縄文時代

狩りで入手した獣や羽毛、木の皮などを身にまとっていただけの簡単なもので、
衣服に装飾的な意味合いはなく寒さ暑さ対策のためだけに用いられていたといわれています。

弥生時代

麻などの繊維を使った服を着ており、女性は貫頭衣といわれる1枚の布の真ん中に穴が開き、
頭を通して着る衣服を着ていたと中国の歴史書「魏志倭人伝」に記録されています。
卑弥呼がいた時代で、卑弥呼は絹の衣服を着ていたのではないかといわれています。

古墳時代

上下に分かれた衣服を着るようになり、男性はズボンのようなもの、
女性はロングスカートのようなものを下半身にみにつけ、上半身には短衣を着用していたといわれています。
この時代に養蚕が盛んになったようです。

飛鳥・奈良時代

遣隋使や遣唐使によりさまざまな分野で大陸文化の影響を受けた時代です。
衣服令が定められ身分階級によって、衣服の組み合わせや色目が決められていました。
この時代から、現在と同じように衿は右を先に合わせるように法律で定められました。

平安時代

遣唐使が廃止され、和風文化を作り上げていった時代です。
男性は朝服から束帯へ、女性は十二単衣といわれる晴装束を上流階級の方が着用していました。
十二単とは唐衣裳装束・女房装束の俗称です。
庶民は麻の筒袖をもった小袖で細帯をしめていました。

鎌倉・室町時代

武家が主役になる時代で、平安時代の優雅な服装は影をひそめ、動きやすい服装が好まれるようになってきます。
平安時代に貴族に仕えていた武家や庶民は、日常生活では小袖を身につけていたので、
時代の経過とともに、
小袖のみの衣服に変っていき、
室町末期には現在の着物の原型ができあがったといわれています。

安土・桃山時代

戦乱の世が終わった桃山時代は、染織技術が飛躍的に進歩したことが小袖からわかります。
高度な織物や刺繍、辻が花と言われる絞りの技術などでてきて、豪華な衣裳文化が形成されていきました。
桃山時代から江戸時代にかけて、すべての人が小袖を着るようになっていきました。

江戸時代

現代の着物のほとんどがこの時代に生まれました。
鎖国しており封建社会でしたが、庶民階級が経済・社会面で勢力を発揮し、町人文化が栄えた華やかな時代です。

明治・大正時代

明治維新によって大きな変化があった時代です。
身分や家柄などにより規制されていた衣服の形や模様が、次第に自由になっていきました。
庶民は上流社会の衣服文様を競って用い、行事や社交の儀式を生活の中に定着させ、
晴れ着の文化を形成していきました。
また、開国によって他国の文化が伝わり服装様式が欧米化していきました。

昭和時代~現在

服装様式の欧米化により、現在の日常生活では洋服が中心となっていて、
着物は晴れ着という感覚が強くなっています。
これまで生活様式の変化に伴い形を変えてきた着物が、今後どのような変化を起こすか注目です。