化繊の着物

化学繊維を着物の生地として用いられています。
家庭の洗濯機で洗えたりと、お手入れが楽です。
お洒落なデザインが豊富で、さらに価格が安価なので洋服感覚で化繊の着物を楽しむ方が増えています。
また、雨の日も心配なく着れることから若い方はもちろんのこと、年配の方のファンも多いです。

木綿の着物

木綿を着物の生地として用いられています。

かつて普段着として一番身近で親しまれてきた着物です。

肌触りが良く、お手入れが簡単です。

生産量が減少していったことにより、とても高価な価格になっているものもあります。

ウールの着物

羊毛を着物の生地として用いられています。
シワにならず手入れが簡単です。
昭和時代に普段着の着物として流行したが、服装様式の欧米化により見られなくなりました。

色や種類がとても豊富で、柄行もレトロなものが多いので、今着ても充分に楽しめます。

先染めの平織りの着物です。
全国各地で織られており各地方ごとに独特の特徴があります。
多く工程が手作業で行われいるので、とても高価です。
普段着の着物の高級品です。
  

小紋

反物全体に模様が繰り返しつけられた着物です。
普段着の着物ですが、江戸小紋は色無地と同等に扱われています。

浴衣

木綿が着物の生地として用いられています。
最近では、麻を混ぜたものやポリエステルを用いたものもあります。
花火大会や夏祭りによく着用されています。
着付も比較的安易なため、現在最も親しまれている着物(和服)といっても過言ではないでしょう。