千葉の着物買取。館山唐棧や銚子縮など着物売るならおすすめはココ!

千葉県の着物買取情報ページです。

このページで記載している千葉の着物買取情報は以下になります。

千葉県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは千葉が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

千葉のおすすめ着物買取店

千葉県で着物を売るならおすすめの着物買取店はココ

上の公式サイトをチェックする前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、こちらの記事をご一読ください。

千葉の買取対応エリア

[市]
千葉市、市原市、佐倉市、習志野市、八千代市、四街道市、八街市、東金市、大網白里市、市川市、船橋市、浦安市、鎌ケ谷市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市、野田市、成田市、白井市、印西市、富里市、香取市、旭市、銚子市、匝瑳市、茂原市、勝浦市、山武市、いすみ市、館山市、木更津市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、南房総市

[印旛郡]
酒々井町、栄町

[香取郡]
神崎町、多古町、東庄町

[山武郡]
九十九里町、芝山町、横芝光町

[長生郡]
一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町

[夷隅郡]
大多喜町、御宿町

[安房郡]
鋸南町

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

千葉の着物買取

館山唐棧(たてやまとうざん)

千葉県館山市で生産されている綿織物。細手の木綿糸を天然の草木で染めた縞柄模様が特徴です。砧打ちをするので、絹織物ような風合いと光沢があります。

唐棧は、安土桃山時代の頃にオランダ船によりインドからもたらされたのが始まりだと言われています。「棧留縞」や「唐棧留」とも呼ばれていました。

上流階級の者だけが身につける高価な舶来品でしたが、1830年~1843年の天保の改革により、絹織物の着用が禁止されたため、絹に代わる織物として大流行。当時、唐棧織は日本各地で生産されていましたが、なかでも埼玉県の川越で生産されていた川越唐棧は名高かったそう。

館山の唐棧織は、1890年頃に川越の職人より唐棧織の技法を学んだ齊藤茂助が、その技術を館山に伝えたことから始まりました。以来、齊藤家では三代にわたり伝統が受け継がれています。

かつて大流行した唐棧織も化学繊維や洋服の普及などによって衰退し、現在、唐棧の伝統技法を伝承しているのは館山の齊藤家1軒のみとなっています。

館山唐棧の着物買取ならおすすめはココ

銚子縮(ちょうしちぢみ)

千葉県銚子市で生産されている綿織物。緯糸に超強撚糸を使用した先染の縞柄が特徴です。

江戸初期に、現在の茨城県神栖市にあたる鹿島郡波崎町の漁師の奥さんにより考案された「波崎縮」が始まりだと言われています。

江戸中期には、銚子にも縮を織る機屋が40軒以上でき、さらに出機という内職者も100軒以上に達して、盛んに織物が生産されていたそう。そして、銚子縮という名で全国に流通していきました。

染色がしっかりしていることや生地が丈夫なこと、独特の肌触りなどが、江戸の粋人・通人といわれる人々の間で大変な人気を得ていたと言われています。

しかし、明治以降、次第に衰退していき、大正時代には生産が途絶えました。

その後1952年頃、常世田真次郎という人が、途絶えていた技法を苦労して復活。以後、3代にわたって伝統の技法を受け継ぎ、新しい製品開発にも取り組まれています。

銚子縮の着物買取ならおすすめはココ

関連 全国各地の着物の産地一覧
関連 着物買取おすすめランキング