青森市や八戸市など【青森県の着物買取情報】おすすめ買取店はココ!

青森県の着物買取情報ページです。

このページで記載している青森の着物買取情報は以下になります。

青森県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは青森が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。

青森のおすすめ着物買取店

青森県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、青森県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。
バイセルの公式サイトへ
なお、利用する前に、おすすめ着物買取店の口コミでの評判やサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をご一読くださいね。

関連 着物売るならハナハナハナ!バイセル着物買取の口コミ評判,特徴まとめ

青森の買取対応エリア

[市]
青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市

[東津軽郡]
平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町

[西津軽郡]
鰺ヶ沢町、深浦町

[中津軽郡]
西目屋村

[南津軽郡]
藤崎町、大鰐町、田舎館村

[北津軽郡]
板柳町、鶴田町、中泊町

[上北郡]
野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町

[下北郡]
大間町、東通村、風間浦村、佐井村

[三戸郡]
三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村

青森の着物買取

津軽刺子(つがるさしこ)

刺子とは、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。津軽刺子は青森県の津軽地方で行われている刺し子で、刺し子の技法のひとつ「こぎん刺し」が有名です。

江戸時代には刺子の技法が確立していたと言われています。津軽地方では、寒さが厳しく綿花の栽培に適さなかったことから、木綿は貴重なものでした。そのため、弘前藩により、農民は木綿着物の着用を禁止されていたので、麻の着物を着用することに…。

麻の着物は保温性に乏しく擦り切れやすいため、それを保温・補強するために刺し子が発展していったそうです。

津軽刺子の着物買取を依頼してみる(無料)

南部菱刺(なんぶひしざし)

青森県の南部地方で行われている刺し子。

津軽刺子の項目で説明したのと同じく、南部地方でも木綿は貴重なものだったため、南部藩により、農民は木綿着物の着用を禁止されていたそう。そして、日常で着ていた麻の着物を保温・補強するために刺し子が発展していったと言われています。

南部菱刺の着物買取を依頼してみる(無料)

南部裂織(なんぶさきおり)

青森県の南部地方で生産されている織物。着古した着物や布を細く裂いたものを緯糸に、麻糸や木綿糸を経糸にして地機で織られています。

江戸時代に、木綿などの布が貴重だったため、着物や布を大切にする知恵から、それらを再生する技法として生み出されたと言われています。

経糸には、丈夫な麻糸が用いられていましたが、明治中頃になると交通の利便性が向上し、木綿の入手が容易になったことから、経糸に木綿糸が用いられるようになっていきました。

現在、南部裂織保存会が発足され、後世に伝統が受け継がれています。

南部裂織の着物買取を依頼してみる(無料)

津軽木綿(つがるもめん)

青森県弘前市とその近郊で織られている木綿織物。

明治時代になると、それまで禁止されていた農民の木綿着物の着用が認められることに。そして、明治中頃、交通の利便性向上により木綿の入手が容易になったことで、盛んに津軽木綿が織られるようになったと言われています。

広く野良着として使われていましたが、現在、丹前などとしてわずかに残る程度になっています。

津軽木綿の着物買取を依頼してみる(無料)

関連 全国各地の着物の産地一覧

その他、青森の着物買取店

青森に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなど、査定してもらっても時間の無駄になりうるお店を除外した結果、紹介できる青森の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ青森県でも利用できる全国規模のお店になります。

青森県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している青森のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできることなので、上記の方法をとれば、損することもないですし、納得して青森で着物を売ることができますよ。

↑青森のおすすめ着物買取店に戻る