岐阜の着物買取。郡上紬など着物を売るならおすすめはココ!

岐阜県の着物買取情報ページです。

このページで記載している岐阜の着物買取情報は以下になります。

岐阜県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは岐阜が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

岐阜のおすすめ着物買取店

岐阜県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

岐阜の買取対応エリア

[市]
岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、大垣市、海津市、関市、美濃市、美濃加茂市、可児市、郡上市、多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、高山市、飛騨市、下呂市

[羽島郡]
岐南町、笠松町

[本巣郡]
北方町

[養老郡]
養老町

[不破郡]
垂井町、関ケ原町

[安八郡]
神戸町、輪之内町、安八町

[揖斐郡]
揖斐川町、大野町、池田町

[加茂郡]
坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村

[可児郡]
御嵩町

[大野郡]
白川村

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

岐阜の着物買取

郡上紬(ぐじょうつむぎ)

岐阜県の郡上八幡地方の普段着から派生した紬で、草木染による素朴な色合いと光沢が特徴です。

郡上八幡地方では、古くから「郡上織」と呼ばれる織物の伝統が受け継がれてきました。

この地に落ちのびた平家の落武者たちが、野生の蚕糸を紡ぎ植物で糸染をして織ったところから、郡上織が始まったと言われています。

普段着として織られていましたが、江戸時代になると急速に衰退していき、その後は農家の自家織として、細々と技術が伝えられていたそうです。

そして第二次世界大戦後、この郡上織の伝統を、宗広力三という人が「郡上紬」として再興、発展させました。こういった経緯があり、郡上紬の柄は、昔からこの地方に伝わる民衆の仕事着や街着の伝統を基本にしたものになっています。

郡上紬の着物買取ならおすすめはココ

高山憲法染小紋(たかやまけんぽうぞめこもん)

岐阜県高山市で生産されている憲法染小紋。

憲法染とは、江戸時代に剣術家の吉岡憲法という方が開発したと言われており、小紋染の一種で松煙墨を用いた黒染です。

なお、憲法染がいつ誰によって高山に伝えられたのかは明らかではありません。

高山憲法染小紋の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング