鳥取県米子市、境港市の弓ヶ浜半島で織られている藍染の綿織物です。倉吉絣広瀬絣とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。浜絣とも呼ばれています。

江戸時代に、綿花の栽培が始められたといわれています。この地域の綿は品質が良く、伯州綿と呼ばれ、鳥取藩を代表する産業となっていきました。綿を使った織物も盛んになり、これが、弓浜絣の起源といわれており、文化年間(1804年~1817年)の頃に、絵絣が織られるようになりました。

山陰地方の絣の中でも特に人気が高く、1874年には、絣織物の生産量が全国で3位になりました。

現在、着物の需要の減少などで、生産量がわずかになっていますが、コースターや財布、名刺入れなどの新製品の開発が行われています。また、「浜絣あいの会」が弓浜絣伝承のための活動を行っており、後継者育成も積極的に行われています。