福井の着物買取。福井羽二重など着物を売るならおすすめはココ!

福井県の着物買取情報ページです。

このページで記載している福井の着物買取情報は以下になります。

福井県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは福井が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

福井のおすすめ着物買取店

福井県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

福井の買取対応エリア

[市]
福井市、あわら市、坂井市、大野市、勝山市、敦賀市、鯖江市、越前市、小浜市

[吉田郡]
永平寺町

[三方郡]
美浜町

[三方上中郡]
若狭町

[今立郡]
池田町

[南条郡]
南越前町

[丹生郡]
越前町

[大飯郡]
おおい町、高浜町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

福井の着物買取

福井羽二重(ふくいはぶたえ)

福井県で生産されている羽二重。

1887年頃に技術の基礎が確立し盛んに生産されるようになったそうで、コシがあって丈夫、そして、光沢が美しく風合いが柔らかいのが特徴です。

現在、主に着物の裏地に用いられていますが、新製品の開発も行われています。羽二重にちなんで羽二重餅という人気の和菓子も誕生しました。

福井羽二重の買取ならおすすめはココ

春江縮緬(はるえちりめん)

福井県坂井市春江町で生産されている縮緬織物。

明治時代から織られ始められたと言われており、その後、改良を加えられながら、発展していき全国に広まっていきました。

春江縮緬の着物買取ならおすすめはココ

越前墨流し(えちぜんすみながし)

福井県武生市で行われている墨流し染め。墨流し染めとは、水面に墨汁を落として、その波紋の模様を紙や布に写し染める技法です。ふたつと同じ模様を染めることができません。

越前墨流しは、1151年に治左衛門により始められたと言われています。この技法は豊臣秀吉にも認められていたそうで、明治時代まで代々の領主により保護されていました。

現在、墨以外の染料も使われています。

越前墨流しの着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング