茨城の着物買取。結城紬や石下紬など着物を売るならおすすめはココ!

茨城県の着物買取情報ページです。

このページで記載している茨城の着物買取情報は以下になります。

茨城県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは茨城が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

茨城のおすすめ着物買取店

茨城県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

茨城の買取対応エリア

[市]
水戸市、笠間市、小美玉市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、那珂市、鹿嶋市、潮来市、神栖市、鉾田市、行方市、つくば市、土浦市、取手市、牛久市、龍ケ崎市、石岡市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市、古河市、筑西市、常総市、坂東市、結城市、桜川市、下妻市

[東茨城郡]
茨城町、大洗町、城里町

[那珂郡]
東海村

[久慈郡]
大子町

[稲敷郡]
美浦村、阿見町、河内町

[北相馬郡]
利根町

[結城郡]
八千代町

[猿島郡]
五霞町、境町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

茨城の着物買取

結城紬(ゆうきつむぎ)

茨城県結城市、栃木県小山市一帯で織られている絹織物。「大島紬」と並ぶ高級紬です。

この地域は古くから養蚕が盛んで、鬼怒川は「絹川」、小森は「蚕守」と表記された時代があるなど、養蚕にまつわる地名が多く見られました。

崇神天皇の時代に、多屋命という人が現在の岐阜県にあたる美濃国から久慈郡に移り住み、「長幡部あしぎぬ」と呼ばれる織物を始め、それが伝わり結城紬となったという伝承があります。

奈良時代には「あしぎぬ」が常陸国から朝廷に納められいたそうです。

鎌倉時代には「常陸紬」と呼ばれており、この地を統治していた結城氏によって保護育成され、1602年に結城紬と名づけられました。

江戸時代初期の代官である伊奈忠次が信州上田や京都西陣から技術を導入し、創作・改善したことにより結城紬は一層有名になっていったと言われています。そして、明治時代には大衆の間にも愛用されるようになり、人気と需要は更に伸びていきました。

現在、着物の需要の低下などの影響で生産量は減りつつあり、後継者不足の問題もあります。

そんな中、2011年4月から栃木県小山市は、結城紬で仕立てた着物の購入費の一部を助成するなど生産振興事業に取り組み始めました。また、大学の研究室や保存会などが、結城紬の伝承の技法と逸品を守り続けようと活動しており、後継者も少しづつですが育っています。

結城紬の着物買取ならおすすめはココ

石下紬(いしげつむぎ)

茨城県西部の石下地方で生産されている織物。緯糸を綿、経糸を絹で織った交織織物で、軽く着くずれしないのが特徴です。

石下地方は古くから綿花の栽培が盛んで、江戸時代には木綿が織られていたそうです。明治中頃まで、盛んに木綿が生産されていましたが、安価な製品などの影響により次第に衰退。

その後、技術の改良が重ねられ、結城紬の影響も受けながら、明治末頃に絹綿交織の試作に成功し、石下紬が生産されるようになったと言われています。

結城紬の姉妹品として定着し人気を博しましたが、昭和中頃から正絹の紬に押され、絹綿交織である石下紬の生産量は減少していきました。

現在では、正絹の高級品も生産されており、一目で結城紬か石下紬かの見分けがつきにくいとも言われています。

石下紬の着物買取ならおすすめはココ

谷和原木綿(やわらもめん)

茨城県筑波郡谷和原村で生産されている正藍染の縞木綿。

もとは紺無地の織物で農作業着として用いられていましたが、現在は伝統的な藍唐桟縞を現代感覚で再現した着物になっています。

谷和原木綿の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング