国規模のお店になります。

岩手県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している岩手のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して岩手で着物を売ることができますよ。

↑岩手のおすすめ着物買取店に戻る