広島の着物買取。備後絣など着物を売るならおすすめはココ!

広島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している広島の着物買取情報は以下になります。

広島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは広島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

広島のおすすめ着物買取店

広島県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

広島の買取対応エリア

[市]
広島市、廿日市、大竹市、呉市、江田島市、安芸高田市、東広島市、竹原市、尾道市、三原市、福山市、府中市、三次市、庄原市

[安芸郡]
坂町、海田町、府中町、熊野町

[山県郡]
安芸太田町、北広島町

[豊田郡]
大崎上島町

[世羅郡]
世羅町

[神石郡]
神石高原町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

広島の着物買取

備後絣(びんごがすり)

広島県福山市、新市町一帯で生産される木綿絣で、藍色の地にはっきりとした絣模様が特徴。愛媛の「伊予絣」、福岡の「久留米絣」とともに日本三大絣の一つとされています。

備後絣は1853年に富田久三郎によって考案され、当初は「文久絣」と呼ばれていました。

備後絣と呼ばれるようになったのは明治時代に入ってから。明治初期に備後絣として全国に出荷されたことで、備後絣の名で知られるようになりました。

機械化・合理化とともに生産を伸ばしていき、最盛期である1960年頃には、年間300万反以上を生産し、国内の絣生産の7割を占めていました。

現在、後継者不足の問題に対して、備後絣協同組合は福山市の伝統的工芸品伝承事業の委託団体に登録したり、「国のふるさと雇用再生事業」を活用したり(2010年5月より2名を新規雇用して研修を実施)、積極的に活動しています。

備後絣の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング