金沢市や白山市など【石川県の着物買取情報】おすすめ買取店はココ!

石川県の着物買取情報ページです。

このページで記載している石川の着物買取情報は以下になります。

石川県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは石川が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

石川のおすすめ着物買取店

石川県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、石川県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

石川の買取対応エリア

[市]
金沢市、白山市、小松市、加賀市、野々市市、能美市、かほく市、七尾市、輪島市、羽咋市、珠洲市

[河北郡]
内灘町、津幡町

[能美郡]
川北町

[羽咋郡]
志賀町、宝達志水町

[鳳珠郡]
穴水町、能登町

[鹿島郡]
中能登町

石川の着物買取

加賀友禅(かがゆうぜん)

石川県の金沢で染められている友禅染。京友禅東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされています。

加賀友禅は、加賀五彩(藍・黄土・臙脂・緑・墨)を基調色とし、金箔・銀箔や刺繍などによる加飾がほとんど施されていないのが特徴的。

また、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対して、加賀友禅では模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」という表現も特徴的です。

加賀友禅の起源は、室町時代頃から行われていた「梅染」と呼ばれる無地染だと言われています。その後、模様染めが行われるようになり「加賀御国染」と呼ばれるように。江戸初期には、約200軒の紺屋があり、染色技術が確立されていたそうです。

そして、江戸中期頃から京都の友禅染の影響を受けて、更に洗練されていき、また、加賀藩の政策により、保護・育成され発展していきました。江戸後期頃から大正頃にかけてが、加賀友禅の最盛期だったと言われています。

ちなみに、全国に普及し始めてから加賀友禅と呼ばれるようになりました。

現在、着物の需要の低下で、加賀友禅の出荷額は減少していますが、後継者の育成や新製品の開発などの試みが積極的に行われており、加賀友禅のPRのために、毎年秋にミス・コンテストを開催して、ミス加賀友禅も選出されています。

加賀友禅の着物買取を依頼してみる(無料)

牛首紬(うしくびつむぎ)

石川県の白山山麓、旧白峰村牛首付近で生産されている紬。節の浮いた、強くしっかりとした独特の質感をもつ、光沢のある生地が特徴です。一般的な紬は繭を真綿にしてから糸を紡ぐのに対して、牛首紬は玉繭を使い、繭から糸を直接引き出す方法で糸を採ります。

牛首紬の名称は、生産地である牛首村の地名に由来します。なお、牛首村という地名は、717年頃に白山を開山された泰澄大師が牛頭天皇を村の守護神としてお祀りになったことから、牛頭の文字にちなんで命名されたと言われています。

牛首紬は、1159年の平治の乱に敗れた源氏の落人により伝えられたと言われており、元禄年間(1688年~1703年)頃には、全国に流通し、牛首紬の名で知られていたそう。釘に引っ掛けても破れるどころか、釘を抜くほど丈夫だったことから「釘抜き紬」とも呼ばれました。

昭和初期頃まで盛んに生産されていましたが、生活様式の洋装化などの影響で、次第に生産量が減少していきました。

現在、後継者不足などの問題がありますが、伝統技術は受け継がれています。

牛首紬の着物買取を依頼してみる(無料)

能登上布(のとじょうふ)

石川県の能登、羽咋地方で生産されている麻織物。麻独特の通気性の良さや軽さに加え、サラリとした肌触りがあり、細やかな絣模様が特徴です。

江戸中頃までは、織物としては自家用程度で、この地域で生産されていた麻糸は近江上布の原料として使用されていたそうです。

1814年に近江より職人を招いて技法を導入したことにより、品質が改良され、また、加賀藩にも積極的に保護・奨励され発展していきました。当時は「能登縮」や「安倍屋縮」と呼ばれ、近江商人によって全国に広がっていったと言われています。

技術向上の努力が続けられ、明治時代には能登上布の名称が確立し、昭和初期まで盛んに生産されていました。

現在、後継者の育成などの活動が積極的に行われています。

能登上布の着物買取を依頼してみる(無料)

小松綸子(こまつりんず)

石川県小松市で生産されている絹織物。なめらかで光沢があるのが特徴です。紋織を生かした綸子が生産されています。

江戸時代に加賀藩の第2代藩主である前田利常に保護・奨励されたことで、絹織物の生産が盛んになり、織物産業の基盤が確立されたと言われています。

明治時代に入ると、技術が発展していき様々な紋織物が生産されるようになりました。そして、大正時代に紋織の技術を土台として小松綸子が誕生し、昭和中頃まで盛んに生産され、綸子の一大産地となっていきました。

現在、生産量は少なくなっています。

小松綸子の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、石川の着物買取店

石川県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している石川のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して石川で着物を売ることができます

ただ、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ石川県でも利用できる全国規模のお店になります。

もちろん安心して利用できるんですが、地元に根付いたお店のほうがなんとなく良いかも…って方もいるかと思うので、以下、参考情報として石川県にある着物買取店を紹介しますね。

公式サイトがないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる石川の着物買取店は『2件』です。

盈月

住所石川県金沢市古府2丁目27-3 2F(Googleマップ
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
公式HPhttp://eigetsu.asia/

Kimono 畳世

住所石川県金沢市新竪町3-95(Googleマップ
営業時間10:00~17:00
定休日火曜日と水曜日
公式HPhttp://tatamisee.com/

↑石川のおすすめ着物買取店に戻る