福島の着物買取。会津木綿など着物を売るならおすすめはココ!

福島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している福島の着物買取情報は以下になります。

福島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは福島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

福島のおすすめ着物買取店

福島県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

福島の買取対応エリア

[市]
福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市

[伊達郡]
桑折町、国見町、川俣町

[安達郡]
大玉村

[岩瀬郡]
鏡石町、天栄村

[南会津郡]
下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町

[耶麻郡]
北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町

[河沼郡]
会津坂下町、湯川村、柳津町

[大沼郡]
三島町、金山町、昭和村、会津美里町

[西白河郡]
西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町

[東白川郡]
棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村

[石川郡]
石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町

[田村郡]
三春町、小野町

[双葉郡]
広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村

[相馬郡]
新地町、飯舘村

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

福島の着物買取

会津木綿(あいづもめん)

福島県の会津地方で生産されている木綿。厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくいのが特徴です。

会津地方は古くから綿花の栽培が盛んで、天正年間(1573年~1592年)の頃には、蒲生氏郷の産業振興策により、綿花の栽培が奨励されていたそうです。

そして1627年に、会津へ国替えとなり会津藩の藩主になった加藤嘉明が、前の領地である現在の愛媛県にあたる伊予松山から織師を招いて、織物の技術を広めたのが会津木綿の始まりだと言われています。

機織りは農民だけでなく、藩士の妻女の内職としても行われ、藩の保護政策のもとで次第に発達。

明治中頃、力織機の普及により大量生産が可能となり、明治末期から大正にかけて、会津木綿の生産は最盛期を迎えました。

しかし昭和30年代半ば以降、人々の生活スタイルが変わるとともに需要が急速に減少していき、生産は縮小していきました。かつて30軒以上あった機業場も、現在わずかとなっています。

会津木綿の着物買取ならおすすめはココ

会津からむし織(あいづからむしおり)

福島県の会津地方で生産されている織物。からむしを原料としています。

室町時代には、会津地方でからむしの栽培が行われていたと言われています。からむしは「苧麻」や「青苧」とも呼ばれており、主に越後上布小千谷縮の原料に使われていましたが、昭和後期頃から、本格的に会津からむし織が生産されるようになりました。

現在、本州でからむしを栽培しているのは、会津地方にある昭和村のみとなっており、栽培から織りまでの伝統技術が受け継がれています。

また、昭和村では1994年から、村で1年間暮らしながら、からむし織の作業工程を学ぶ「織姫制度」を導入しており、からむし織の技術を受け継ぐ人材の育成が積極的に行われています。

会津からむし織の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング