茨城県結城市、栃木県小山市一帯で織られている絹織物です。国の重要無形文化財に指定されています。

経糸、緯糸ともに真綿から引き出す手つむぎ糸を用い、手括りなどで絣糸を作り、地機で織るという伝統的な技法で織られています。また、指定技法の地機で織られたもの以外に、高機で織られたものもあります。

結城紬の模様は、亀甲絣または蚊絣でできていて、絣が小さいほど工程は複雑になります。無地や縞の紬もあります。

古くから養蚕が盛んで、鬼怒川は「絹川」、小森は「蚕守」と表記された時代があるなど、養蚕にまつわる地名が多く見られました。

崇神天皇の時代に、多屋命という人が現在の岐阜県にあたる美濃国から久慈郡に移り住み、長幡部あしぎぬと呼ばれる織物を始め、それが伝わり結城紬となったという伝承があります。奈良時代にはすでに、「あしぎぬ」が常陸国から朝廷に納められいたといわれています。

鎌倉時代には常陸紬と呼ばれており、この地を統治していた結城氏によって保護育成され、1602年に結城紬と名づけられました。結城という地名は、結城氏の姓に由来します。

江戸時代初期の代官である伊奈忠次が信州上田や京都西陣から技術を導入し、創作・改善したことにより結城紬は一層有名になっていったといわれています。明治時代には、大衆の間にも愛用され、親しまれるようになり、人気と需要は更に伸びていきました。

結城紬の柄も伝統を生かしつつ、時代の変化にあわせて工夫されてきましたが、現在、着物の需要の低下などの影響で生産量は減りつつあり、後継者不足の問題もあります。

2011年4月から栃木県小山市は、結城紬で仕立てた着物の購入費の一部を助成するなど生産振興事業に取り組み始めました。また、大学の研究室や保存会などが、結城紬の伝承の技法と逸品を守り続けようと活動しており、後継者も少しづつですが育っています。